質素な写真展示室

富士の裾野で、美しい日本の風景・お祭りや花などの写真を展示します。

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
<< 東北4大夏祭り(12) 1日目 青森ねぶた祭り その12 | main | 東北4大夏祭り(14) 1日目 青森ねぶた祭り その14 >>
東北4大夏祭り(13) 1日目 青森ねぶた祭り その13
ねぶた-1
ねぶた-2
ねぶた-3
ねぶた-4
ねぶた-5
ねぶた-6
ねぶた-7
ねぶた-8
平成19年出陣ねぶた 青森自衛隊ねぶた協賛会 『義経千本桜 狐忠信』
作/有賀 義弘  歌舞伎、義経千本桜 「伏見稲荷鳥居前」 の場面
 源頼朝に追われた義経に伏見稲荷神社で会うことができた静御前は、義経から初音の鼓を託され、梅の木に縛られてその場に残される。 そこへ鎌倉方の追っ手、速見藤太が現れ捕まえられそうになるが、忽然と現れた義経の家来、佐藤忠信が藤太を蹴散らして静を救う。 実はその忠信は本当の佐藤忠信ではなく、初音の鼓に張られた狐夫婦を慕ってやってきた子狐が忠信に化身したものだった。(青森ねぶた小冊子より)

 ねぶた 「義経千本桜 狐忠信」 は赤色が際立ってきれいでした。 ここに登場する佐藤忠信は平安末期の武士で陸奥(青森県)の人です。 義経が吉野山に隠れ、山僧に攻められた時、自ら義経と称し奮戦。 翌年京都に入り、糟屋有季に囲まれて自刃。 兄の継信は屋島の戦で義経の身代わりとなり平教経の矢に射られて戦死。 兄弟で義経に仕えた武士です。
| 2007年 東北4大夏祭り 青森 | 19:21 | comments(0) | - |









このページの先頭へ