質素な写真展示室

富士の裾野で、美しい日本の風景・お祭りや花などの写真を展示します。

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
<< 滋賀・長浜と彦根の旅 その52 夢京橋キャッスルロード-2 | main | 滋賀・長浜と彦根の旅 その54 四番町スクエア(彦根市) >>
滋賀・長浜と彦根の旅 その53 夢京橋キャッスルロード-3 宗安寺
宗安寺-1
宗安寺(そうあんじ)、朱塗りの門があることから 「赤門」 と呼ばれるています。
宗安寺-2
 徳本行者名号碑(とくほんぎょうじゃみょうごうひ)
 徳本行者は江戸後期の浄土宗の念仏行者で、不思議な力をそなえて全国を布教された。 行者は、宗安寺でも一泊され、その時書かれた南無阿弥陀仏の名号は、道行く人誰にでも拝めるようにと道沿いにこの石碑として建てられた。
宗安寺-3
宗安寺-4
宗安寺本堂
宗安寺-5
宗安寺-6
鬼瓦保存
宗安寺-7
地蔵堂
宗安寺-8
 木村重成公首塚(掲示板より)
 この前の五輪の塔が、重成公の首塚であります。 横に並んでいる三基のお墓は、大坂夏の陣で若江堤より御首を持ち帰りました安藤長三郎氏代々のお墓です。 沿革を知りたい方は寺務所までおいで下さい。 沿革書を差し上げます。 浄土宗 宗安寺
JUGEMテーマ:写真

 宗安寺は、夢京橋キャッスルロード沿いにある浄土宗の寺。 井伊道政(1309-1404 南北朝-室町時代の武将)の正室東梅院の父母の菩提を弔うため上野国箕輪(こうずけのくにみのわ)に建立された安国寺は、佐和山(232.5m)山麓へ移され、宗安寺と改名、その後彦根城築城のさい現在の地へ再度移築されました。 元禄の大火で、「赤門」 と呼ばれる朱塗りの佐和山城大手門を移築した表門が唯一焼け残り、現在の本堂は江戸時代中期に長浜城附属御殿を移築したものです。
 
 境内には 「木村重成公首塚」 があります。 木村重成(きむらしげなり)は、安土桃山時代の武将。 長門守と称す。 出身は不詳。 豊臣秀頼に仕え、大坂冬の陣に奮戦。 講和の際は正使として徳川秀忠より誓紙を受領。 夏の陣で井伊直孝と戦って敗死。 出陣に際し死を覚悟して名香(みょうごう)を兜(かぶと)にたきこんだ話は有名。(百科事典マイディアより)
| 滋賀・長浜と彦根の旅(彦根) | 19:00 | comments(0) | - |









このページの先頭へ