質素な写真展示室

富士の裾野で、美しい日本の風景・お祭りや花などの写真を展示します。

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 小京都 人吉の旅 その19 犬童球渓
    miya (11/03)
  • 小京都 人吉の旅 その19 犬童球渓
    村井 勝好 (10/31)
  • 東京のんびり家族旅 その4 高尾山 薬王院山門(四天王門)
    野田耕一郎 (09/30)
  • 東京のんびり家族旅 その4 高尾山 薬王院山門(四天王門)
    野田耕一郎 (09/30)
  • 第63回 熱海梅園梅まつり(9) 中山晋平記念館
    miya (09/06)
  • 第63回 熱海梅園梅まつり(9) 中山晋平記念館
    純ちゃん (09/02)
  • 和歌山の旅 その51 和歌浦散策 番所庭園
    miya (11/14)
  • 和歌山の旅 その51 和歌浦散策 番所庭園
    k-matsui (11/11)
  • 滋賀・長浜と彦根の旅 その55 清涼寺(彦根市)
    miya (10/29)
  • 滋賀・長浜と彦根の旅 その55 清涼寺(彦根市)
    五島 (10/26)
LINKS
PROFILE
<< 鹿児島の旅 その23 仙巌園(3) 望嶽楼、屋久種子五葉 | main | 鹿児島の旅 その25 仙巌園(5) 薩摩切子と名物・両棒餅 >>
鹿児島の旅 その24 仙巌園(4) 近代薩摩焼発祥の地
仙巌園の風景-1
風景-2
園内の風景
示現流・自顕流展示室
 示現流・自顕流展示室 薩摩藩で御流儀とされた 「示現流・薬丸自顕流」 の迫力ある剣術を映像で展示。 実際に木刀で打ち込む体験もできます。
近代薩摩焼発祥の地-1
石碑 「近代薩摩焼発祥の地」
近代薩摩焼発祥の地-2
 近代薩摩焼発祥の地
 極東の宝石といわれ、西欧諸国で 「SATUMA] と呼ばれて珍重された近代薩摩焼はこの地で誕生した。 幕末の薩摩藩主島津斉彬(なりあきら)は、西欧の近代産業を導入した工場群 「集成館;しゅうせいかん」 をこの地に設置し、軍艦製造を中心としたさまざまな産業をおこした。 そして、その一環として、海外との積極的な貿易振興を目的に、従来の薩摩焼の製法に改良を加え、貿易品としての近代薩摩焼を創製した。
 斉彬はこの地に御庭窯を築き、多くの陶工たちとともに研究を重ね、藩窯としての風格を備えた華麗な焼物を完成させている。
 また、「SATUMA」 の名は、明治時代以後日本各地で製造され海外に輸出された美しい陶器の総称にもなった。
菊の花-1
菊の花-2
園内に置かれた菊の花がきれいです。
高枡
高枡(たかます) 高枡は水の分岐と水量を調節するための水道施設です。 園内のわき水を石造の水管で集め、この高枡を用いて御殿前の池などに配水しています。
克灰袋-1
克灰袋-2
 園内 「克灰袋;こくはいぶくろ」 置場
 「克灰袋」 は、桜島の火山活動による降灰を各家庭で集め回収してもらうための専用袋で、降灰の予想される地域の家庭へ4月から5月に事前配布され、その他地域については、降灰の状況に応じて臨時配布が行われております。
鹿児島市内には、「克灰袋」 の指定置場は約6,200箇所あり、回収された克灰袋は鹿児島市内3箇所の土捨場に持っていかれます。
 以前は、「降灰袋」 という名称だった 「克灰袋」。 1991年から名称を 「克灰袋」 に変更致しました。 これには理由があります。 受身的な印象を感じさせる 「降灰袋」 から、降灰に強い快適な都市を目指して、積極的に降灰を克服しょうという意欲が示されているのです。
風景-3
石のある風景。
風景-4
石橋
風景-5
風景-6
仙巌園の美しい風景や庭園を堪能。
JUGEMテーマ:写真

 薩摩焼は、鹿児島県産の陶磁器の総称。 文禄・慶長の役後、朝鮮の渡来人によって始められ、串木野、帖佐、加治木、稲代川、竪野、竜門司、元立院、磯、平佐などの諸窯が生まれた。 白釉、黒釉、鼈甲(べっこう)釉、蛇蝎(だかつ)釉および錦手(にしきで)などが名高い。 現在もその流れをくむ苗代川、竜門司で焼かれている。 (百科事典マイペディアより)
| 鹿児島の旅(前篇) | 19:16 | comments(0) | - |









このページの先頭へ