質素な写真展示室

富士の裾野で、美しい日本の風景・お祭りや花などの写真を展示します。

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
<< 甲府の旅(1) 『風林火山博』 を見てきました。 | main | 甲府の旅(3) 武田神社 その2 >>
甲府の旅(2) 武田神社その1
武田神社-1
甲府にあります 「武田神社」 の入口です。
武田神社-2
この場所は国指定史跡 「武田氏館跡」(躑躅ヶ崎館跡) です。
武田神社-3
鳥居から見た真っ直ぐ延びる道路、甲府駅へ行けます。
武田神社-4
武田信玄公を御祭神とする武田神社・拝殿です。
武田神社-5
武田神社です。 当神社は御祭神在世中の居館、躑躅ヶ崎館跡に鎮座しています。
武田神社-6
本殿横に平成12年4月に完成した 「菱和殿;りょうわでん」 です。 天井には山梨県内で見られる草木禽獣やキノコを描いた天井画120枚が奉納されています。
武田神社-7
宝物殿です。現在 「風林火山」 の軍旗 [孫子の旗] が特別公開中です。
武田神社-8
 館内は撮影禁止なので看板を撮影。 風林火山の軍旗 「孫子の旗」 です。
「疾如風;はやきことかぜのごとく」 「徐如林;しずかなることはやしのごとく」 「侵掠如火;しんりゃくすることひのごとく」 「不動如山;うごかざることやまのごとく」 この旗が翻っただけで兵の志気は上がり、逆に敵軍は震え上がったといわれる。
 詩句の出典は信玄公の崇拝した中国の 「孫子」 であり、公の行動哲学を端的に表現している。(看板より)
武田神社-9
武田神社は参拝者が多く、願い事を絵馬に託し奉納されています。

 甲斐(今の山梨県。甲州。)の名将・武田信玄公を祀った神社で、大正8年(1919)に創建されました。 この地は、元来、武田氏三代(信虎・晴信・勝頼)が63年に渡り国政を執った由緒ある 「躑躅ヶ崎;つつじがさき」 の館跡で、国の史跡に指定されています。 躑躅ヶ崎の館は戦国大名の館としては全国最大規模を誇るものです。

 追伸 前回より予定を変更して「甲府の旅」を写真展示しています。「甲府の旅」が終わり次第、東北4大夏祭りの写真を展示しますので見て下さい。
| 甲府の旅 | 19:06 | comments(0) | - |









このページの先頭へ