質素な写真展示室

富士の裾野で、美しい日本の風景・お祭りや花などの写真を展示します。

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 東京のんびり家族旅 その4 高尾山 薬王院山門(四天王門)
    野田耕一郎 (09/30)
  • 東京のんびり家族旅 その4 高尾山 薬王院山門(四天王門)
    野田耕一郎 (09/30)
  • 第63回 熱海梅園梅まつり(9) 中山晋平記念館
    miya (09/06)
  • 第63回 熱海梅園梅まつり(9) 中山晋平記念館
    純ちゃん (09/02)
  • 和歌山の旅 その51 和歌浦散策 番所庭園
    miya (11/14)
  • 和歌山の旅 その51 和歌浦散策 番所庭園
    k-matsui (11/11)
  • 滋賀・長浜と彦根の旅 その55 清涼寺(彦根市)
    miya (10/29)
  • 滋賀・長浜と彦根の旅 その55 清涼寺(彦根市)
    五島 (10/26)
  • 小京都 人吉の旅 その19 犬童球渓
    miya (10/10)
  • 小京都 人吉の旅 その19 犬童球渓
    花田 淳 (10/09)
LINKS
PROFILE
<< 鹿児島の旅 その30 石燈籠(いづろ)通り | main | 鹿児島の旅 その32 いおワールドかごしま水族館 >>
鹿児島の旅 その31 南九州一の繁華街・天文館
天文館-1
鹿児島市にある中心繁華街・歓楽街の総称 「天文館」。
天文館-2
天文館本通りアーケード
天文館-3
天文館 にぎわい通り
天文館-4
 天文館跡の碑 島津25代重豪が、天文観測や研究のため、1779年にここに明時館を建て、藩内の暦はすべてこの明時館から配布し、薩摩暦とか鹿児島暦といわれました。 明時館は別名天文館とも呼ばれ、現在の繁華街天文館の名は、ここから由来しています。 この付近は当時、石垣をめぐらした武家屋敷や迎賓館にあたる御着屋、花岡屋敷などがありました。
天文館-5
 時標(ときしるべ)5 「重豪、薩摩の科学技術の礎を築く」
 安永8(1779)年、島津家第25代当主島津重豪(しげひで)は天文台の明時館(天文館)を設置し、薩摩暦を作成しました。 重豪はそのほかにも藩校造士館や医学院などを創設しました。 その先進性は第28代斉彬に継承され、明治維新への基礎を築きました。 重豪は自らも家臣(水間良実)と共に天文について語り合いました。
天文館-6
天文館-7
天文館-8
アーケードの通り
天文館-9
天文館-10
アーケードに光輝く星座のイルミネーション。
山形屋
 山形屋(やまかたや)・鹿児島天文館本店
 建物は1998年11月2日に百貨店創業当時のルネッサンス調の外装へ一新。 2000年には第6回鹿児島市建築文化賞にも選出されました。 鹿児島を象徴する建物として県内外に幅広く知られています。
JUGEMテーマ:写真

  天文館は、南九州一の繁華街として人気のスポット、鹿児島のグルメやショッピングを楽しむには外せないエリアです。 天文館中心部では、天文館本通りアーケード、天文館G3アーケード(千日通り)及び電車通り(いづろ通り)が縦横に貫き、その周辺をアーケードやカラー舗装された通りが網の目状に連なる。 天文館ではアーケードが約2kmにも及び。 これは、桜島の降灰対策や、夏の強い日差しを避けるためです。
| 鹿児島の旅(前篇) | 19:00 | comments(0) | - |









このページの先頭へ