質素な写真展示室

富士の裾野で、美しい日本の風景・お祭りや花などの写真を展示します。

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
<< 2010 日本三奇祭!吉田の火祭り 速報! | main | 倉敷のんびり散策 その15 大山名人記念館 >>
倉敷のんびり散策 その14 倉敷アイビースクエア
倉敷アイビースクエア-1
倉敷アイビースクエアの案内図です。
倉敷アイビースクエア-2
倉敷アイビースクエア内にある 「城山稲荷神社」
倉敷アイビースクエア-3
城山稲荷のいわれ が書かれています。
倉敷アイビースクエア-4
稲荷神社の周りには、きれいな花が咲いています。
倉敷アイビースクエア-5
この時期(4/13)は、桜も満開を過ぎ散り始めています。
倉敷アイビースクエア-6
新緑がきれいな木です。
倉敷アイビースクエア-7
倉敷アイビースクエアの正門です。
倉敷アイビースクエア-8
正門をくぐると正面にホテル玄関があります。
倉敷アイビースクエア-9
アイビー(IVY);木蔦(きづた)。 スクエア(SQUARE);方形、四角、方形広場の意。
アイビースクエアの由来となった赤レンガの外壁を覆う蔦は、工場であった頃に内部の温度調節のために植えられたものです。
倉敷アイビースクエア-10
現在はホテルになっている赤レンガと蔦、それに桜並木がきれいです。
倉敷アイビースクエア-11
歩道橋から見た桜も満開の花を見ることができました。
JUGEMテーマ:写真

 大原美術館を拝観したあと、約15分ほどのんびり歩いて 「倉敷アイビースクエア」 の赤レンガと蔦を撮影してきました。 倉敷アイビースクエアは倉敷市本町にあるホテルを中心とした複合観光施設です。 赤レンガの建物は、江戸幕府の代官所跡に明治22年(1889)に建設された倉敷紡績創業の旧工場で、昭和48年(19873)に改修され、観光施設として再生されました。 場所は倉敷美観地区に含まれ、建物は平成19年(2007)11月30日に経済産業省より 「近代化産業遺産」 に認定されています。
 館内施設として、大原美術館児島虎次郎記念館、倉紡記念館、アイビー学館、愛美工房、オルゴールミュゼメタセコイア、クイーン メタセコイア、レストラン、食堂、バーなどがあります。 ホテルは倉庫を改造した2階建、内部の部屋からは中庭が見え、秋は銀杏の紅葉が楽しめます。(フリー百科事典・ウィキペディアより)
| 倉敷のんびり散策 | 18:38 | comments(0) | - |









このページの先頭へ