質素な写真展示室

富士の裾野で、美しい日本の風景・お祭りや花などの写真を展示します。

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
<< 広島の旅 その77 鞆の浦編(4) 保命酒、商家 | main | 広島の旅 その79 鞆の浦編(6) 国の重要文化財・太田家住宅 >>
広島の旅 その78 鞆の浦編(5) 鞆城跡 鞆の浦歴史民俗資料館
12鞆城跡-1
案内掲示板
鞆城跡-2
福山市鞆町後地536-1にある「鞆の浦歴史民俗資料館」。
鞆城跡-3
鞆城跡-4
福山市鞆の浦歴史民俗資料館
鞆城跡-5
 鞆城跡(ともじょうあと)
 ここは鞆城の本丸跡で、丘陵を利用して壮大な二の丸・三の丸が築かれ、東端は福禅寺、北端は沼名前神社参道、南は港に面していた。毛利氏が築いた城を、慶長5年(1600年)安芸・備後の領主となった福島正則が修築した。慶長12年(1607年)の朝鮮通信使の日記に「岸上に新しく石城を築き、将来防備する砦のようだが未完成である。」と記しており、その時、建設中だったことが知られる。
 元和元年(1615年)の一国一城令に先立って廃城となり、正則の後を受けて入封した水野勝成は、長子勝俊の居館を三の丸に置いた。勝俊が福山藩主となって以後は、江戸時代を通して町奉行所が置かれた。
鞆城跡-6
紅葉が見られる歴史民俗資料館の前庭。
鞆城跡-7
前庭にある「楽聖 宮城道雄先生像」。
鞆城跡-8
 前庭に立つ万葉歌碑
 鞆の浦の、磯のむろの木、見むごとに、相見し妹は、忘らえめやも
鞆城跡-9
 天平二年(730)12月 大納言兼務となって都に上る大宰師大伴旅人は、鞆の浦で亡き愛妻を偲び三首の歌を詠んだ。その中の一首がこの歌で、万葉集に載録されている。鞆の浦の磯に立つむろの木 そのむろの木を見るたびに、ともに眺めた妻のことが忘れようにも忘れられない、と歌う。
 旅人は、神亀5年(728)の初め大宰府に下ったと思われるが、その途中、鞆の浦のむろの木を妻とともに眺めた。しかし、その妻はまもなくこの世を去ってしまう、その悲しみを、旅人は翌天平三年、六十七歳で没するまで歌い続けたのである。
鞆城跡-10
鞆城跡-11
鞆城跡から見る眼下の風景。

JUGEMテーマ:写真

 福山市鞆の浦歴史民俗資料館は、福山市制70周年を記念して鞆城跡の高台に建設されました。館内では、歴史資料やお祭りなどの民俗資料が常設展示されています。鞆の浦とゆかりの深い箏曲家、宮城道雄の愛用琴などの遺品を展示しています。宮城道雄が1929年に発表した「春の海」で世界的に評価されました。この曲は、父親の故郷であり、自身が幼少期を過ごした鞆の浦を思って創作したと言われています。宮城道雄は8歳で失明しており、光を失う以前に見た鞆の浦の海が、永遠の原風景として心に刻み込まれていたのでしょう。

| 広島の旅 | 19:00 | comments(0) | - |









このページの先頭へ