質素な写真展示室

富士の裾野で、美しい日本の風景・お祭りや花などの写真を展示します。

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
<< 小京都 栃木の旅 その20 栃木市役所 別館 | main | 小京都 栃木の旅 その22 巴波川(1) >>
小京都 栃木の旅 その21 県庁堀
県庁堀-1
市民の憩いの場所 「県庁堀」です。 そこに架かる小さな橋は 「とちぎはし」 です。
県庁堀-2
県庁堀はこの先、巴波川(うずまがわ)へとつながります。
県庁堀-3
 県庁堀附漕渠(そうきょ)、明治4年(1871年)廃藩置県のあと、下野国は栃木県と宇都宮県に分かれ、ついで明治6年栃木県は宇都宮県を合併し、この地に栃木県庁が置かれ、栃木町は政治・経済・文化の中心として栄えました。
 県庁には幅約6mの堀を東西約246m、南北約315mの矩形(くけい;直角4辺形)にめぐらしました。 巴波川との間には運河がつくられ、敷地内には舟に荷揚げ場が設けられました。 このような例は、全国にはありません。
 その後、明治17年 県令(県の長官・現在の知事)三島通庸(みちつね)は、強引に県庁を宇都宮に移しましたが、県名は栃木県としてそのまま残りました。
県庁堀-4
矩形に造られた県庁堀です。
県庁堀-5
県庁堀-6
鳩や鯉が遊ぶ、のどかな風景の県庁堀です。
県庁堀-7
矩形に真っ直ぐにのびる 「県庁堀」 です。 三脚を立ててしっかり撮影してきました。
県庁堀-8
県庁堀と散策路をはさんで左側が第一小学校、右側が栃木市役所です。
JUGEMテーマ:写真

 明治17年に県庁がいろいろな理由で宇都宮に移ってしまい、その昔県庁があった名残をとどめるのがこのお堀、「県庁堀」 です。 また江戸時代から明治の頃まで舟が水路を通って行き来し、栃木で取れた麻などの産物を利根川を経由して江戸まで運んでいました。 その頃の栃木の街の賑わいは大変なものだったそうです。 その名残としてこの辺り一帯の住所は 「入舟町」 の名で残っています。
| 小京都 栃木の旅(前編) | 19:01 | comments(0) | - |









このページの先頭へ