質素な写真展示室

富士の裾野で、美しい日本の風景・お祭りや花などの写真を展示します。

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
<< ツアー参加 皆生温泉と足立美術館の旅(4) 松江堀川めぐり | main | 伊豆下田の旅(49) 寝姿山─6 >>
ツアー参加 皆生温泉と足立美術館の旅(5) 足立美術館
足立美術館入口です。
足立美術館の入口です。
案内する足立翁の銅像です。
「苔庭」 をバックに足立翁の銅像です。4年連続 「庭園日本一」 の石碑が見えます。
美術館庭園-1
美術館庭園-2
美術館庭園-3
美術館庭園-4
上4枚の写真は、息をのむ美しさ 枯山水の庭園です。日本一の庭園です。
美術館庭園-5
樹木の間から見る枯山水の庭園です。
美術館庭園-6
小雨が降る白砂青松庭です。あまりの美しさに言葉がありません。
美術館庭園-7
生の額絵です。心憎い演出です。
美術館庭園-8
苔と松が見事な 「寿立庵」 です。
美術館庭園-9
美術館庭園-10
上2枚の写真は 「池庭」 です。優雅に泳ぐ鯉たちに心が和みます。
彫刻展示品です。
屋外の彫刻展示品です。撮影出来るのはここまでです。

  アメリカの日本庭園専門誌 「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング(2006年5・6月号)」 が発表した、「2006年日本庭園ランキング」 において、全国731ヶ所の候補地の中から、4年連続で 「庭園日本一」 に選ばれました。 このランキングは、日・米・豪の専門家が選ぶもので 「細部に至る維持管理は造園の大傑作である」 との評価から日本一に選出されています。(パンフレットより)

  ついに念願の庭園日本一の 「足立美術館」 にきました。 美術館に三脚を持込んで撮影したのは私だけでしたが、係員に注意されることなく撮影できました。 さすが4年連続の 「庭園日本一の美術館」 です。 素晴らしいの一言です。 13,000坪の日本庭園。 枯山水庭、白砂青松庭、苔庭、池庭などが見事に造園されています。
  ここは庭園が余りにも有名ですが、絵画も横山大観コレクションで有名です。 大観の絵数十点が展示されています。 大観室では夏の特別展示 「横山大観名品選」 として出世作の「無我」、水墨画の傑作「朝嶺・暮嶽」や「霊峰四趣・夏」「漁火」など、大観の初期から晩年にいたる名品が展示されています。 また小展示室では 「滝八趣」 と題して横山大観の「那智乃滝」「曳船」、竹内栖鳳「瀑布」、川端龍子「水煙」などの作品が展示されています。 大展示室では横山大観、川端龍子、竹内栖鳳、川合玉堂、上村松園、伊東深水らの絵画が展示されています。 日本画の醍醐味を存分に堪能することができました。 庭園や絵画のいいものを観賞すると心が豊かになります。是非一度はご覧になることをお勧めします。 

  今回のツアーは2日間でしたが、中身の濃い心の糧となる充実した日々でした。 旅の合間に読んでいる本で、童門冬二著「吉田松陰」 の文中にサムエル・ウルマンの 「青春」 という詩の要約があります。 それによりますと 『人間は、情熱と好奇心さえ絶やさなければ、その人は常に青春である』 と書かれています。 私もこの詩を 「座右の銘」 として、人生後半の青春を楽しみたいと思っています。

  ツアー写真展示は今回で終了します。次回から 「伊豆下田の旅」 に戻ります。
| ツアー足立美術館 | 19:13 | comments(2) | - |
ニースさんコメントありがとうございます。
「壮麗」おごそかでうつくしいこと。
その言葉通り足立美術館の庭園はみごとでした。
| miya | 2008/02/08 8:01 PM |
壮麗
| ニース | 2008/02/07 9:22 AM |









このページの先頭へ