質素な写真展示室

富士の裾野で、美しい日本の風景・お祭りや花などの写真を展示します。

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 和歌山の旅 その51 和歌浦散策 番所庭園
    miya (11/14)
  • 和歌山の旅 その51 和歌浦散策 番所庭園
    k-matsui (11/11)
  • 滋賀・長浜と彦根の旅 その55 清涼寺(彦根市)
    miya (10/29)
  • 滋賀・長浜と彦根の旅 その55 清涼寺(彦根市)
    五島 (10/26)
  • 小京都 人吉の旅 その19 犬童球渓
    miya (10/10)
  • 小京都 人吉の旅 その19 犬童球渓
    花田 淳 (10/09)
  • 坂本・比叡山延暦寺の旅 その9 庭園が美しい 「旧竹林院」
    上畑ナオミ (08/16)
  • 坂本・比叡山延暦寺の旅 その9 庭園が美しい 「旧竹林院」
    miya (08/09)
  • 坂本・比叡山延暦寺の旅 その9 庭園が美しい 「旧竹林院」
    上畑ナオミ (08/08)
  • 小京都 佐野の旅 その16 佐野市観光物産会館
    miya (02/15)
LINKS
PROFILE
<< 広島の旅 その17 広島タウン おりづるタワー(2) 爆心地 | main | 広島の旅 その19 広島タウン 本川小学校平和資料館 >>
広島の旅 その18 広島タウン 相生橋
赤い鳥-1
相生橋の袂に建つ「赤い鳥文学碑」、背景には元安川と相生橋。
赤い鳥-2
赤い鳥-3
 赤い鳥文学碑(鈴木三重吉文学碑)
 「千鳥」「桑の実」などの名作によって明治大正期の文壇に生彩を放った鈴木三重吉(1882〜1936)は、明治15年この地に生まれました。大正7年少年少女雑誌「赤い鳥」を創刊し、日本最初の童謡童話が誕生しました。つづり方や自由詩を指導して児童の創造を高め、外国の名作童話も紹介し、わが国の児童文学の父とよばれています。この碑は昭和39年6月、被爆地ヒロシマの文化の復興のシンボルとして建てられ、平和への願いが込められています。圓鍔勝三の作品。碑には「私は永久に夢を持つ。たゞ年少時のごとく。ために悩むこと浅きのみ。三重吉」と刻まれています。
相生橋-1
 この橋名板は、原爆にあった相生橋を 昭和24年に修復した時に設置した親柱(右の絵)に取り付けられていたものです また まわりに張っている黒御影石は この親柱に使われていたものです
 左の絵は 昭和7年に架橋され 被爆を経て昭和24年まで使われた橋の親柱をかいたものです
 下の写真は 被爆2か月後の昭和20年10月の相生橋付近の状況です   昭和59年3月 広島市
相生橋-2
相生橋-3
現在の相生橋
相生橋-4
相生橋から見る太田川と元安川の合流点
原爆ドーム
相生橋から見る「原爆ドーム」
相生橋-5
相生橋
相生橋-6
Tの字の交差点を左に曲がると「平和記念公園」へ
平和の時計塔-1
平和の時計塔-3
橋を渡り切ると見えてくるのが「平和の時計塔」
平和の時計塔-2
青空にそびえる「平和の時計塔」、広島に原爆が投下された8時15分に毎日チャイムを鳴らす搭。

JUGEMテーマ:写真

 相生橋(あいおいばし)は、広島市の中心部を流れる本川(旧太田川)と元安川の分岐点に架かる、相生通りと広島電鉄が通る併用橋です。全国的にも珍しいT字形の橋です。橋名の由来は、二つの橋が「相合う」ことから。昭和の初期から現在の形になり、広島名所として戦前の絵はがきで紹介されています。その形が上空から目立つため、広島市への原子爆弾投下の際に目標点とされ、被爆当日、この橋の付近にいた大勢の人びとが亡くなっています。元安川下流側で毎年8月6日夜に犠牲者を弔う灯ろう流しが行われています。
| 広島の旅 | 19:00 | comments(0) | - |









このページの先頭へ