質素な写真展示室

富士の裾野で、美しい日本の風景・お祭りや花などの写真を展示します。

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
<< 2010 日本三奇祭!吉田の火祭り その6 松明へ点火 | main | 2010 日本三奇祭!吉田の火祭り その8(完) 夜の浅間神社 >>
2010 日本三奇祭!吉田の火祭り その7 町中が火の海!
火祭り-1
18:39 大勢の市民や観光客が集まる 「吉田の火祭り」
火祭り-2
18:41 全ての松明に火がつき、炎の列がきれいです。
火祭り-3
18:44 美しい炎をバックに記念撮影
火祭り-4
18:45 子供たちも炎の乱舞を楽しんでいます。
火祭り-5
18:45 この道路は真っ直ぐな道でなだらかな下り坂、炎がよく見えます。
火祭り-6
18:46 多くの方がベストアングルからの撮影を楽しんでいます。
火祭り-7
18:46 外国からの観光客も多く、祭りを楽しんでいます。
火祭り-8
18:46 炎の勢いが一段と激しくなりました。
火祭り-9
18:47 炎が夜空を焦がします。
火祭り-10
18:48 炎の明りで昼間のようです。
火祭り-11
18:48 これだけ炎が燃え上がると周りは熱いです。
火祭り-12
18:51 筆者お気に入りの一枚の写真です。
火祭り-13
18:55 道路の両サイドには露店が並び、祭りを盛り上げます。
火祭り-14
18:58 松明の炎がきれいです。
火祭り-15
19:00 筆者、これ程の炎の海を見たのは生涯初めての経験です。
火祭り-16
19:00 火が点火されてから約45分、町中は火の海です。
火祭り-17
19:01 激しく燃える炎、まさに芸術品を見る思いです。
火祭り-18
19:01 吉田の火祭りは、松明が燃え尽きるまで続きます。
JUGEMテーマ:写真

 鎮火大祭(吉田の火祭り) について、郷土資料事典 「山梨県」 に次のように記載されていますので紹介します。

 吉田の火祭りとして名高いこの鎮火大祭は、北口本宮冨士浅間神社と、境内社諏訪神社の秋祭りで、8月26・27日の両日行われる。
 26日に神輿2基(うち1基は御影といって富士山を型どったもの) が氏子中を渡御、御旅所に奉安すると直径80cm、長さ3mの筍型のの松明(たいまつ) を立て火をつける。 同時に、吉田一帯の氏子の各家庭でも、それぞれの松明に点火、およそ2kmの道路は火の海と化する一大景観を展開する。
 この祭りは、北口本宮冨士浅間神社の祭神、木之花開邪姫命(このはなさくやひめみこと) が、無戸室(うつむろ) の猛火の中で皇子を安産したという故事にもとづくもので、この松明で災害を及ぼしたことはないという。 翌27日は 「あげ松の行事」 を行い、「高天原」 を神輿がまわって祭典は終わる。
 祭りの前1年間の間に不幸のあった家は松明をあげず、また、服喪中の者は、26・27日の祭りの間、よそに外泊する習慣となっている。
| 日本三奇祭!吉田の火祭り | 19:01 | comments(0) | - |









このページの先頭へ