質素な写真展示室

富士の裾野で、美しい日本の風景・お祭りや花などの写真を展示します。

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
<< 越後湯沢と奥只見の旅 その9 奥只見湖遊覧 | main | 越後湯沢と奥只見の旅 その11(完) 魚野の里・雪国奇木館 >>
越後湯沢と奥只見の旅 その10 奥只見ターミナル
奥只見-1
40分の周遊コースを終え、遊覧船発着所へ帰ってきました。
奥只見-2
美しい奥只見湖を眺めながらターミナルへ
奥只見-3
帰りのスロープカ―乗場です。
奥只見-4
帰りはなだらかな坂道を歩いて下ります。
奥只見-5
坂道の途中にマンホールのふた、お湯のマンホールは初めて撮影しました。 奥只見ダム・奥只見湖や水芭蕉などがデザインされています。
奥只見-6
奥只見スロープカ―駅、所用時間は片道3分・100円の乗り物です
奥只見-7
奥只見発電所水車ランナ 発電所で30年間使用されたものが展示されています。
奥只見-8
奥只見-9
秘境 奥只見 奥只見湖と奥只見ダム 昭和36年に完成した我国有数の人造湖です。 神秘的な湖面と四季折々に彩りを添える樹木の景観は素晴らしく、特に春の新緑や秋の紅葉は見事です。・・・・また定期船の時刻表や奥只見シルバーラインのトンネル19の名称・長さなどが書かれています。
奥只見-10
よく目立つ、大きなけんちん汁の看板です。 鶏肉入りが特徴です。
奥只見-11
観光客の人達が美味しそうに 「けんちん汁」 を食べています。
奥只見-12
奥只見-13
旅の駅 奥只見ターミナル、色々なお土産が売られています。
奥只見-14
11時45分、遊覧と買物を終えたツアー一行はターミナルを後にします。 高いところからみたターミナルの風景です。 観光バスが停車しています。 人気のコースです。
奥只見-15
高いところから、最後に重力式としては日本一の奥只見ダムの美しい景観です。
奥只見-16
再び 「奥只見シルバーライン」 を通って静岡へ帰ります。
JUGEMテーマ:写真
 
 奥只見ダムや奥只見湖は、「越後三山只見国定公園」 に入ります。 この国定公園は、新潟県と福島県にまたがる山岳公園です。 1973年(昭和48年)5月15日に指定されました。 越後三山とは、八海山、中ノ岳、駒ヶ岳を指し、古くから修験道の聖地として拓かれました。 特に八海山はその中枢に当たります。 著名な山として景鶴山、荒沢岳、浅草岳などがあり、奥只見地方には豊かな森林と日本屈指の豪雪地帯の雪解け水を利用した電源開発により建設された田子倉ダムや奥只見ダムなどの発電用のダムがあり、その景観と人跡未踏の地の森林の調和が美しいところです。
(フリー百科事典・ウィキペディアより)
| 越後湯沢と奥只見の旅 | 19:43 | comments(0) | - |









このページの先頭へ