質素な写真展示室

富士の裾野で、美しい日本の風景・お祭りや花などの写真を展示します。

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
<< 金沢・能登の旅 その28 金沢市内 ひがし茶屋街・懐華樓(3) 金色の茶室 | main | 金沢・能登の旅 その30 金沢市内 ひがし茶屋街・茶屋美人 >>
金沢・能登の旅 その29 金沢市内 ひがし茶屋街・懐華樓(4) 群青の間
懐華樓-1
ひがし茶屋街 懐華樓 貴賓室の「群青の間」。特別に身分のある方しか出入りできない部屋。
懐華樓-2
懐華樓-3
芸妓の離れ控室。お化粧直しや三味線の調子合せなどに使われる。
懐華樓-4
高貴な書の衝立
懐華樓-5
日本一大きい輪島塗のテーブル
懐華樓-6
和様式の衝立
懐華樓-7
懐華樓-8
囲炉裏のある部屋
懐華樓-9
昔懐かしい広告
懐華樓-10
部屋に飾られた日本画の額

JUGEMテーマ:写真

 お茶屋とは、芸妓の踊りや三味線、唄などを鑑賞し飲食しながら粋なお座敷遊びを楽しむ場所のこと。金沢には、文政3年(1820)に加賀藩が公認した「ひがし」と「にし」のほか、明治時代にできた主計町(かずえまち)の3つの茶屋街があります。かっては「一見さんお断り」の別世界でしたが、最近は周辺に雰囲気が味わえる食事処やショップが増えています。
| 金沢・能登の旅 | 19:00 | comments(0) | - |









このページの先頭へ