質素な写真展示室

富士の裾野で、美しい日本の風景・お祭りや花などの写真を展示します。

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
<< 浜松の旅 その10 浜松八幡宮 | main | 2018年 新年明けましておめでとうございます。 >>
浜松の旅 その11 東照宮、浜松城
東照宮-1
浜松市中区元城町にある「東照宮(引間城跡)」
東照宮-2
引間城本丸跡
東照宮-3
東照宮-4
手水舎に掲示されている「元城町東照宮由緒」
東照宮-5
本殿
東照宮-6
境内に立つ「家康&秀吉像」
東照宮-7
案内板
東照宮-8
境内の紅葉がきれいです。
浜松城-1
浜松城
浜松城-2
浜松城跡
浜松城-3
約400年前の築城の頃の面影を残す貴重な石垣。
浜松城-4
浜松城-5
天守門
浜松城-6
 浜松城の全景、手前の門は天守門。天守曲輪の入口に立ち、築城から明治6年(1873)までこの地に立っていた門を忠実に復元したもの、
浜松城-7
 井戸 この井戸は、銀明水と呼ばれていたという。浜松城には、天守台に一つ、天守曲輪の埋門のそばに一つ、二の丸に三つ、作佐曲輪に四つ、計10本の井戸があったという。天守台の井戸は、再建の時に残し、今は天守閣の地下室にある。直径1.3m、深さは現在1mほどになっており水はない。(掲示板より)
浜松城-8
地下室の井戸
浜松城-9
若き日の徳川家康公像

JUGEMテーマ:写真

 東照宮(引間城跡)、岡崎から浜松へ拠点を移した家康は、この地にあった飯尾家の居城・引間城を拡大し、浜松城と改めました。この城を守った飯尾家の田鶴姫は、直虎と並びもう一人の女城主として名高く、攻めてきた家康軍を手こずらせたと言います。浜松城は、元亀元年(1570)、徳川家康が遠江(現在の静岡県西部)を治まる拠点として築城。天正14年(1586)まで家康の本城として使われました。城主を務めた人が次々出世を果たしたことから「出世城」の異名をとります。

 今回が今年最後のブログ更新です。来年2018年は、1月5日より「金沢・能登の旅」と題してブログ更新します。見て下さい。読者の皆さん良いお年をお迎え下さい。
| 浜松の旅 | 21:44 | comments(0) | - |









このページの先頭へ