質素な写真展示室

富士の裾野で、美しい日本の風景・お祭りや花などの写真を展示します。

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
<< 金沢・能登の旅 その46 金沢市内 長町(11) 前田土佐守家資料館 | main | 金沢・能登の旅 その48 金沢市内 金沢21世紀美術館 >>
金沢・能登の旅 その47 金沢市内 長町(12/完) 土塀が続くレトロな街並み
長町-1
二の橋の通り 大野庄用水にかかる二の橋から続く通り。石畳の両側に武家屋敷の土塀が続き、長町を代表する景観。
長町-2
長町-3
武家屋敷の土塀が続く長町の風景。
長町-4
長町-5
 金沢市指定保存建造物 大家家
 藩政時代の直臣平士級の武家屋敷の遺構で、門を構え、敷地周囲に土塀を巡らし、広い庭をもつ。建物は建具を含めて内部も当時の状態を良くとどめている。正面に高く広い妻面をみせるアズマダチの屋根は、明治期に瓦に葺き替えられたものだが、屋根裏には板葺石置屋根当時の低い小屋組が残る。武家屋敷を構成した主な要素一式を全て残している貴重な遺構である。 金沢市
長町-6
 大家家屋敷内に植わる保存樹(金沢市指定)クロマツ(マツ科)樹高;20m、幹周;2.69m、枝巾;18m
 加賀百万石の城下町の面影を今に残す長町武家屋敷跡の一角にそびえる。建物の漆喰の白さと黒松の緑が土塀越しに見事に調和している。
長町-7
屋敷の一角にそびえる保存樹「クロマツ」。
長町-8
長町-9
金沢市指定保存建造物 新家邸長屋門
長町-10
両サイドに続く土塀、まるで江戸時代にタイムスリップしたかのようです。
長町-11
長町武家屋敷跡の路地を抜けると、鞍月用水沿いのせせらぎ通り。
長町-12 せせらぎ通りには、鞍月用水を渡ってお店に入る欧風の町並みが続く。

JUGEMテーマ:写真

 金沢指定保存建造物 大家家は、土塀が連なる長町武家屋敷群跡の中心に位置します。平士級の武家屋敷遺構です。建物の母屋は、間口8.5間、奥行8.5間、西側と南側にはそれぞれ、明治末期から大正初期に増築された新建部分と隠居部屋が付属しています。土塀と板塀で囲まれた敷地内の庭も江戸時代の面影を残す貴重な遺構です。大家家は、金沢の中心部に位置する江戸時代の平士級武家屋敷の様式がほぼ完全なかたちで残る遺構として極めて貴重です。
| 金沢・能登の旅 | 19:03 | comments(0) | - |









このページの先頭へ