質素な写真展示室

富士の裾野で、美しい日本の風景・お祭りや花などの写真を展示します。

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
<< 滋賀・長浜と彦根の旅 その55 清涼寺(彦根市) | main | 滋賀・長浜と彦根の旅 その57(完) 佐和山城跡と石田三成 >>
滋賀・長浜と彦根の旅 その56 龍潭寺(彦根市)
龍潭寺-1
井伊大老 石田三成菩提寺 龍潭寺(りょうたんじ)
龍潭寺-2
龍潭寺拝観入口
龍潭寺-3
龍潭寺-4
これより拝観します。
龍潭寺-5
龍潭寺方丈襖絵 森川許六作 (彦根市指定文化財)
龍潭寺-6
襖絵
龍潭寺-7
龍潭寺-8
元禄年間からは達磨さまにあやかる 「だるま寺」 として人々の信仰を集めています。
龍潭寺-9
方丈南庭 枯山水 「ふだらくの庭」 、別名 「庭の寺」 として親しまれています。
龍潭寺-10
書院東庭 借景式 「蓬莱池泉庭」 (彦根市指定文化財)
龍潭寺-11
仏足石
龍潭寺-12
観音お告げ七福神
龍潭寺-13
七福神・「福禄寿」(人望)
龍潭寺-14
七福神・弁財天(愛敬)
龍潭寺-15
大洞観音堂 ご本尊・楊柳観音菩薩 三十三観音のひとつで、種々の病難の消除を本誓とされます。 平安初期の作で、元和年間(1680年代)に琵琶湖中より、ご出現になりました。
JUGEMテーマ:写真

 美しい庭園を誇る井伊家の菩提寺 龍潭寺
 彦根藩主であった井伊家の菩提寺。 四季折々の花が美しく、造園専門学校のはじまりといわれる園頭科の学生が造った庭園が今も残り、「庭の寺」 とも呼ばれています。 また、禅宗の始祖・達磨大師にあやかる 「だるま寺」 としても有名です。 ほかに、森川許六の襖絵が見どころです。
 方丈の襖絵は、森川許六(もりかわきょりく 1656〜1715)の作と伝えられ、山水、人物、花鳥、走獣など十種もの画題が計百四面に描かれており、これだけの襖絵が彦根にまとまって伝存することは注目に値します。 許六は、彦根藩士の子で、蕉門(しょうもん;松尾芭蕉の一門)の俳人であるとともに、絵もよくし、狩野安信(かのうやすのぶ)に師事したと言われています。
| 滋賀・長浜と彦根の旅(彦根) | 19:37 | comments(0) | - |









このページの先頭へ