質素な写真展示室

富士の裾野で、美しい日本の風景・お祭りや花などの写真を展示します。

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
<< 金沢・能登の旅 その70 能登半島 輪島 重蔵神社 | main | 金沢・能登の旅 その72 能登半島 輪島キリコ会館(1) >>
金沢・能登の旅 その71 能登半島 白米千枚田
千枚田-1
道の駅 世界農業遺産 千枚田 ポケットパーク
千枚田-2
 世界農業遺産・日本農業の聖地 白米千枚田(しろよねせんまいだ)
【全体面積】40,051屐 數膺堯1,004枚 【収穫量】年間約6t(コシヒカリ7割、能登ひかり(早生)3割)
日本海に面し自然の形状を活かし、大小さまざまな田が1,004枚連なり、古くから「田植えしたのが九百九十九枚あとの一枚蓑の下」と唄われています。昔ながら人の手による米づくりを続けている白米千枚田は「日本農業の原風景」であり、「日本農業の聖地」です。かって日本の山間地に多く点在していた棚田は、効率性・採算性を上げることが難しいため、基盤整備または耕作放棄と減少している現代にあって、白米千枚田は地元農家と多くのボランティア、そして棚田オーナー制度によって耕作が続けられ美しい景観が守られています。ここに携わる人々の想いが込められたお米からは、たとえ一粒でも「MOTTAINA」を実感させてくれます。
 白米千枚田年表
 1638年 板屋兵四郎により水路が整備される
 1956年 輪島市文化財指定名勝
 1990年 千枚田ポケットパーク整備
 1991年 日本米づくり百選
 1994年 手づくり観光地百選
 1996年 水の郷100選
 1999年 全国棚田100選
 2000年 石川県指定文化財名勝
 2001年 国指定文化財名勝
 2007年 千枚田オーナー制度開始
 2011年 能登の里山里海が世界農業遺産に認定
 2013年 千枚田ポケットパークリニューアル
 2014年 日本農業の聖地として登録
≪写真≫あえのこと 田の神様を自宅に招いて、一年の収穫に感謝し、翌年の豊作を願う行事です。かっては能登一円の農家で行われていましたが現在ではここ白米町のほか数ヵ所の残るのみです。
千枚田-3
白米千枚田への降り口
千枚田-4
階段を降りて千枚田へ
千枚田-5
見晴らし台、ここから見る千枚田が一番きれいです。
千枚田-6
千枚田-7
千枚田-8
千枚田-9
千枚田の美しい景観です。
千枚田-10
千枚田-11
千枚田-12
帰りに、道の駅で土産品が買えます。

JUGEMテーマ:写真

 白米千枚田は、石川県輪島市白米町にある棚田です。日本海に面して、小さな田が重なり海岸まで続く絶景は、日本の棚田百選、国指定文化財名勝に指定され、奥能登を代表する観光スポットとして親しまれています。約4haの範囲に1,004枚の典型的な棚田風景は、写真愛好家にとっては絶景スポットです。
| 金沢・能登の旅 | 19:00 | comments(0) | - |









このページの先頭へ