質素な写真展示室

富士の裾野で、美しい日本の風景・お祭りや花などの写真を展示します。

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
<< 秋田の旅 その58 男鹿半島(12) 大桟橋 | main | 秋田の旅 その60 男鹿半島(14) 入道崎 土産店 >>
秋田の旅 その59 男鹿半島(13) 入道崎
男鹿半島-137
北緯40度の地「入道崎;にゅうどうざき」 男鹿国定公園
男鹿半島-138
男鹿半島-139
男鹿半島-140
男鹿半島の最先端、入道崎は荒々しい日本海を望む秋田を代表する景勝地。美しい岩礁を見渡すことができます。
男鹿半島-141
男鹿半島-142
 入道崎灯台。入道崎の象徴である白黒の縞模様が印象的な灯台は「日本の灯台50選」に選ばれています。撮影当日(2018.11.11)は改修工事のネットが掛かって残念です。
男鹿半島-143
男鹿半島-144
男鹿半島-145
入道崎に設置された「北緯40度モニュメント」
男鹿半島-146
北緯40度線上に石柱が並んでいます。

JUGEMテーマ:写真

 JR男鹿駅前を13:09発のバスで出発、入道崎に14:15定刻に到着。男鹿半島の西北端、北緯40度線上に位置する入道崎は男鹿の観光スポットを代表する景勝地。緑の大地、紺碧の海、青空の絶妙なコントラストは、訪れる人の心を奪います。帰りのバスの時刻まで約30分の滞在で忙しい撮影でしたが、記録と記憶に残るスポットでした。
| 秋田の旅 | 19:06 | comments(0) | - |









このページの先頭へ