質素な写真展示室

富士の裾野で、美しい日本の風景・お祭りや花などの写真を展示します。

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
<< 咲き誇るしだれ桜! 身延町 | main | 身延山久遠寺 その2 祖師堂・仏殿 >>
身延山久遠寺 その1 三門と本堂
三門
身延山久遠寺三門。 空・無相・無願の三つの門をへて、覚りに至ることから、身延山の本堂を覚りに見立て、本堂にいたる正門のこの門を三門と言います。 この三門は京都の知恩院、南禅寺の門と共に日本三大門に数えられ、門の左右には仁王像が、楼上には16体の羅漢像が祀られています。
菩提梯-1
三門をくぐると本堂につづく石段が見えてきます。
菩提梯-2
287段の石段は 「菩提梯;ぼだいてい」 と呼ばれています。
菩提梯-3
高さ104mの菩提梯を登り切りました。 少々息が切れます。
本堂
久遠寺本堂。 明治8年(1875)1月の大火で焼失して以来、その本堂の再建は身延山久遠寺の悲願でしたが、日蓮聖人第七百遠忌の記念事業として、昭和60年5月入仏落慶式が行われました。 御本尊は江里宗平仏師の作で、内外装は木造オリジナルな仏具で飾られ、外陣の天井画 「墨龍;ぼくりゅう」 は加山又造画伯渾身の力作です。本殿に向かって左側の前方に現在五重塔が建造中。来年5月に落慶式の予定。
JUGEMテーマ:写真

 古くから霊山として知られ、年間100万人を越える参拝客で賑わっている日蓮宗の総本山・身延山。 今から700年ほど前に日蓮聖人が開山し、晩年を過ごしたのがこの土地、身延山妙法華院久遠寺(みのぶさんみょうほっけいんくおんじ)です。 参道に沿って開けた門前町、土産物店や旅館などが並び賑わっています。 精進料理に使われるゆばがここの名物です。
| 山梨県身延の旅 | 19:19 | comments(0) | - |









このページの先頭へ