質素な写真展示室

富士の裾野で、美しい日本の風景・お祭りや花などの写真を展示します。

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
福岡(博多)&平戸の旅 その53 平戸市(8) 松浦史料博物館 展示品(2)
松浦史料博物館-18
松浦史料博物館-19
松浦法印鎮信肖像
松浦史料博物館-20
松浦史料博物館-21
松浦棟肖像
松浦史料博物館-22
松浦史料博物館-23
平戸城再築願控図
松浦史料博物館-24
松浦史料博物館-25
山鹿素行肖像
松浦史料博物館-26
松浦史料博物館-27
山鹿素行陣羽織
松浦史料博物館-28
松浦史料博物館-29
松浦静山坐像

JUGEMテーマ:写真

 松浦史料博物館 長崎県平戸市鏡川町にある旧平戸藩主松浦家と平戸の歴史に関する史料を収蔵した長崎県の登録博物館。建物は、長崎県指定有形文化財となっています。主な収蔵史料は、松浦家伝来の武具や松浦家歴代当主画像、絵画、蒔絵、茶道ほか、什器・文書・図書類合わせておよそ12,500点にのぼります。
| 福岡(博多)&平戸の旅 | 19:00 | comments(0) | - |
福岡(博多)&平戸の旅 その52 平戸市(7) 松浦史料博物館 展示品(1)
松浦史料博物館-1
松浦史料博物館-2
平戸市鏡川町にある「松浦史料博物館」
松浦史料博物館-3
松浦史料博物館-4
博物館入口に立つ「松浦隆信」像
松浦史料博物館-16
松浦史料博物館案内図
松浦史料博物館-5
展示場 千歳館
松浦史料博物館-6
松浦史料博物館-7
葉菊青山銭紋散花亀甲蒔絵女乗物
松浦史料博物館-8
欄間に掛かる彫物
松浦史料博物館-9
海老香炉・台(江戸時代) 平戸城内の居間に正月と来客時のみ飾られた伊勢海老を模した香炉。
松浦史料博物館-10
松浦史料博物館-11
船幟(伝 八幡船の旗)
松浦史料博物館-12
松浦史料博物館-13
吉田松陰持参茶碗
松浦史料博物館-14
平戸焼(三川内焼)
松浦史料博物館-15
松浦史料博物館-16
田付(たつけ)流百目碗

JUGEMテーマ:写真

 松浦隆信(まつうら たかのぶ)1529―1599 戦国〜安土桃山時代の大名。肥前守。剃髪して道可と号した。キリシタン弾圧を行うかたわら、天文19(1550)年にはポルトガル船を平戸に迎え貿易を行った。永禄年間(1558〜1570)北松浦半島を征服し、天正15(1587)年には船を率いて豊臣秀吉の島津征伐に従った。天正16年加藤清正に従って肥後の佐々成政の乱平定に参加し、志岐城を陥れた。
| 福岡(博多)&平戸の旅 | 20:01 | comments(0) | - |
福岡(博多)&平戸の旅 その51 平戸市(6) 平戸ザビエル記念教会
ザビエル記念教会-1
ザビエル記念教会-2
ザビエル記念教会-3
ザビエル記念教会-4
ザビエル記念教会-5
ザビエル記念教会-6
ザビエル記念教会-7
ザビエル記念教会-8
ネオゴシック様式の平戸ザビエル記念教会 
ザビエル記念教会-9
ザビエル記念教会-10
寺院に重なるように天主堂の尖塔がそびえる風景

JUGEMテーマ:写真

 平戸ザビエル記念教会 平戸市鏡川町にある、柔らかな印象漂うモスグリーンの教会。昭和6年(1931)に建設された教会。正面中央に大塔、左にのみ小塔を配したアシンメトリーな外観が特徴。献堂40周年を記念してフランシスコ・ザビエル像が建てられ、偉業を讃えています。西肥バス平戸市役所前バス停から徒歩10分。拝観料無料。8〜16時(ミサの時は見学不可)。
 平戸を象徴する和洋混在の風景「寺院と教会の見える風景」は、市街西部の高台に立つ平戸ザビエル記念教会を目指し、石畳の階段や坂の続く道を上っていくと出会える風景。教会と寺院が混在する平戸らしい風景の一つとなっています。カメラに収めたいビュースポットです。
| 福岡(博多)&平戸の旅 | 20:24 | comments(0) | - |
福岡(博多)&平戸の旅 その50 平戸市(5) 街中の風景
平戸-1
平戸-2
平戸-3
平戸 街中の風景
平戸-5
平戸-6
平戸-7
県史跡 六角井戸
平戸-8
平戸-9
大蘇鉄
平戸-10
石垣

JUGEMテーマ:写真

 平戸市(ひらどし)は、長崎県北西部の平戸島とその周辺を行政区域とする市。長崎最西端の市です。中心の平戸地区は旧平戸藩松浦氏の城下町で、鎖国前はポルトガル、オランダなどとの国際貿易港だった。現在の平戸市は、2005年10月に(旧)平戸市と周辺の北松浦郡田平町・生月町・大島村とが合併して発足したもの。
| 福岡(博多)&平戸の旅 | 20:00 | comments(0) | - |
福岡(博多)&平戸の旅 その49 平戸市(4) オランダ井戸・塀
焼罪史跡公園-1
平戸から見る対岸の平戸市田平町(たびらちょう)、中央の建物は「サムスンホテル」。
焼罪史跡公園-2
サムソンホテル前にある「焼罪史跡公園」。
オランダ井戸-1
 オランダ井戸 大小二つに区切られ、山側の小さな井戸は商館厨房などで使用され、海側の大きな井戸からの水はオランダ船へ多量に運ばれたとされておる。平戸英国商館設置400周年記念事業
オランダ井戸-2
オランダ井戸-3
海側の大きな井戸
オランダ井戸-4
山側の小さな井戸
オランダ井戸-5
 オランダ井戸 オランダ井戸は、和蘭商館時代から残存する数少ない遺構の一つです。二つの部分からなり、北側(山側)は内部を礫状玄武岩で円形に、南側(海側)は板状玄武岩で方形に築かれています。方形の構築法は、西洋のレンガブロック積みの応用と考えられ、平戸でもここだけしか見ることができません。この井戸は、深さ約8mあり、海岸の近くに位置しますが、海水の侵入はありません。平戸市教育委員会
オランダ塀-1
オランダ塀-2
オランダ塀-3
オランダ塀

JUGEMテーマ:写真

 キリスト教関連遺産 焼罪史跡公園(やいざしせきこうえん)は、宣教師を殉教した悲しい聖地。元和8年(1622)、厳しい弾圧によりイタリア人宣教師、カミロ・コスタンツォ氏がこの地で火あぶりの刑に処せられ、以降、聖地として「殉教の碑」が立てられました。信仰の歴史と人々の祈りの心を感じる遺産です。
| 福岡(博多)&平戸の旅 | 19:00 | comments(0) | - |
福岡(博多)&平戸の旅 その48 平戸市(3) オランダ商館(2) 展示品、オランダ埠頭
オランダ商館-1
オランダ商館-2
オランダ商館展示 リーフデ号の漂着
オランダ商館-3
オランダ商館-4
クノル家家族の肖像画
オランダ商館-5
オランダ商館-6
館内の風景
オランダ商館-7
オランダ商館-8
オランダ船の錨
オランダ埠頭-1
オランダ埠頭-2
オランダ埠頭

JUGEMテーマ:写真

 平戸オランダ商館 1609年(慶長14年)、オランダとの正式国交が開かれた時に平戸に設置され、ヤックス・スペックスが初代商館長となった。民家72戸分を立ち退かせて建設した。1628年タイオワン事件で一時閉鎖されたが、1632年に再開。しかし1640年、建物の破風に西暦年号が記されているのを口実に江戸幕府はオランダ商館の取り壊しを命じ、当時の商館長フランソワ・カロンがこれを了承、1641年に長崎の出島に移転した。以後、幕末に至るまでオランダ船の発着、商館員の居留地は出島のみに限定された。(フリー百科事典・ウィキペディアより)
| 福岡(博多)&平戸の旅 | 22:13 | comments(0) | - |
福岡(博多)&平戸の旅 その47 平戸市(2) 平戸オランダ商館
オランダ商館-1
オランダ商館・海の遊歩道
オランダ商館-2
平戸オランダ商館1639年築造倉庫(復元)
オランダ商館-3
オランダ商館-4
荷揚げ装置
オランダ商館-5
オランダ商館 受付
オランダ商館-6
オランダ商館-7
館内展示品・オランダ船船首飾り木造
オランダ商館-8
オランダ商館-9
オランダ商館-10
豊臣秀吉キリシタン禁制定書(バテレン追放令)

JUGEMテーマ:写真

 平戸オランダ商館 海沿いに立つ白壁の建物が平成23年に復元されたオランダ商館の倉庫。外観や構造はオランダ、屋根など一部は日本の建築の技術が使われた和洋折衷の建物です。館内では平戸とオランダの交易の歴史を伝える。往時の姿をそのまま伝える建造物・平戸オランダ商館は絶好の被写体です。
| 福岡(博多)&平戸の旅 | 19:00 | comments(0) | - |
福岡(博多)&平戸の旅 その46 平戸市(1) 平戸桟橋
平戸-1
平戸-2
佐世保駅バスターミナル 7:40発 平戸行を待っています。
平戸-3
渡る平戸大橋
平戸-4
車窓からの風景
平戸-5
9:12着 平戸桟橋
平戸-6
平戸桟橋から見える平戸城
平戸-7
桟橋にある平戸市出身 藤浦洸の歌碑
平戸-8
ようこそ平戸へ
平戸-9
平戸市観光交通ターミナル
平戸-10
平戸市観光案内所

JUGEMテーマ:写真

 福岡(博多)の写真展示を終え、次の旅 平戸市の写真展示を行います。 佐世保駅バスターミナル7:40発のバスに乗り9;12平戸桟橋着 9:30出発の平戸・街歩き『さるくツアー』に参加 地元ガイドで、ゆっくり街歩き観光を楽しみます。約2km 90分を地元ガイドの説明を聞きながら3倍面白いツアーです。
| 福岡(博多)&平戸の旅 | 19:42 | comments(0) | - |
福岡(博多)&平戸の旅 その45 福岡市 福岡城跡 下之橋御門
舞鶴公園
舞鶴公園
県指定文化財-1
県指定文化財-2
県指定文化財 旧母里太兵衛(もりたへい)邸長屋門
県指定文化財-3
県指定文化財-4
県指定文化財 (伝)潮見櫓
県指定文化財-5
潮見櫓と下之橋御門
県指定文化財-6
瓦模様が美しい路面
県指定文化財-7
石垣模様
県指定文化財-8
県指定文化財-9
県指定文化財-10
下之橋御門
県指定文化財-11
潮見櫓と下之橋御門

JUGEMテーマ:写真

 下之橋御門(しものはしごもん)県指定文化財(昭和31年4月3日指定)
 福岡城は、福岡藩初代藩主黒田長政によって、慶長6年(1601)から7年かけて築かれました。城内への門は、堀に架かる3つの橋、上之橋(かみのはし)・下之橋(しものはし)・追廻橋(おいまわしばし)にそれぞれあり、このうち下之橋を渡って入る門がここ下之橋御門(下の橋大手門)です。
 現在の門は文化2年(1805)に建てられましたが、明治時代に上層部を失い、長く一層のままでした。平成12年(2000)に不審火によって被災したため、復旧に向けた調査研究を行い、同20年二層櫓門として復原しました。
 門の上層部は、部材に残る痕跡・発掘調査成果・絵図・文献史料などにより、その規模、北側の下屋の様子、柱の立つ位置、外壁の漆喰壁などが明らかになりました。また直接の資料を欠く部分は、上之橋御門(上の橋大手門)の古写真や本丸表御門(現・崇福寺山門)などを参考にしました。
 この復原は専門家で構成する「福岡城跡建造物等復原整備検討委員会」で検討されたものです。これとは異なった復原案も提案されましたが、現段階でより蓋然性が高いと判断された本案を採用しました。
                      平成20年11月 福岡市教育委員会(下之橋御門の案内板より引用)
| 福岡(博多)&平戸の旅 | 19:00 | comments(0) | - |
福岡(博多)&平戸の旅 その44 福岡市 舞鶴公園
舞鶴公園-1
舞鶴公園-2
舞鶴公園ぼたん・しゃくやく園
舞鶴公園-3
園内案内図
舞鶴公園-4
舞鶴公園-5
舞鶴公園-6
撮影時(2018.10.4)の園内の風景
舞鶴公園-7
舞鶴公園-8
黒田如水公御鷹屋敷跡
舞鶴公園-9
黒田如水公隠居地(三ノ丸御鷹屋敷)跡
舞鶴公園-10
平和台陸上競技場
平和台陸上競技場

JUGEMテーマ:写真

 黒田孝高(よしたか・官兵衛、如水)[1546―1604]は、戦国時代から江戸時代初期にかけて活躍した播磨国姫路(兵庫県姫路市)出身の武将で、初代福岡藩主黒田長政の父です。はじめ姫路の戦国武将小寺氏に仕えましたが、のちに羽柴秀吉に従い、参謀役を務め秀吉を支えました。関ヶ原の戦いでは息子の長政が東軍を勝利に導く活躍をし、筑前国ほぼ一国を領す大大名となり、福岡城を築きます。孝高もその晩年は福岡城や大宰府で過ごしました。
 貝原益軒が著した「筑前国続風土記」の記述に従えば、如水の隠居地は現在のここ「牡丹・芍薬園」にあったと推測されます。[黒田如水公隠居地(三ノ丸御鷹屋敷)跡]の案内板より引用
| 福岡(博多)&平戸の旅 | 19:03 | comments(0) | - |
このページの先頭へ