質素な写真展示室

富士の裾野で、美しい日本の風景・お祭りや花などの写真を展示します。

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
<< 小京都 栃木の旅 その12 とちぎ山車会館 | main | 小京都 栃木の旅 その14 美術館周辺 >>
小京都 栃木の旅 その13 とちぎ蔵の街美術館
とちぎ蔵の街美術館-1
「とちぎ蔵の街美術館」です。左から 西蔵・中蔵・東蔵 です。
とちぎ蔵の街美術館-2
お洒落な 「とちぎ蔵の街美術館」 の看板です。
とちぎ蔵の街美術館-3
ここが美術館入口、館内は撮影禁止です。
とちぎ蔵の街美術館-4
撮影当日は 「掌中の陶芸 現代水滴の世界」 と題して、手の平に収まるほどの小さな水滴(文具)が80点余り展示されており、日本人作家の手先の器用さに感動しました。
とちぎ蔵の街美術館-5
掲示されている案内板、全文を下記に紹介します。写真と照合しながらお読み下さい。
とちぎ蔵の街美術館-6
とちぎ蔵の街を象徴する素晴しい建造物です。 撮影後しばらく見詰めていました。
JUGEMテーマ:写真

 栃木を紹介する雑誌には、必ずと言っていいほど掲載される 「とちぎ蔵の街美術館」 です。 今回の旅で、重要撮影ポイントの一つです。 時刻は午後2時、太陽が照りつける暑い最中、三脚を立て慎重に水平を取りながら撮影しました。
 大変重要な建造物ですので、掲示板全文を紹介します。

    栃木市指定文化財第79号   平成12年6月12日指定
       善野(ぜんの)家土蔵 (通称 おたすけ蔵)
 善野家(釜佐)は、先祖が近江の出身で、江戸時代の延享年間(1744〜1748)に同じ町内の善野喜兵衛より分家し、その後、米などを扱うほかに大名などを相手とした質商も営んで、栃木を代表する豪商となりました。 蔵の名称は、江戸時代末期に困窮人救済のため多くの銭や米を放出したことに由来するとも、また失業対策事業として蔵の新築を行ったためとも言われています。
 屋敷内には大通り沿いの店舗に続いて文庫蔵を取り込んだ大規模な住居部門があり、「おたすけ蔵」 はその奥に位置します。 店舗・住居・土蔵群という構成は栃木の伝統的な商家の典型です。
 「おたすけ蔵」 は、蔵の街とちぎにとって最も重要な蔵造りの建物であるとともに、商都栃木の歴史を語る貴重な文化遺産です。 大通り側から東蔵、中蔵、西蔵の順に3棟が平行して並び、いずれも二階建の切妻・妻入りで、屋根は棧瓦葺、外壁は土蔵造りに黒漆喰仕上げです。 規模は東蔵と中蔵が梁間2間半(約4.5m)、桁行6間(約10.9m)、西蔵は梁間3間(約5.5m)、桁行8間(約14.5m)で、各棟とも南側に観音開扉の戸口を設け、前面には3棟連続の下屋庇を架けて正面に格子を建てています。
 建築年代は、東蔵が文化年間(1804〜1818)初期、中蔵が天保2年(1831)以前、西蔵が天保11年(1840)であることが判明しており、栃木市に現存する多数の蔵造りの建物の中でも最古の土蔵群です
 平成15年3月に土蔵を改修し、栃木市立 「とちぎ蔵の街美術館」 として現代によみがえらせました。
                               栃木市教育委員会
| 小京都 栃木の旅(前編) | 19:01 | comments(0) | - |









このページの先頭へ