質素な写真展示室

富士の裾野で、美しい日本の風景・お祭りや花などの写真を展示します。

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
<< 金沢・能登の旅 その14 兼六園(2) 霞ヶ池と唐崎松 | main | 金沢・能登の旅 その16 兼六園(4) 霞ヶ池と根上松 >>
金沢・能登の旅 その15 兼六園(3) 眺望台と雁行橋
兼六園-1
眺望台
兼六園-2
兼六園-3
 眼前になだらかな卯辰山、右に目を向けると医王山や戸室山の稜線、左奥には日本海の青い海が望める。金沢を見下ろすのにこれ以上はないという贅沢な眺めが楽しめる眺望台。
兼六園-4
旭桜 樹齢500年と言われ、白山のヤマザクラの一種で気品が高く、おしべの長いのが特徴です。
兼六園-5
満開のツツジ
兼六園-6
枝ぶりが見事なクロマツ
兼六園-7
兼六園の美しい曲水の風景。
兼六園-8
兼六園-9
雁行橋(がんこうばし) 曲水に架かる石と水が奏でる名園の美!
兼六園-10
どこを見ても絵になる兼六園の風景。

JUGEMテーマ:写真

 名園の美 雁行橋は、絶妙に配置された石の造形美。金沢郊外の戸室山から採掘された11枚の赤戸室石で形作られた橋。石の並び方が、列をなして雁が飛んでいくように見えることからその名が付いた。石橋の一つ一つが亀甲の形になっていることから別名「亀甲橋」とも。眺めるだけで長寿の御利益がありそうです。残念ながら、摩滅防止のため通行はできません。
| 金沢・能登の旅 | 19:00 | comments(0) | - |









このページの先頭へ