質素な写真展示室

富士の裾野で、美しい日本の風景・お祭りや花などの写真を展示します。

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
<< 金沢・能登の旅 その10 金沢城公園(7) 玉泉院丸庭園(2) 石垣のある風景 | main | 金沢・能登の旅 その12 金沢城公園(9) 園内の美しい風景 >>
金沢・能登の旅 その11 金沢城公園(8) 河北門
金沢城公園-1
金沢城公園-2
金沢城「河北門二の門」
金沢城公園-3
金沢城公園-4
河北門の石垣
金沢城公園-5
金沢城公園-6
脇柱の礎石
金沢城公園-67
金沢城公園-8
遺構の修理と活用
金沢城公園-9
城側から見る河北門全景
金沢城公園-10
金沢城の実質的な正門である「河北門」。左端が二の門、中央に一の門、右側にニラミ櫓台。その奥に菱櫓。

JUGEMテーマ:写真

 金沢城河北門(かほくもん)は高麗門である「一の門」、櫓門である「二の門」、「桝形土塀」及び続櫓の機能を持た「ニラミ櫓台」により防御機能を持った構成となっています。「河北門」は金沢城の大手から入り、河北坂を上がったところに位置する「三の丸の正面」であり、金沢城の実質的な正門です。「石川門(重要文化財)」と「橋爪門」と共に「金沢城三御門」と呼ばれていますが、金沢城の建物の大半は焼失した宝暦の大火(1759)の後、安永元年(1772)に再建されました。再建された河北門は、明治15年頃に無くなるまで金沢城の実質的な正門として役割を果たしていました。約130年ぶりに甦った河北門は平成19年11月に着工し、平成22年4月まで約2年半の歳月をかけて完成しました。(HP;金沢城公園より)
| 金沢・能登の旅 | 19:00 | comments(0) | - |









このページの先頭へ