質素な写真展示室

富士の裾野で、美しい日本の風景・お祭りや花などの写真を展示します。

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 和歌山の旅 その51 和歌浦散策 番所庭園
    miya (11/14)
  • 和歌山の旅 その51 和歌浦散策 番所庭園
    k-matsui (11/11)
  • 滋賀・長浜と彦根の旅 その55 清涼寺(彦根市)
    miya (10/29)
  • 滋賀・長浜と彦根の旅 その55 清涼寺(彦根市)
    五島 (10/26)
  • 小京都 人吉の旅 その19 犬童球渓
    miya (10/10)
  • 小京都 人吉の旅 その19 犬童球渓
    花田 淳 (10/09)
  • 坂本・比叡山延暦寺の旅 その9 庭園が美しい 「旧竹林院」
    上畑ナオミ (08/16)
  • 坂本・比叡山延暦寺の旅 その9 庭園が美しい 「旧竹林院」
    miya (08/09)
  • 坂本・比叡山延暦寺の旅 その9 庭園が美しい 「旧竹林院」
    上畑ナオミ (08/08)
  • 小京都 佐野の旅 その16 佐野市観光物産会館
    miya (02/15)
LINKS
PROFILE
2008年 川越まつり その12(完) 宵山(3) 曳っかわせ
宵山-1
川越まつりの一番の見どころ 「曳っかわせ」 で祭りは最高潮、幸町金山会≪小狐丸≫、元町一丁目≪牛若丸≫、大手町≪天鈿女命≫、蔵の町通りのT字路で気勢を上げます。
宵山-2
急テンポの囃子が入り乱れての競演は迫力満点です。
宵山-3
宵山-4
蔵の町通りの至るところでこの光景が見られます。
宵山-5
このときばかりは、蔵の町通り全体が興奮のるつぼと化します。
宵山-6
関東三大まつりの一つだけあって素晴しいお祭りです。
JUGEMテーマ:写真

 この川越まつりの一番の見どころは「曳(ひ)っかわせ」です。 山車が各町内の会所前にさしかかったり、他町の山車とすれ違ったりするときは、お互いに山車の正面を向け合って囃子の儀礼打ちを行います。 回り舞台はこのために工夫された構造で、ことに一ヵ所に数台の山車がせり合って曳っかわせをするとき、山車がくるくると回転してみごとです。 べつに勝ち負けがあるわけではありませんが、急テンポの囃子が入り乱れる中、踊り手や囃子方への曳子の声援がどよめいて、見物客も心浮きたち、まつりは最高潮に達します。(川越まつり案内より)

 平成20年川越まつり、10月18日・19日の二日間とも天候に恵まれ117万人の人出で賑わいました。 一番の見どころ 「曳っかわせ」 では、大勢の観光客がつめかけ身動きがとれないほどです。 念願の川越まつりの撮影を終え充実した二日間でした。 川越の皆さん感動ありがとうございました。(完)

 次回より同じ小江戸の雰囲気が漂う山車まつり、「とちぎ秋まつり」 の写真展示を行いますので見て下さい。
| 2008年 川越まつり | 19:56 | comments(0) | - |
2008年 川越まつり その11 宵山(2)
宵山-1
宵山の山車、お囃子の競演で川越まつりは最高潮に達します。
宵山-2
大勢の観光客の中を宵山の山車、三久保町≪源鮓≫が動きます。
宵山-3
通りのサイドに設けられたお囃子の踊りもまつりを盛上げます。
宵山-4
仲町交差点にやって来ました。 大変な人だかりで身動きがとれないほどです。
脚立にのって撮影する人、一脚にカメラを取り付けリモートSWでシャッターを切る人、それぞれ工夫してベストショットを狙っています。 左上にから強烈な光源、前方には人の頭、カメラを頭上に持ち上げノーファインダーで撮影しました。
宵山-5
筆者、撮影した写真の中でトリミングして仕上げた一枚です。 宵山の山車・仲町≪羅陵王;らりょうおう≫に川越の蔵の街を入れた写真です。
JUGEMテーマ:写真

 平成20年 国指定重要無形民俗文化財 川越氷川祭の山車行事 「川越まつり写真コンクール」 が実施されています。 そのためか大勢のカメラマンが集結しベストショットを狙っています。 熱気がムンムンの川越まつり、撮影には気力と体力が必要です。
 尚、写真コンクールの応募は12月1日で終了しています。
| 2008年 川越まつり | 19:01 | comments(0) | - |
2008年 川越まつり その10 宵山(1)
宵山-1
時刻は18日、18:58 川越まつり、山車の提灯に灯が入る「宵山」です。
宵山-2
本川越駅前で気勢を上げる脇田町≪徳川家康≫の宵山
宵山-3
宵山-4
新富町二丁目≪鏡獅子;かがみじし≫平成12年に製作されたものです。
宵山-5
川越まつりの 『宵山の山車揃い』 とは、本川越駅から札の辻交差点までの蔵の町並・一番街通りに山車が揃い、お囃子の演奏を披露したり提灯が灯るきれいな宵山の山車を観賞するイベントです。
JUGEMテーマ:写真

 昼間の山車揃いも絢爛豪華な催しでしたが、18:00から始まった 『宵山の山車揃い』 も一段と華やいだ催しです。 筆者、是非一度川越まつり宵山の山車揃いを撮影したくて、今夜泊りがけで出かけてきました。 昼間よりされに人出が多く、どこまで満足に撮影できるか心配しながらシャッターを切ってます。 同行の妻を本川越駅に残し単身、札の辻交差点を目指し人垣を突き進みます。
| 2008年 川越まつり | 19:51 | comments(3) | - |
2008年 川越まつり その9 スナップ写真
川越まつり-1
川越まつり開催本部。
川越まつり-2
手古舞姿の子供たちが楽しそう!
川越まつり-3
山車行列が来ると通り道の確保が大変です。
川越まつり-4
川越まつり-5
16:48本川越駅の周辺に人がぞくぞくと集結。18:00からの宵山を待ちます。
川越まつり-6
川越まつり-7
蓮馨寺(れんけいじ)境内には露店やおばけ屋敷が並び賑わっています。
川越まつり-8
蓮馨寺 おびんづる様への参拝も行列ができています。
川越まつり-9
露店では花屋さんも軒を並べています。
川越まつり-10
一度食べてみたい焼肉(?)、美味しそうです。
川越まつり-11
川越まつり期間中、市内にはたくさんの露店が並びます。
JUGEMテーマ:写真

 今回、川越まつりの撮影にあたり、幸運にも川越駅東口にある 「川越第一ホテル」 の予約がとれました。10月18日の昼間の山車行列の撮影を終え、一旦ホテルに入り休憩、18:00から始まる 「宵山の山車揃え」 「曳っかわせ」 の撮影に備えます。

 尚、蓮馨寺につきましてはこちらに写真と記事を掲載しています。見て下さい。
| 2008年 川越まつり | 19:01 | comments(0) | - |
2008年 川越まつり その8 まつりと子供たち
川越まつり-1
行列の前列に並ぶ手古舞姿の少女たちがきれいです。 筆者お気に入りの一枚です。
川越まつり-2
行列が二本の太いロープで山車を曳きます。
川越まつり-3
道路沿いに設けてある囃子台から威勢のいいお囃子が聞こえてきます。
川越まつり-4
見事な踊りを披露してくれた子供囃子。子供の頃からまつりに馴れ親しんでいます。
川越まつり-5
川越まつり-6
仲町交差点で仲町・山車≪羅陵王;らりょうおう≫が姿を見せてくれました。
川越まつり-7
男の子とお父さんのほほえましい光景です。
JUGEMテーマ:写真

 埼玉県の 「川越まつり」 は、茨城県の 「石岡のまつり」 と千葉県の 「佐原の大祭秋祭り」 と並び 「関東の三大祭」 と呼ばれています。 この伝統ある川越まつりを後世に伝えるため子供の頃から祭りに参加し馴れ親しんでいます。 生き生きとした子供たちの表情が素敵な川越まつりです。
| 2008年 川越まつり | 19:01 | comments(0) | - |
2008年 川越まつり その7 山車・牛若丸
川越まつり-1
定点撮影、後から行列してくる山車を待ちます。 通りは人であふれています。
川越まつり-2
川越まつり-3
元町一丁目の行列がつづきます。
川越まつり-4
山車 元町一丁目≪牛若丸≫ がカメラの前にやってきました。
川越まつり-5
唐破風の囃子台ではお多福の踊りが披露されています。
川越まつり-6
人形;昭和44年 井筒雅風作、山車;昭和34年 浦田文治作 のもので比較的新しい山車です。 山車の高さが約5m、18〜200mmの望遠側で撮影しました。 美少年 牛若丸の立ち姿がきれいで人目を引きます。
JUGEMテーマ:写真

「人形」 と 「囃子」 についての説明が川越まつりの案内に記載されています。
 ・人形・・・・歴史や民話に取材した等身よりやや大きなもので、原舟月、仲秀英、
       鼠屋豊斉などという江戸人形師の名人の作品が多くみられます。
 ・囃子・・・・囃子は神田ばやしの伝統をうけつぎ大太鼓一人、締太鼓二人、笛一人、
       鉦一人をもって構成し、屋台、鎌倉、昇殿、仕丁舞、にんばなど曲目の
       緩急に応じて天弧、おかめ、ひょっとこ、狸、猿その他の面をつけた踊り
       が舞われます。
| 2008年 川越まつり | 19:01 | comments(0) | - |
2008年 川越まつり その6 大盛況!蔵の町並み通り
川越まつり-1
定点撮影 蔵の町並みを背景にまつりの山車(幸町金山会・小狐丸)を捉えます。
川越まつり-2
川越まつり-3
川越まつり-4
蔵の町並み通りは、大勢の人が思い思いにまつりを楽しんでいます。
川越まつり-5
多くのカメラマンが山車が来るのを待っています。
川越まつり-6
川越まつり-7
山車は大手町・天鈿女命(あめのうずめのみこと)です。
川越まつり-8
ここが蔵の町並み通りでT字路になっている撮影のポイントです。 大勢のカメラマンが脚立や三脚を使って川越のシンボル 「時の鐘」 を入れた山車の撮影を待っています。
川越まつり-9
仲町交差点も大変な人混み、赤い半纏を着た若いボランティアの方がゴミを拾っています。 このような奉仕活動がきれいな小江戸・川越を守っています。
JUGEMテーマ:写真

 川越まつりの案内に 「祭礼の起源」 が記載されていますので紹介します。
遠く慶安元年(1648)から伝えられ、江戸との経済交流に合わせて、山王祭や神田祭の様式が取り入れられて、華麗な山車が曳き回されるようになりました。
 現在市内には30台の山車があり、うち10台が埼玉県指定、1台が川越市指定の文化財となっているほか、6台が市登録の歴史文化伝承山車となっています。 また川越まつりは平成17年2月 「川越氷川祭の山車行事」 として国の重要無形民俗文化財に指定されました。
 今年、平成20年の参加山車は30台中15台が参加しています。

 幸町金山会≪小狐丸≫ 人形;天保6年(1835)原舟月 作、山車;明治初年    原舟月 作 埼玉県指定文化財
 大手町≪天鈿女命≫ 人形;明治4年(1871)仲秀英 作、山車;明治5年(1872)仲秀英 作 埼玉県指定文化財
| 2008年 川越まつり | 19:01 | comments(0) | - |
2008年 川越まつり その5 山車(だし)
山車-1
喜多町山車≪俵藤太秀郷≫ 文政9年(1826)以前 二重鉾 四つ車 唐破風の囃子台
山車-2
幸町金山会≪小狐丸≫ 江戸時代天保 二重鉾、四つ車、欄間仕立ての囃子台
山車-3
山車-4
連雀町山車≪太田道灌≫ 昭和27年 二重鉾 四つ車 唐破風の囃子台
JUGEMテーマ:写真

 山車はいわゆる鉾山車で、三つ車または四つ車をもったせいご台の上に二重の鉾を組み、上層の鉾に人形を乗せます。 この部分は下層の鉾からせり出すようにできています。 鉾の前面には欄間あるいは唐破風のついた囃子台があり、そしてせいご台から上の部分が回り舞台になっていることが大きな特徴です。(川越まつり案内より)
 また山車の見所として人形の下に飾られている四方幕や精緻な彫刻があります。 職人の熟練した技で造られた絢爛豪華な山車をじっくり見るのも楽しみの一つです。
| 2008年 川越まつり | 19:01 | comments(0) | - |
2008年 川越まつり その4 市役所前・山車揃え
川越まつり-1
川越市役所前に勢揃いした山車、壮観です。手前から喜多町・俵藤太秀郷、脇田町・徳川家康、元町一丁目・牛若丸、幸町金山会・小狐丸、大手町・天鈿女命、中原町・川越太郎重髻∋圧彿歡・源鮓、川越市・猩猩の計8台の 「山車揃い」 です。
川越まつり-2
山車の特徴の一つで囃子舞台と人形が回転しています。
川越まつり-3
集まった観客に山車の仕組みやお囃子の紹介がされました。
川越まつり-4
川越まつり-5
山車のお囃子も見所の一つです。 笑いと暖かみを感じます。
川越まつり-6
山車の総重量は約5トン、方向転換するのにジャッキを使っています。
川越まつり-7
重い山車の方向転換を人力で行う山車もあります。
川越まつり-8
川越まつり-9
山車揃えが終わり山車行列に向かいます。
川越まつり-10
川越まつり-11
幸町金山会の山車・小狐丸も街中へ繰り出します。
JUGEMテーマ:写真

 今回初めて 「川越まつり」 を撮影するにあたり、観光協会に電話して撮影ポイントを聞きました。 そこで教えてもらったのが午後2:30から市役所前で行われる 「山車揃え」 と19:30からの 「曳っかわせ」 です。 筆者、市役所到着が13:45、すでに観客でいっぱいでした。 初めてなので様子が分らず戸惑いましたが、何とか前方左側のポジションを確保し撮影しました。 それにしても人出が多いのには驚きました。
| 2008年 川越まつり | 19:01 | comments(0) | - |
2008年 川越まつり その3 川越市役所前・式典
川越まつり-1
川越駅に掲げられている横断幕
川越まつり-2
川越市役所前広場には、大勢の観客が式典を待っています。
川越まつり-3
川越まつり-4
川越まつり-5
氷川神社・神幸祭行列の一行が街中の巡行を終え市役所前に到着。
川越まつり-6
大勢の観客や太田道灌像が見詰めるなか式典が始まります。
川越まつり-7
まつりの開催にあたり舟橋川越市長のあいさつです。
川越まつり-8
まつり取材のため報道関係者、カメラマンが大勢詰めかけています。
川越まつり-9
川越まつり-10
川越まつり-11
川越まつり-12
式典終了後、ぞくぞくと山車が市役所前に集結、「山車揃え」 が行われます。
川越まつり-13
川越まつり-14
町内の子供たちもまつりの衣装を身に付け参加します。
川越まつり-15
まつりの衣装が良く似合うきれいなお二人です。
JUGEMテーマ:写真

 10月18日午後2時から川越市役所前で、氷川神社・神幸祭一行を迎えてまつり開会の式典が行われました。 市長のあいさつの中で、来年のNHKテレビ小説第80作目 「つばさ」 の舞台は、江戸の風情が今なお残る小江戸川越を中心に物語が展開しますとの報告がありました。 放送予定は平成21年3月30日(月)〜9月26日(土)全156回です。 放送を今から楽しみにしています。
| 2008年 川越まつり | 19:01 | comments(0) | - |
このページの先頭へ