質素な写真展示室

富士の裾野で、美しい日本の風景・お祭りや花などの写真を展示します。

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
<< 秋田の旅 その62 小坂(2) 和井内貞行翁像・康楽館 | main | 秋田の旅 その64 小坂(4) 明治百年通り >>
秋田の旅 その63 小坂(3) 康楽館 館内
小坂-25
康楽館 館内売店
小坂-26
 認定 地域活性化に役立つ近代化産業遺産 有数の金属供給源として近代化に貢献した東北地方の鉱業の歩みを物語る近代化産業遺産群 康楽館 地域活性化に役立つ近代化産業遺産としてここに認定する 平成19年11月30日
小坂-27
2階から見た舞台
小坂-28
天井の照明
小坂-29
切穴(すっぽん)
小坂-30 小坂-31
回り舞台
小坂-32
 奈落(ならく) 物事のどん底に至ることを『奈落の底』といい、これが転じて花道の床下で薄暗く、じめじめしていた地下を「奈落」と呼ぶようになりました。康楽館では、「回り舞台」のろくろ仕掛けを四ヵ所の力で人力により動かしています。
小坂-33
下記本文に記す
小坂-34
小坂-35
小坂-36
康楽館

JUGEMテーマ:写真

 康楽館 建設年;明治43年【1910】 寄贈者;同和鉱業株式会社 建築構造;木造2階建・洋小屋 切妻造・銅板葺
 康楽館は、小坂鉱山を経営した藤田組により、明治43年鉱山従業員の厚生施設として建設された。正面のイギリス下見板張の外壁と装飾、客席部の天井に洋風意匠が見られるが、花道、回り舞台など江戸期に成立した芝居小屋の形式を伝える和様折衷の様式を持つ。
 昭和60年2月、同和鉱業(株)から小坂町へ譲渡されたのを機に修復が加えられ、昭和61年7月、現役の芝居小屋として改めて開館した。 康楽館は、近代の芝居小屋のうち、優れた洋風意匠を取り入れた現存最古のものとして歴史的価値が高く、小坂鉱山と鉱山町・小坂の繁栄を物語る遺構として貴重である。
| 秋田の旅 | 19:00 | comments(0) | - |









このページの先頭へ