質素な写真展示室

富士の裾野で、美しい日本の風景・お祭りや花などの写真を展示します。

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
<< ツアー参加 皆生温泉と足立美術館の旅(2) 宍道湖 | main | ツアー参加 皆生温泉と足立美術館の旅(4) 松江堀川めぐり >>
ツアー参加 皆生温泉と足立美術館の旅(3) 出雲大社
出雲大社 拝殿
出雲大社の重厚で壮大な 「拝殿」 です。二礼四拍手一礼の参拝で良縁祈願
八足門
本殿前の 「八足門」 です。手前の赤い丸は古代の御本殿の柱の跡です。
本殿
廻廊の中に神社建築史上、最古様式を伝える大社造の 「本殿」 があります。
西十九社
西の神様がお泊りになる 「西十九社」 です。
神楽殿
日本一のしめ縄(長さ13m、重さ5トン)が飾られている 「神楽殿」 です。
しめ縄
しめ縄の底辺に、いつの日からかお金を投げ、ささると縁起がいい(?)とのこと。
それで私も挑戦、みごとにささりました。今年は良いことがありそうです。
古代の御本殿
古代の御本殿です。
古代の御本殿
古代の御本殿の岩根御柱(心御柱)

  出雲大社は因幡(いなば)の白兎が登場する 「国譲りの神話」 の主人公、大国主命をまつる神社です。 福の神、縁結び神として親しまれています。 青銅鳥居や巨大なしめ縄のかかった拝殿、また高さ24mという壮大さを誇る本殿、日本一の大しめ縄のある神楽殿など、壮観で圧倒されるほどの見ごたえ十分です。 毎年旧暦の10月10日には、全国八百万(やおよろず)の神々が集まって話し合います。 10月の神無月を出雲では逆に神有月と呼んでいます。
  現在の本殿が1953(昭和28年)に遷宮(せんぐう;神社の本殿の造営修理に際して、神体をうつすこと)されてから50有余年が経過し、本殿の屋根や縁周りなどの痛みが激しいため、平成20年から5年間をかけて修理される予定です。 その後全ての摂末社などの修理が行われますので、全てが完了して現在の姿になるのは平成30年になる予定です。 お参り予定のある方、平成19年中に参拝されることをお勧めします。今が一番重厚で壮大な出雲大社が参拝できる時期です。 今回のツアーに参加して参拝出来たことは幸せでした。
| ツアー足立美術館 | 19:12 | comments(0) | - |









このページの先頭へ