質素な写真展示室

富士の裾野で、美しい日本の風景・お祭りや花などの写真を展示します。

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
<< 青森の旅 その38 弘前市(18) キリスト教会、百石町展示館、赤門、藤先寺 | main | 青森の旅 その40 弘前市(20) 禅林街 >>
青森の旅 その39 弘前市(19) 黒門、六角堂、杉林
黒門-1
黒門-2
黒門-3
弘前市大字西茂森一丁目にある「黒門」(市指定有形文化財)。
六角堂-1
弘前市大字西茂森二丁目に建つ六角堂(俗称;栄螺堂)(市指定有形文化財)。
六角堂-2
八角二重円堂、宝形造、トタン葺(旧こけら葺)。
六角堂-3
六角堂(俗称;栄螺堂・さざえどう)由緒。
地蔵尊
六角堂の前に鎮座する地蔵尊。
街角の風景-1
街角の風景-2
街角で見かけた可愛い地蔵尊。
杉林-1
杉林-2
杉林-3
保存樹林 西茂森長勝寺構(塔頭)杉並木

JUGEMテーマ:写真

 黒門は、長勝寺の門として最も東側に位置し、同寺の総門(表門)にあたる。建立年代は定かでないが、延宝5年(1677)以前には現在地には門はなく、100mほど長勝寺寄りに下馬門があったことから文献から推定され、貞享4年(1687)以降の史料では現在地に門の表示があることから、この10年ほどの間に、門が作られたと思われます。
| 青森の旅 | 19:00 | comments(0) | - |









このページの先頭へ