質素な写真展示室

富士の裾野で、美しい日本の風景・お祭りや花などの写真を展示します。

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 第63回 熱海梅園梅まつり(9) 中山晋平記念館
    miya (09/06)
  • 第63回 熱海梅園梅まつり(9) 中山晋平記念館
    純ちゃん (09/02)
  • 和歌山の旅 その51 和歌浦散策 番所庭園
    miya (11/14)
  • 和歌山の旅 その51 和歌浦散策 番所庭園
    k-matsui (11/11)
  • 滋賀・長浜と彦根の旅 その55 清涼寺(彦根市)
    miya (10/29)
  • 滋賀・長浜と彦根の旅 その55 清涼寺(彦根市)
    五島 (10/26)
  • 小京都 人吉の旅 その19 犬童球渓
    miya (10/10)
  • 小京都 人吉の旅 その19 犬童球渓
    花田 淳 (10/09)
  • 坂本・比叡山延暦寺の旅 その9 庭園が美しい 「旧竹林院」
    上畑ナオミ (08/16)
  • 坂本・比叡山延暦寺の旅 その9 庭園が美しい 「旧竹林院」
    miya (08/09)
LINKS
PROFILE
山口の旅 その127(完) 長門市 仙崎(11) 青海島 ・ 金子みすゞ像

JUGEMテーマ:写真

海上アルプス-1
青海島 ・ 海上アルプス
海上アルプス-2
海蝕による岩の造形
海上アルプス-3
こんなところに釣り人!
海上アルプス-4
海上アルプス-5
海上アルプス見どころのひとつ 「男性観音」
海上アルプス-6
海上アルプス-7
海蝕によってできた洞穴
海上アルプス-8
海上アルプス-9
美しい岩肌を見ながら遊覧船発着場へ
青海大橋
青海大橋
花のかんむり
花のかんむり像
みすゞさんが愛した町
みすゞさんがこよなく愛した町 ・ 仙崎
金子みすゞ像
青海島遊覧船のりば前にある 「金子みすゞ像」 と 詩碑 「大漁」

 青海島観光基地から出航する観光クルージング。 自然が造り出す岩の造形美・海上アルプス、海蝕によって造りだされた洞穴、奇岩の数々に感動します。 天候に恵まれれば一周コース ・ 石門、大門、仏岩、十六羅漢、島見門などダイナミックな自然美が楽しめます。 仙崎駅の金子みすゞから始まった仙崎の散策も、遊覧船のりば前の金子みすゞ像で終わりです。

 127回を数える 「山口の旅」 も今回で終了です。 山口、萩、秋芳洞、防府、岩国、下関、長府、仙崎と見どころ満載の旅、記憶に残る感動の旅でした。 読者の皆様方に少しでも旅の気分を味わっていただければ幸いです。 次回より、2015年10月5日〜9日に撮影しました 「和歌山の旅」 を写真展示します。 見て下さい。
| 山口の旅 仙崎編 | 19:00 | comments(0) | - |
山口の旅 その126 長門市 仙崎(10) 青海島 ・ 海上アルプス

JUGEMテーマ:写真

海上アルプス-1
風が強いため、船窓越しに青海島の海上アルプスを撮影
海上アルプス-2
海上アルプス-3
絵になる風景、三角岩が中央に来るのを待って撮影したもの。
海上アルプス-4
船窓越しにみる岩の造形
海上アルプス-5
海上アルプス-6
海上アルプス-7
海上アルプス-8
海上アルプス-9
自然が造った岩の芸術品
海上アルプス-10
青海島 ・ 海上アルプスの見どころのひとつ 「夫婦洞」
海上アルプス-11
遊覧船が夫婦洞の中へ
海上アルプス-12
近くで見る岩肌は黄金色!
海上アルプス-13
遊覧船が撮影のため一時停船、「夫婦洞」 のベストショット !

 長門市が誇る海の景勝地で、仙崎と青海大橋で繋がる北長門海洋国定公園 ・ 青海島。 周囲40km断崖絶壁や奇岩が織りなす海上のアルプスと呼ばれるダイナミックな自然美を観光船 ・ れいんぼう号で遊覧。 自然が造り出す造形美に感動、時間を忘れます。 撮影当日は、風が強く一部船窓越しでの撮影でしたが、一度は見たいお勧めの遊覧です。
| 山口の旅 仙崎編 | 19:01 | comments(0) | - |
山口の旅 その125 長門市 仙崎(9) 青海島シーサイドスクエア
JUGEMテーマ:写真
青海島シーサイドスクエア-1
親子鯨の像、仙崎は 「日本近代式捕鯨発祥の地」 です。
青海島シーサイドスクエア-2
青海島シーサイドスクエア
青海島シーサイドスクエア-3
青海島シーサイドスクエア-4
立派な石の塔がそびえています。
青海島シーサイドスクエア-5
ショップ青海島 ・ 観光船のりば
観光船-1
海上アルプス青海島 観光船のりば
観光船-2
観光船 ・ れいんぼう号、今回乗船した観光船
観光船-3
観光船-4
観光船・シータス号観光船-5
観光船から見る風景 ・ 海鳥たちの楽園
観光船-6
観光船、青海大橋の下をくぐります。
観光船-7
青海島の風景
観光船-8
仙崎八景のひとつ 「花津浦」
観光船-9
花津浦観音、中央左端の岩が観音様に見えます。

 みすゞ公園頂上からの絶景を楽しんだ後は、青海島シーサイドスクエアから観光船に乗って、海上アルプス 「青海島」 を周遊します。 当日、残念ながら風の影響で一周コースは運休、観音堂コースを楽しんできました。

 青海島は周囲40kmで、北長門海岸国定公園の中心部にあります。 波静かな仙崎湾は、湖水のごとく女性的であるのに、反対側は断層、洞穴、石柱など海触によって岩肌の色が変化に富み、大自然がかもす大芸術的光景は全く趣を異にし男性的魅力があり、まさに海上アルプスの名のとおりです。(青海島リーフレットより)
| 山口の旅 仙崎編 | 19:00 | comments(0) | - |
山口の旅 その124 長門市 仙崎(8) みすゞ公園
JUGEMテーマ:写真
みすゞ公園-1
道路表示 「みすゞ公園」
みすゞ公園-2
みすゞのふるさと仙崎案内板、上部に青海島、みすゞ通り、そして現在地。
みすゞ公園-3
みすゞ公園-4
裏面には、金子みすゞ詩碑 「わたしと小鳥とすずと」
みすゞ公園-5
わたしと
みすゞ公園-6
小鳥と
みすゞ公園-7
すずと
みすゞ公園-8
 みすゞ公園 童謡詩人 金子みすゞ
 本名は金子テルといいます。 明治36年(1903年)4月11日、山口県仙崎村(今の長門市)に生まれました。 20才の時から、下関の書店で店番をしながら童謡を書き始め、ペンネーム 「みすゞ」 で雑誌 「童謡」 などに 「お魚」 「大漁」 など次々と作品を投稿しました。
 大正末期の童謡界に彗星のように現われ、その才能を詩人西条八十に 「若き童謡詩人中の巨星」とまで賞賛、期待されながら昭和5年(1930年)3月10日、26才の若さでこの世を去りました。 その後、半世紀を経て、童謡詩人の矢崎節夫氏の献身的な努力によって512遍の遺稿集が見つかり、金子みすゞ全集として出版されました。 その優しさに貫かれた詩句の数々は、多くの人々の心に感動を与えています。 
みすゞ公園-9
みすゞ詩碑 「さくらの木」
みすゞ公園-10
みすゞ詩碑 「波の橋立」
みすゞ公園-11
頂上までの階段
みすゞ公園-12
丘の上展望台
みすゞ公園-13
みすゞ詩碑 「丘の上で」
みすゞ公園-14
みすゞ公園-15
みすゞ公園展望台からの眺望、仙崎湾と青海島が一望できる大パノラマ!

 長門市仙崎白潟にある 「みすゞ公園」、階段を登って頂上までたどり着くと、仙崎湾と青海島が一望できる絶景に出会えます。 頂上には 「丘の上で」 の詩碑をはじめ、「わたしと小鳥とすずと」 など、園内には全部で6基の詩碑が点在しています。
| 山口の旅 仙崎編 | 19:00 | comments(0) | - |
山口の旅 その123 長門市 仙崎(7) 仙崎湾の風景 ・ 八坂神社
JUGEMテーマ:写真
仙崎湾の風景-1
仙崎湾の風景
仙崎湾の風景-2
仙崎湾の風景-3
海外引揚げ上陸跡地
仙崎湾の風景-4
県道を左に折れて進むと美しい 「弁天大橋」。
仙崎湾の風景-5
異国情緒漂う風景です。
仙崎湾の風景-6
仙崎湾の風景-7
仙崎湾の風景を愛でながら、魚釣りが楽しめる市民の憩いの場。
八坂神社-1
仙崎八景のひとつ 「八坂神社(祇園社)」。
八坂神社-2
八坂神社(元県社)畧誌
八坂神社-3
荘厳な境内参道
八坂神社-4
手水舎
八坂神社-5
朱色が鮮やかな八坂神社社殿
八坂神社-6
八坂神社扁額
八坂神社-7
金子みすゞの詩 「祇園社」。

 青海島の王子山公園からの眺望を満喫し、これより県道仙崎港線を散策しながら、仙崎白潟にある 「みすゞ公園」 へ向かいます。 途中、長閑で美しい仙崎湾の風景と仙崎八景のひとつ厳かな 「八坂神社(祇園社)」 を参拝してきました。
 八坂神社は、奈良時代、吉備真備が遣唐使として当時の中国にあるとき、スサノオノミコトが自分を守るのを感じ、天平5年(733)日本に帰る際にこの地に祀ったのが始まりといわれています。
| 山口の旅 仙崎編 | 19:00 | comments(0) | - |
山口の旅 その122 長門市 仙崎(6) 青海大橋 ・ 王子山公園
JUGEMテーマ:写真
青海大橋-1
青海島への唯一の橋 「青海大橋(おおみおおはし)」。
青海大橋-2
「青海大橋」 の文字
青海大橋-3
「仙崎瀬戸」 の文字
青海大橋-4
ゆるやかに上る 「青海大橋」。
青海大橋-5
橋脚に座る 「子供の像」。
王子山公園-1
王子山公園-2
橋を渡りきると直ぐにある 「王子山公園」 の案内板
王子山公園-3
仙崎出身の俳人 「白潟思月」 の歌碑。 「春風や 尼を乗せたる 渡し舟」
王子山公園-4
公園に設置された 「王子山展望図」
王子山公園-5
王子山公園-6
公園にある金子みすゞの詩碑 「王子山」
王子山公園-7
王子山公園-8
公園から眺望、仙崎瀬戸を挟んで仙崎の町が一望できます。
 木(こ)の間(ま)に光る銀の海、わたしの町はそのなかに、龍宮みたいに浮んでる。
王子山公園-9
この時期、公園には山茶花(さざんか)の花が咲いています。(2015・11・30撮影)

 「仙崎ええとこ探検マップ」 のモデルコースは、仙崎駅→金子みすゞ記念館→遍照寺→旧渡し場→王子山公園の約1.8km。 青海島にある王子山公園は、昭和40年に開通した「青海大橋」 を渡って直ぐのところにあります。 童謡詩人・金子みすゞが、「仙崎八景」 のひとつとして詠った詩 「王子山」 の情景を想い浮かべることができる場所です。 みすゞが生まれた4月には、桜の花見で賑わいます。
| 山口の旅 仙崎編 | 19:00 | comments(0) | - |
山口の旅 その121 長門市 仙崎(5) みすゞ通り 金子みすゞの詩
JUGEMテーマ:写真
みすゞ通り-1
みすゞ通り-2
みすゞの詩 「鯨捕り」
みすゞ通り-3
みすゞ通りに立つ掲示板 「日本近代式捕鯨発祥の地」。
みすゞ通り-4
 商店の壁画、みすゞの詩 「花津浦(はなづら)」。
 浜で花津浦眺めてて 「むかし、むかし」 と ききました。
 浜で花津浦みる度に こころさみしく おもい出す。
 「むかし、むかし」 と 花津浦の その名の所縁(いわれ)きかされた
 郵便局の小父さんは どこでどうしているのやら。
 あのはなづらの はな越えて、 お船はとおく 消えました。
 いまも、入日に海は燃え、 いまもお船は沖をゆく。
 「むかし、むかし」よ、 花津浦よ、 みんなむかしになりました。
みすゞ通り-5
みすゞの詩 「おはじき」
みすゞ通り-6
みすゞの詩 「空の鯉」
みすゞ通り-7
みすゞの詩 「紋附き」
みすゞ通り-8
みすゞ通りの終点 「旧渡し場」、青海島(おおみじま)への、渡船の発着場があった処。
みすゞ通り-9
みすゞの詩 「瀬戸の雨」
みすゞ通り-10
道路標識
青海島-1
旧渡し場より見る 「青海島」 の風景。
青海島-2
青海島への唯一の橋 「青海大橋」。

 JR仙崎駅から全長約1kmの 「みすゞ通り」、途中で脇道に入り金子みすゞの詩を撮影してきました。 通りには記念館や巨大な壁画など、みすゞゆかりスポットが数多く並び、みすゞファンにとっては必見の地です。
| 山口の旅 仙崎編 | 19:00 | comments(0) | - |
山口の旅 その120 長門市 仙崎(4) プロジェクトM20000
JUGEMテーマ:写真
巨大な壁画-1
 金子みすゞの巨大壁画 正面と左右それぞれで絵の内容が変わります。 右側から見ると女学校時代のみすゞと青海島の景色。 左側から見ると20歳のころのみすゞと王子山公園から見た仙崎の風景。
巨大な壁画-2
この巨大な壁画はメッセージが書かれた約2万枚の木片ピースによって制作。
プロジェクトMギネス
 「プロジェクトMギネス」 この絵は12万枚の笑顔写真(L版)、大きさは縦42m、横32m、枚数・大きさともにギネス記録。 写真収集に約9ヶ月間かかり、平成21年(2009)12月31日に約220名の市民ボランティアと約6時間の時間をかけて制作。2010年1月8日にはギネス公式認定員を迎え、正式にギネス記録に認定。
プロジェクトM20000-1
プロジェクトM20000 かまぼこ板2万枚のモザイク画
プロジェクトM20000-2
展示館入口
プロジェクトM20000-3
プロジェクトM20000の説明
プロジェクトM20000-4
ライトアップされた展示館内部。
プロジェクトM20000-5
プロジェクトM20000-6
金子みすゞの詩 「大漁」 が描かれています。
プロジェクトM20000-7
かまぼこ板に書かれたメッセージ

 金子みすゞは明治36年(1903)に仙崎で誕生し、20歳のころから童謡詩を創作。 26歳でこの世を去るまで、故郷の風景を詠んだ詩を数多く残しました。 近年、CMに 「こだまでしょうか」 の詩が起用され再び注目を集めています。

        こだまでしょうか
     「遊ぼう」 っていうと 「遊ぼう」 っていう。
     「馬鹿」 っていうと 「馬鹿」 っていう。
     「もう遊ばない」 っていうと 「遊ばない」 っていう。
     そうして、あとで さみしくなって、
     「ごめんね」 っていうと 「ごめんね」 っていう。
     こだまでしょうか、いいえ、誰でも。
| 山口の旅 仙崎編 | 19:00 | comments(0) | - |
山口の旅 その119 長門市 仙崎(3) 遍照寺・金子みすゞの墓所
JUGEMテーマ:写真
みすゞ通り-1
みすゞ通りにある 「金子みすゞ記念館」 前に設置された壁画 「私と 小鳥と 鈴と」。

 私が両手をひろげても、お空はちっとも飛べないが、
 飛べる小鳥は私のように、地面(じべた)を速くは走れない。
 
 私がからだをゆすっても、きれいな音は出ないけど、
 あの鳴る鈴は私のように、たくさんな唄は知らないよ。

 鈴と、小鳥と、それから私、みんなちがって、みんないい。

みすゞ通り-2
みすゞ通りの風景 「角の乾物屋」。

 角の乾物屋の わがもとの家、まことにかくありき
 角の乾物屋の塩俵、日ざしがかっきり もうななめ。
 二軒目目の空家の空俵、捨て犬ころころ もぐれてる。
 三件目の酒屋の炭俵、山から来た馬 いま飼葉。
 四軒目の本屋の看板の、かげから私は ながめてた。

みすゞ通り-3
みすゞ通り-4
通りの風景
みすゞ通り-5
みすゞ通り-6
極楽寺 境内にある地蔵尊は享保年間、大火・天災が続いたため、魔除けとして安置されています。
みすゞ通り-7
通りに掲示されている、みすゞの詩 「あらしの夜」。
みすゞ通り-8
みすゞ通りに面してある 「遍照寺」。
みすゞ通り-9 
入口に立つ石碑
みすゞ通り-10
遍照寺
みすゞ通り-11
金子みすゞの墓
みすゞ通り-12
遍照寺の境内にある金子みすゞの詩碑 「こころ」。

 お母さまは 大人で大きいけれど お母さまの おこころはちいさい。
 だって、お母さまはいいました、ちいさい私でいっぱいだって。
 私は子供で ちいさいけれど、ちいさい私の こころは大きい。
 だって、大きいお母さまで、まだいっぱいにならないで いろんな事をおもうから。
                                  金子みすゞ

 金子みすゞの故郷・仙崎にある 「みすゞ通り」、全長約1kmには巨大な壁画や掲示板がいっぱいです。 出来る限り撮影しブログで紹介します。 彼女の詩に織り込まれた情景をたどりながら、古くから漁業で栄えた仙崎の町を歩いてみたいと思います。
| 山口の旅 仙崎編 | 19:00 | comments(0) | - |
山口の旅 その118 長門市 仙崎(2) 金子みすゞ記念館
JUGEMテーマ:写真
みすゞ通り-1
仙崎駅前に立つ案内板 金子みすゞ記念館までこれより300m。
みすゞ通り-2
みすゞ通り-3
駅前より真っ直ぐのびる 「みすゞ通り」。
みすゞ通り-4
 明治43年(1910)、みすゞが通った小学校跡。
 仙崎 「みすゞ通り」 仙崎が生んだ童謡詩人金子みすゞは矢崎節夫氏の熱意ある発掘によりよみがえりました。 みすゞの童謡はやさしくあたたかい心底深い詩心にあふれています。 みすゞの生家や墓所をはじめゆかりの場所が多く点在しているこの通りを 「みすゞ通り」 と名づけます。 平成3年5月 金子みすゞ顕彰会
みすゞ通り-5
通りに掲示されている、金子みすゞみすゞの詩 「海の果」。
金子みすゞ記念館-1
記念館入口
金子みすゞ記念館-2
金子文英堂 金子みすゞの実家跡に書店 「金子文英堂」 を再現したもの。
金子みすゞ記念館-3
みすゞが20歳までを過ごした場所です。 みすゞが子供の頃、金子家は仙崎で書店を営んでいました。
金子みすゞ記念館-4
美しい詩人 金子みすゞ
金子みすゞ記念館-5
古びた柱時計
金子みすゞ記念館-6
二階に復元された 「みすゞの部屋」。

 童謡詩人 金子みすゞ
 日本の童謡の隆盛期、大正後期に彗星のようにあらわれた美しい詩人金子みすゞ。 みすゞは詩人西条八十に 「若き童謡詩人の中の巨星」 と称賛されましたが、26歳の若さでこの世を去り、いつしか 「幻の童謡詩人」 と語り継がれるようになりました。
 半世紀をへた昭和57年、矢崎節夫氏の 《みすゞ探し》 の結果、手書きの三冊の童謡集が、弟上山雅輔氏の手元にあることがわかり 『金子みすゞ全集』 として出版、みすゞ甦りが始まったのです。
 この世のすべてにあたたかいまなざしを向けたみすゞの作品は、多くの人の心に深い感銘を呼び、今、驚くほどの速さで日本中に、そして世界へ広がっています。(金子みすゞ記念館リーフレットより)

 金子みすゞは、明治36年(1903)4月11日に、山口県大津郡仙崎村(今の長門市仙崎)にて、父・金子庄之助、母・ミチの長女として生まれる。 本名テル。 明治39年 みすゞ3歳の時、父死去。 大正12年 みすゞ20歳時、母が再婚した下関に移り住む。 大正15年 みすゞ23歳の時、結婚その年長女ふさえ誕生。 昭和5年(1930)3月10日死去。 享年26歳。 詩人・金子みすゞは、大正期から昭和初期にかけて512編の詩を残しています。 詩に詠まれた 「仙崎八景」 をはじめとした景観や古い町並みから、当時の仙崎を感じることができます。
| 山口の旅 仙崎編 | 19:00 | comments(0) | - |
このページの先頭へ