質素な写真展示室

富士の裾野で、美しい日本の風景・お祭りや花などの写真を展示します。

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
<< 青森の旅 その24 弘前市(4) 藤田記念庭園(3) 美しい庭園 | main | 青森の旅 その26 弘前市(6) 弘前公園(2) 弘前城植物園、辰巳櫓 >>
青森の旅 その25 弘前市(5) 弘前公園(1) 弘前城三の丸追手門
堀-1
弘前市役所前の桜並木。
弘前市役所
弘前市民約17万2千人の事務を司る市役所。
堀-2
弘前公園の外濠。
弘前公園-1
史跡 弘前城跡
弘前公園-2
 弘前公園は別名鷹揚園(おうようえん)。明治41年(1908)、弘前公園に皇太子(後の大正天皇)が来園した折、当時の青森県知事である武田千代三郎が公園の雅名(がめい;優雅な呼び名)を請い、鷹揚園と命名しました。
弘前公園-3
 史跡 津軽氏城跡 弘前城 史跡指定 昭和27年3月29日
 弘前城は、津軽藩主代々の居城で慶長16年(1611)に二代藩主津軽信枚によって築かれた城である。面積約49万2千屐別14万9千坪)を有し、本丸、二の丸、三の丸、四の丸、北の郭、西の郭の六郭よりなり三重の濠と土塁でめぐらされた城郭である。現在城跡には、天守閣をはじめ隅櫓三棟、城門五棟の建造物が残っており、いずれも重要文化財に指定されている。
 重要文化財 弘前城三の丸追手門 昭和12年7月29日指定 構造 脇戸付櫓門、屋根銅瓦葺
 弘前藩四第藩主・津軽信政の代に、参勤交代経路が変更され、それに伴い、大手(正面)の門とされました。建築は築城当初まで遡ると考えられています。当初は本瓦でしたが、後に銅瓦葺に葺き替えられました。また、明和3年の大地震によって大きな被害を受けたことから、二層内部に、支柱・筋違・捨梁を入れて補強しています。
弘前公園-4
重要文化財 弘前城三の丸追手門
弘前公園-5
弘前城跡案内図
弘前公園-6
公園内に咲く「八重紅枝垂」。
弘前公園-7
八重桜「松月」
弘前公園-8
色付き始めた紅葉。
弘前公園-9
弘前公園-10
八重桜「関山」

JUGEMテーマ:写真

 弘前公園は、東北屈指の桜の名所で、開花期に合わせて開催される弘前さくらまつりには例年200万人以上が花見に訪れます。弘前城を有する弘前公園は現在100年ぶりのの石垣修理工事が行われています。2015年の夏から秋にかけて天守が本丸中央部へ約70m移動しています。工事は2023年まで続けられます。
| 青森の旅 | 19:00 | comments(0) | - |









このページの先頭へ