質素な写真展示室

富士の裾野で、美しい日本の風景・お祭りや花などの写真を展示します。

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 和歌山の旅 その51 和歌浦散策 番所庭園
    miya (11/14)
  • 和歌山の旅 その51 和歌浦散策 番所庭園
    k-matsui (11/11)
  • 滋賀・長浜と彦根の旅 その55 清涼寺(彦根市)
    miya (10/29)
  • 滋賀・長浜と彦根の旅 その55 清涼寺(彦根市)
    五島 (10/26)
  • 小京都 人吉の旅 その19 犬童球渓
    miya (10/10)
  • 小京都 人吉の旅 その19 犬童球渓
    花田 淳 (10/09)
  • 坂本・比叡山延暦寺の旅 その9 庭園が美しい 「旧竹林院」
    上畑ナオミ (08/16)
  • 坂本・比叡山延暦寺の旅 その9 庭園が美しい 「旧竹林院」
    miya (08/09)
  • 坂本・比叡山延暦寺の旅 その9 庭園が美しい 「旧竹林院」
    上畑ナオミ (08/08)
  • 小京都 佐野の旅 その16 佐野市観光物産会館
    miya (02/15)
LINKS
PROFILE
箱根の新緑
箱根の新緑
箱根の新緑
箱根の新緑
ここは芦ノ湖 桃源台 キャンプ村で、もみじの新緑がきれいです。 秋の紅葉も素晴しい所です。 このような風景は一眼レフで三脚を構えじっくりと撮影したいものです。
芦ノ湖遊覧船
絢爛豪華な芦ノ湖遊覧船 「ビクトリー号」 です。
フロンティア号
航行する姿が華麗な外輪船「フロンティア号」です。
キキョウ
箱根園でキキョウの花がきれいでした。 キキョウ科の多年草。 夏秋の頃、茎の先端に青紫色または白色の美しい5裂の鐘形の花を開く。 秋の七草の一つ。 根は、咳・痰を鎮静、鎮痛解熱などの漢方生薬として利用される。
 『花言葉』・・・変わらぬ愛・気品・誠実・従順 です。
ホタルブクロ
至る所にホタルブクロが咲いています。 キキョウ科の多年草。 原野・路傍などに自生し、高さ30〜50cm。 夏、茎頂に淡い紫色の大きな鐘形花を数個下垂、そのさまが提灯(火垂る)に似る。 山地のものは紅紫色をおびる。 若芽は食用。
 『花言葉』・・・正義・貞節・愛らしさ・忠実 です。
色がきれいな花
名前がわかりませんが、草原で一際 色鮮やかな花です。

 7月7日・8日は家族で、箱根の温泉にひたりのんびりしてきました。 箱根園や桃源台で新緑や花がきれいです。 今回は家族旅行なので重い一眼レフと三脚は持参せず、コンパクトカメラ、キャノン Power Shot G7で撮影したものです。
 このG7は小さいながら高機能で良く写ります。 発色もきれいで筆者お気に入りのコンパクトカメラです。

 次回より引き続き 「小京都・足利の旅」 の写真展示をしますので見て下さい。
| 箱根めぐり | 19:08 | comments(2) | - |
箱根園に遊ぶ(8) 芦ノ湖遊覧船からの風景
芦ノ湖遊覧船からの風景です。
遊覧船から見た風景です。手前の建物は 『龍宮殿』 です。後方に駒ヶ岳山頂駅が望めます。
箱根神社です。
赤い鳥居は箱根神社です。
箱根関所跡です。
箱根関所跡です。

  芦ノ湖遊覧船から見た風景です。当日は終日好天に恵まれ、どの風景も新緑につつまれ素晴らしい光景です。時間があれば箱根関所跡や元箱根に下船し、名所・旧跡を散策できるのですが又の機会とします。
  その他、写真には撮れませんでしたが 「バーチャルライドシアター」 過激な動きで手に汗にぎるリアルな仮想空間の旅が体験できます。料金は大人子供均一料金で800円です。箱根園という入園料は要りませんが、各施設毎に入場料が必要です。色々お金がかかりますが、家族旅行には最適な場所です。 
  今回で 「箱根園に遊ぶ」 は終了します。
| 箱根めぐり | 19:15 | comments(0) | - |
箱根園に遊ぶ(7) 芦ノ湖遊覧
遊覧船です。
芦ノ湖を遊覧している 「海賊船 バーサ号」 です。
遊覧船です。
芦ノ湖を遊覧している 「海賊船 フロンティア号」 です。外輪船です。
遊覧船です。
箱根園→湖尻→箱根園、箱根園→箱根関所跡・元箱根をめぐる遊覧船です。

  箱根園から遊覧船に乗り芦ノ湖遊覧をしてきました。箱根園→箱根関所跡・元箱根をめぐり再び箱根園に戻る遊覧です。時間は約40分です。のんびりした芦ノ湖遊覧も楽しいものです。なお海賊船 バーサ号、フロンティア号は箱根町・元箱根ー桃源台間を運行しています。GWで大勢の観光客が楽しんでいます。
  ちなみに箱根園から出る遊覧船芦ノ湖巡りは大人1,330円、子供670円です。
| 箱根めぐり | 19:10 | comments(0) | - |
箱根園に遊ぶ(6) 芦ノ湖でボート遊びが出来ます。
芦ノ湖で遊べるボートです。
芦ノ湖の行楽に白鳥姿の足漕ぎボートです。右側の聖火台は1964年の国民体育大会に時に記念として造られたものです。左上に見える桜が 「大島桜」 です。
芦ノ湖にボートが似合います。
芦ノ湖に白鳥姿のボートが似合います。

  芦ノ湖は箱根山にある火口原湖。湖面標高725m。最大深度41m。周囲21km。面積7k屐H∈カルデラの外輪山と中央火口丘群の間にあり、早川により相模湾に排水されるほか、箱根用水として利用されています。
  富士箱根伊豆国立公園の箱根観光の中心地で、湖尻〜元箱根に遊覧船が通じています。
| 箱根めぐり | 19:22 | comments(0) | - |
箱根園に遊ぶ(5) 見事な一本桜≪大島桜≫です。
大島桜
芦ノ湖のほとりに見事な一本桜≪大島桜≫です。残念ながら下り7分の状態でした。
大島桜の花びらです。
淡い紅白色の素朴な大島桜の花びらです。
大島桜の幹です。
樹勢豊かな大島桜の幹です。

  芦ノ湖のほとりに立派な一本桜≪大島桜≫があります。残念ながら満開を過ぎ下り7分の状態でした。淡い紅白色の花が咲いています。見頃は4月下旬、その年の気温などで左右されそうです。こんな立派な桜の木があるとは今回箱根園に来て初めて知りました。来年この桜の満開時期に再度撮影をしたいものです。

【ミニ知識】
  大島桜・・・サクラの一種。伊豆七島に自生する。新葉の赤みがうすい。花が白色大形で美しいので各地で栽培。ソメイヨシノの片親とされる。(広辞苑より)
| 箱根めぐり | 19:05 | comments(0) | - |
箱根園に遊ぶ(4) 水族館を楽しむ!
箱根園水族館-1
海水館 大水槽で沢山の魚が遊泳しています。
箱根水族館-2
カラフルな魚達が泳いでいます。
箱根園水族館-3
エイも悠然と遊泳しています。
箱根園水族館-4
屋外水槽ではバイカルアザラシがのんびりと昼寝をしています。

  駒ヶ岳山頂での撮影を終え、下りのロープウェーに乗り箱根園に降りてきました。小田急バス運転手さん推薦の 「箱根プリンスパン工房・プリンスカフェ」 で早目の昼食。ここのパンは焼き立てで香りが良く柔らでとても美味しかったです。
  昼食後、 「箱根園水族館」 でのんびりと泳ぐ魚達を撮影しました。この水族館は高さ7m、1,255t のオープンエアーの大水槽で、200種20,000匹のカラフルな魚たちが太陽光を浴び、キラキラと群れで泳ぐ姿を見ることができます。のぞき窓が凸レンズになっているため迫力のある魚達を撮影することが出来ました。
  ちなみに箱根水族館の入場料金は大人1,300円、子供600円です。
| 箱根めぐり | 19:20 | comments(0) | - |
箱根園に遊ぶ(3) 不思議な白馬の伝説
箱根神社 元宮です。
雲一つ無い青空の下、箱根駒ヶ岳山頂にあります 「箱根神社 元宮」 です。
白馬の伝説 馬降石・馬乗石です。
白馬の伝説 馬降石・馬乗石です。山頂にこんなに大きい石があるのも不思議です。
日照りにも枯れない水です。
見えますか、日照りにも枯れない水です。
神奈川の景勝50選の碑です。
神奈川県の景勝50選の碑です。柵の眼下に芦ノ湖が見えます。

  箱根駒ヶ岳の山頂にあります 「箱根神社 元宮」 にお参りして、少し下った所に大きな石の 「白馬の伝説 馬降石・馬乗石」 があります。掲示板を読んでみますと
  『孝昭天皇の頃、聖占上人が山頂に神仙宮を祀り、修験の場所としました。今に残る馬降石・馬乗石はここに白馬が降りたとする名残りとしています。岩肌には馬の形が刻まれ、またそのヒズメのあとと伝えられるくぼみには、どんな日照りにも水が枯れたことがないといわれています。』 と書いてあります。
  背伸びして撮影しました 「枯れない水」 見えますか、たしかに晴天なのに小さな水溜りがありました。前日も雨は降っていなかったと思います。不思議な現象です。是非箱根駒ヶ岳に行く機会がありましたら確認して下さい。

  余談ですが、私の手元にあります昭和53年発行の 「新日本ガイド・伊豆 箱根 富士」 によりますと、その当時は山頂にスケートセンターやレストハウスがあると書いてありましたが、現在は営業していません。売店もロープウェーの山頂駅に土産屋さんがあるだけです。
  最盛期の駒ヶ岳山頂の賑わいをご存知の方はさびしいことでしょう。設備の老朽化も目に付きます。いつまでもロープウィーに乗って山頂からの素晴らしい景観を見たいものです。
| 箱根めぐり | 19:12 | comments(2) | - |
箱根園に遊ぶ(2) 駒ヶ岳から見る雄大な富士山です。
駒ヶ岳山頂 表示版
富士箱根伊豆国立公園 海抜1,327m 箱根駒ヶ岳の表示版と富士山です。
雄大な富士山です。
海抜1,327mの地点から雄大な富士山を撮影できることに感動します。

  一枚目の写真は駒ヶ岳から撮影した証拠写真です。表示板と富士山にピントを合わせるためワイド域17mmで撮影しました。レンズの関係で冨士山が遠くに見えますが実際は間近に見えます。二枚目の写真は望遠域76mmで撮影した富士山です。初めてこの地に立って、雄大な富士山を撮影できたことは本当にラッキーでした。

【ミニ知識】 富士箱根伊豆国立公園
  富士箱根伊豆国立公園は、昭和11年2月1日に富士箱根国立公園として指定されました。その後昭和30年3月15日に伊豆地区が編入し、 「富士箱根伊豆国立公園」 と現在の名称に変更されました。さらに昭和39年7月7日には、伊豆諸島が編入されました。
  本公園は、日本一の標高を誇る富士山(3,776m)、東海道の関所で有名な箱根、昔からの温泉と変化に富む海岸風景で名高い伊豆半島及び活火山で有名な大島や三宅島などの伊豆七島から成り、神奈川県、静岡県、東京都、山梨県の1都3県にまたがった広大な敷地を有します。(HPより)
| 箱根めぐり | 19:17 | comments(0) | - |
箱根園に遊ぶ(1) 眼下に芦ノ湖が見えます。
箱根駒ヶ岳ロープウェー
箱根駒ヶ岳ロープウェーです。100人程乗れるゴンドラです。
駒ヶ岳ロープウェー山頂駅
海抜1,327mの駒ヶ岳ロープウェー山頂駅です。
眼下に芦ノ湖です。
駒ヶ岳山頂より眼下に芦ノ湖が見えます。湖の左手が元箱根です。

  今回から5月のGWに箱根園で撮影しました写真を展示します。時期的に遅い写真もありますが何かの参考になれば幸いです。
  撮影した日は五月晴れで絶好の撮影日和でした。箱根園に到着後、最初に箱根駒ヶ岳ロープウェーに乗り7分で海抜1,327mの駒ヶ岳山頂に到着。山頂から芦ノ湖、箱根外輪山、そして眼前に迫る冨士山の雄大なパノラマを見てきました。
  ちなみにロープウェーの料金往復大人1,050円 子供530円です。
| 箱根めぐり | 19:20 | comments(0) | - |
箱根湿生花園(3) 一輪草と二輪草の違い
いちりん草
これが一輪草です。 特徴は花柄を1本出して白い花を開く。
にりん草
この花が二輪草です。 特徴は花柄が2本出して白い花を開く

  一輪草(いちりんそう)
キンポウゲ科の多年草。各地の草地に自生。観賞用にも栽培。茎の高さ約20cm。葉は三回三出の複葉で、小葉には深い切れ目がある。春、約10cmの花柄を出し、微紅紫色を帯び、梅花に似た花を1輪開く。   花言葉・・・「追憶」

  二輪草(にりんそう)
キンポウゲ科の多年草。茎は柔軟で、高さ10cm〜20cm、根生葉は掌状に深裂。4月〜5月頃、普通2本の長花柄をでし、白花を開く。山地にしばしば群生し鑑賞用にも栽培。   花言葉・・・「友情」「協力」

  咲いている白い花だけを見ていると一輪草と二輪草の区別がつきませんでした。花に詳しい人に聞いて判明、区別がつくよう特徴をとらえて撮影しました。ご存知ない方、是非この機会に覚えてください。
| 箱根めぐり | 19:12 | comments(0) | - |
このページの先頭へ