質素な写真展示室

富士の裾野で、美しい日本の風景・お祭りや花などの写真を展示します。

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
<< 東北4大夏祭り(11) 1日目 青森ねぶた祭り その11 | main | 東北4大夏祭り(13) 1日目 青森ねぶた祭り その13 >>
東北4大夏祭り(12) 1日目 青森ねぶた祭り その12
ねぶた-1
ねぶた-2
ねぶた-3
ねぶた-4
ねぶた-5
ねぶた-6
平成19年出陣ねぶた 県庁ねぶた実行委員会 『達磨大師』 作/穐元 和生
 達磨大師(だるまたいし)は、中国で活躍した仏教の僧侶で菩提達磨(ぼだいだるま)とも言い、眼光鋭く髭(ひげ)を生やし、耳輪を付けた姿が印象的である。
 壁に向かって九年間座禅を続けた修行 「面壁九年」 は、『禅』 を極めることが、『悟り』 への道であると自らの行動で示し、このねぶたは、いかなる困難にも対処できる 「落ち付いた心」 と 「忍耐力」 を表している。(青森ねぶた 小冊子より)

 青森県は本州最北端にあたる東北地方の県。 人口約144万人。 古くから 「みちのく」 と呼ばれ、かっての陸奥(むつ)国の一部分を占める。
 平安末期の安倍貞任の子孫が津軽に入り安東氏と称し、蝦夷(えぞ)管領となった。 1585年には津軽氏が弘前(ひろさき)に居城して津軽地方を統一、江戸時代に黒石藩も合わせ治めた。 県の東部は鎌倉時代以来、南部氏が統治し、江戸時代南部領であったが、明治維新によって弘前県に統合され、1871年、黒石県とともに現在の青森県となった。(百科事典より)

 県庁ねぶた 「達磨大師」 の顔に力強さと迫力を感じます。 一枚の絵から立体的に
作り上げる業に感心することしかり。 ねぶたの凄さに圧倒されます。
| 2007年 東北4大夏祭り 青森 | 19:17 | comments(0) | - |









このページの先頭へ