質素な写真展示室

富士の裾野で、美しい日本の風景・お祭りや花などの写真を展示します。

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
<< 大津・びわ湖島めぐりの旅 その32 竹生島(1) 感動の島上陸 | main | 世界らん展日本大賞2012 その1 『日本大賞』 >>
大津・びわ湖島めぐりの旅 その33 竹生島(2) 宝厳寺
竹生島-1
宝厳寺参道・祈りの階段を上ります。  かなり急な上りは、足に堪えます。
竹生島-2
165段の石段を上り切ると、宝厳寺本堂(弁財天堂)に到着。
竹生島-3
朱色が美しい本堂。 江の島、厳島と並ぶ日本三弁財天の一つ。 中でも最も古い弁財天であり、大弁財天として称されています。
竹生島-4
重要文化財 宝厳寺五重石塔。
竹生島-5
石塔の前に立つ掲示板。
竹生島-6
朱色が鮮やかな三重塔。 江戸時代に落雷によって焼失したと言われ、2000年(平成12年) 約350年ぶりに復元されたものです。
竹生島-7
竹生島-8
賤ヶ岳の戦いで勇名をはせた七本槍一人、片桐且元(かたぎりかつもと)が、唐門などを移築した際に植えたとされる樹齢400年以上の 「モチの木」。
竹生島-9
これより石段を下ります。 眼下に美しい琵琶湖の風景が見えます。
JUGEMテーマ:写真
 
 宝厳寺本殿までは、港から 「祈りの階段」 と呼ばれる165段の石段が続いています。 宝厳寺に安置されているご本尊の弁財天は芸能の神として崇められています。60年に一度だけご開帳されますが、2010年には特別に 「西国三十三所結縁御開帳」 の一環として公開されました。
| 大津・びわ湖島めぐり(後編) | 19:00 | comments(0) | - |









このページの先頭へ