質素な写真展示室

富士の裾野で、美しい日本の風景・お祭りや花などの写真を展示します。

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
<< 青森の旅 その44 奥入瀬(1) 車窓風景、休憩地・蔦温泉 | main | 青森の旅 その46 奥入瀬(3) 石ヶ戸 >>
青森の旅 その45 奥入瀬(2) 渓流の駅 おいらせ
車窓からの風景
バス車窓からの風景、新緑が目に沁みます。
バス停
渓流の辺にある自然に囲まれたバス停「十和田湖温泉郷入口」。
渓流の駅おいらせ
渓流の駅 おいらせ 奥入瀬渓流の玄関口にあり、お土産と食事処を備えた、渓流のせせらぎも心地よい施設です。
奥入瀬渓流-1
バス停「石ヶ戸」で下車。奥入瀬渓流の撮影を開始!
奥入瀬渓流-2
奥入瀬渓流-3
三脚を立て、TV;1/5、AV;22.0で撮影。水の流れを滑らかに表現しました。
奥入瀬渓流-4
奥入瀬渓流-5
奥入瀬渓流-6
渓流の上流に向かって散策、渓流のせせらぎと新緑に魅了されます。
奥入瀬渓流-7
三乱(さみだれ)の流れ
奥入瀬渓流-8
岩の上の植物
奥入瀬渓流-9
奥入瀬渓流-10
奥入瀬渓流-11
奥入瀬渓流-12
川辺に咲く可憐な花達!
奥入瀬渓流-13
奥入瀬渓流-14
奥入瀬は、自然のままをカメラに収める至福の世界が堪能できます。

JUGEMテーマ:写真

 奥入瀬渓流は、清流感あふれる青森隋一の景勝地! 十和田湖北岸の子ノ口から焼山まで約14kmにわたって続く、国指定の特別名勝および天然記念物です。滝が連続する上流域、激しい流れが続く中流域、ゆるやかな流れの下流域に分かれています。水の透明度が極めて高いことに加えて、希少なコケ類が生い茂っているのも特徴です。今回は、午後に十和田市現代美術館等の撮影を予定しているので奥入瀬中流〜下流域の撮影となります。
| 青森の旅 | 19:06 | comments(0) | - |









このページの先頭へ