質素な写真展示室

富士の裾野で、美しい日本の風景・お祭りや花などの写真を展示します。

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
<< 2010 日本三奇祭!吉田の火祭り その2 北口本宮冨士浅間神社 | main | 2010 日本三奇祭!吉田の火祭り その4 発輿祭(1) >>
2010 日本三奇祭!吉田の火祭り その3 冨士浅間神社と諏訪神社
浅間神社-1
御神木の 「富士太郎杉」 を入れて 「北口本宮冨士浅間神社 本殿」 を撮影。
浅間神社-2
参拝者が跡を絶ちません。
浅間神社-3
天井から大きな吊り灯籠が下がっています。
浅間神社-4
天狗の面も奉納されています。
浅間神社-5
厳かな神殿です。 厳粛な気持ちで参拝してきました。
諏訪神社-1
同じ境内にある 「諏訪神社」、拝殿の左右には火祭りで繰り出す神輿の安置所です。
諏訪神社-2
厳粛な気持ちで 「諏訪神社」 に参拝します。
浅間神社-6
緑の中の大鳥居がきれいです。人と比較していかに大きいかが分かります。
浅間神社-7
浅間神社-8
諏訪神社の前にも、大きな御神木があります。
浅間神社-9
境内を流れる小川、水がきれいです。
浅間神社-10
浅間神社-11
点火を待つ参道の大松明です。
浅間神社-12
うっそうと巨木と石灯籠が並ぶ神社参道です。
JUGEMテーマ:写真

 毎年8月26日、27日に行われる 「鎮火大祭」 は 「吉田の火祭り」 と呼ばれ、北口本宮冨士浅間神社と諏訪神社、両社の秋祭りです。

 26日午後、本殿祭、諏訪神社祭が催行され、大神輿、御影は参拝者で賑わう氏子中に神幸。 暮れ方に御旅所に奉安されると、時を同じくして、高さ3メートルの筍形に結い上げられた大松明70余本、家毎に井桁に積まれた松明に一斉に点火されると、街中は火の海と化し、祭りは深夜まで賑わう。

 27日午後、二基の神輿は氏子中を渡御し夕闇迫る頃、浅間神社に還御する。 
氏子崇敬者が 「すすきの玉串」 を持ち、二基の神輿のあとに従って高天原を廻ると祭りは最高潮に達する。 27日を 「すすき祭り」 とも称する。
(HP富士吉田市の観光情報より引用) 
| 日本三奇祭!吉田の火祭り | 19:43 | comments(0) | - |









このページの先頭へ