質素な写真展示室

富士の裾野で、美しい日本の風景・お祭りや花などの写真を展示します。

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
<< 秋田の旅 その56 男鹿半島(10) なまはげ館(3) 男鹿のなまはげ | main | 秋田の旅 その58 男鹿半島(12) 大桟橋 >>
秋田の旅 その57 男鹿半島(11) 鵜ノ崎海岸
男鹿半島-114
男鹿半島-115
男鹿半島-116
男鹿半島-117
日本の渚百選 鵜ノ崎海岸 渚(なぎさ)・・・川・海・湖などの波の内寄せる所。波打ちぎわ。
男鹿半島-118
鵜ノ崎
男鹿半島-119
男鹿半島-120
車中からの風景
男鹿半島-121
帆掛島 四角の大きな岩が船が帆を掛けている様に見えることから名付けられる。大きな一枚岩。
男鹿半島-122
男鹿半島-123
ゴジラ岩、カメ岩、双子岩など、色々な造形美の奇岩怪石が数多く点在する潮瀬崎。
男鹿半島-124
男鹿半島-125
車中からの風景
男鹿半島-126
なまはげ立像 門前のなまはげ立像は、高さ9.99m。五社堂の石段999段にちなんだもの。日本海に向かって手をかざし睨みをきかせる姿は男鹿・門前地区のシンボルとして君臨しています。

JUGEMテーマ:写真

 なまはげ館・男鹿真山伝承館の撮影を終え、一旦JR男鹿駅へ戻り、バス・男鹿駅発13;09→14:01湯本駐在所前(乗り換え)14:05→14:15入道崎へ向かう。途中の鵜ノ崎海岸、男鹿半島の南部の女川から台島までの海岸線は干潮時に海底の岩肌が露出するくらいの浅瀬が200mほど続き、磯遊びの絶好のポイントです。日本の渚100選に選ばれている美しい海岸です。
| 秋田の旅 | 19:07 | comments(0) | - |









このページの先頭へ