質素な写真展示室

富士の裾野で、美しい日本の風景・お祭りや花などの写真を展示します。

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
<< 坂本・比叡山延暦寺の旅 その28 延暦寺 西塔(7) 法然上人伝 | main | 坂本・比叡山延暦寺の旅 その30 延暦寺 横川(2) 横川中堂 >>
坂本・比叡山延暦寺の旅 その29 延暦寺 横川(1) 龍ヶ池弁財天 
シャトルバス
バスの運行経路図、青い太線がシャトルバスです。
便利でお得な比叡山内一日フリー乗車券を利用下さい。
●発  売 額 大人 800円  小児 400円 緑の範囲一日乗り放題です。
●発売期間 毎年3月の春分の日から12月の第一日曜日まで(ただし、春分の日が日曜日もしくは月曜日の場合は、直前の土曜日から発売いたします。
 西塔の参拝を終えこれより 「一日フリー乗車券」 を購入し、まず横川へ向かいます。
弁慶杉
奥比叡ドライブウェイ 「西塔バス停」 の眼の前にある弁慶ゆかりの 「弁慶杉」。
伝教大師尊像
 奥比叡ドライブウェイの峰道に建つ伝教大師・最澄の像。 伝教大師40歳、台座を入れて高さ11m、1987年の建立。 台座の中央のプレートには 「瞻仰崇信(」せんぎょうすいしん)」 の文字。 仰ぎ見て、敬い慕う、そして尊び信じる。
 この場所で、毎年3月、比叡山の春の訪れを告げる春一番の行事 「比叡山大護摩供法要」 が行われます。(横川に向かうシャトルバスの車窓から撮影)
横川地区入口
これより 「比叡山延暦寺 横川」 を参拝します。
横川地域参拝案内
横川地域参拝案内図。中央に 「横川中堂」、その上に 「元三大師堂」 が見えます。
比叡山と各宗祖師
 入口に立つ掲示版、「比叡山と各宗祖師」。
 比叡山延暦寺は、延暦7年(788)伝教大師最澄上人が国宝的人材の養成と国民の幸福をお祈りする祈願の道場としたことに始ります。
 その後、伝教大師のご精神を受け継ぐために幾多の修行僧が籠山修行されましたが、特に鎌倉時代の日本仏教各宗派を開いた祖師たちが輩出し大衆教化に専念して、仏教文化の華をさかせました。中でも浄土宗の開祖法然上人、浄土真宗の親鸞聖人、臨済宗の栄西禅師、曹洞宗の道元禅師、日蓮宗の日蓮聖人などは、この山で血のにじみでるような命がけの修行のすえ、自己の信ずる道に従って一宗一派を開いたのです。殊にこの横川にゆかりの方々は親鸞聖人、道元禅師、日蓮聖人などですが、ここに各宗のご協力を得て、布教伝道絵看板を掲げ、その偉業を多くの方々に知っていただきたいと存じます。 延暦寺
龍ヶ池弁財天-1
入口から中へ参道を進むと池の中に祀られた 「龍ヶ池弁財天」
龍ヶ池弁財天-2
拝殿
龍ヶ池弁財天-3
側面から見る 「龍ヶ池弁財天」。
龍ヶ池弁天-4
 龍が池弁天と龍神さま
 延暦寺古書に曰(いわく) 昔この池に大蛇が住みつき村人達に害を与えていた。 元三大師これを聞き大蛇に向い “汝―法力を持っていると聞くが本当か” とおたずねになった。 大蛇は、威猛々に “本当ダ俺に出来ないことは何もない” と答えました。 大師は “ナラバ大きい姿になってみよ” と申されるとお安いご用とばかり数十倍の大きさに変身しました。 大師は再び “デワ小さくなり私の手の平に乗れるか” とのお言葉に “承知” とばかり小さくなり手の平の中に入りました。 大師がすぐさま観音様の念力により閉じ込めてしまわれました。 そして弁天様をお迎えし小さくなった大蛇をお渡しになり弁天様のお侍いとしてお側に仕えさせて頂きたいとお願いされました。 大蛇も大師に諭され前非を悔い今度は自分の持っている法力を善業に向け横川の地を訪れる人の道中の安全と心願の成就の助けをしようと大師に誓いました。 以後訪れる人の幸せを願い助力を盡(つ)くしております。 別名 “雨乞いの弁天様” としても有名であります。 大変法力のある弁天様と龍神様であります。 ご信心下さい。
JUGEMテーマ:写真

  「西塔」から「横川」まで約4km、東海自然歩道を歩くと約2時間かかります。 今回は 「西塔」 からシャトルバスを利用して 「横川」 へ向かいます。 一日フリー乗車券(800円)が便利です。 今回の旅では西塔〜横川、横川〜比叡山頂、比叡山頂〜東塔(坂本ケーブル乗り場)の3回利用。 筆者が参拝したのが2011年12月2日(金)、シャトルバスの運行が12月4日(日)まで、きわどいところでした。 今回の旅は、坂本の紅葉に合わせて出発したので比叡山シャトルバスの運行まで気が付きませんでした。 お出かけの際は気をつけて下さい。
| 坂本・比叡山延暦寺(後編) | 19:21 | comments(0) | - |









このページの先頭へ