質素な写真展示室

富士の裾野で、美しい日本の風景・お祭りや花などの写真を展示します。

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 第63回 熱海梅園梅まつり(9) 中山晋平記念館
    miya (09/06)
  • 第63回 熱海梅園梅まつり(9) 中山晋平記念館
    純ちゃん (09/02)
  • 和歌山の旅 その51 和歌浦散策 番所庭園
    miya (11/14)
  • 和歌山の旅 その51 和歌浦散策 番所庭園
    k-matsui (11/11)
  • 滋賀・長浜と彦根の旅 その55 清涼寺(彦根市)
    miya (10/29)
  • 滋賀・長浜と彦根の旅 その55 清涼寺(彦根市)
    五島 (10/26)
  • 小京都 人吉の旅 その19 犬童球渓
    miya (10/10)
  • 小京都 人吉の旅 その19 犬童球渓
    花田 淳 (10/09)
  • 坂本・比叡山延暦寺の旅 その9 庭園が美しい 「旧竹林院」
    上畑ナオミ (08/16)
  • 坂本・比叡山延暦寺の旅 その9 庭園が美しい 「旧竹林院」
    miya (08/09)
LINKS
PROFILE
九州・大分の旅 その83 観光バスで行く くじゅう花公園(5)
くじゅう花公園-1
「くじゅう花公園」 をほぼ一周し、最初の 「アゲラタム(カッコウアザミ)」 へ戻ってきました。 見晴らし台から撮る素晴らしいパノラマです。
くじゅう花公園-2
くじゅう花公園-3
くじゅう花公園-4
くじゅう花公園-5
この時期(10月30日撮影)、コスモスの花がきれいです。
くじゅう花公園-6
秋咲きの淡いピンクのバラ、心和む花です。
くじゅう花公園-7
夏の花、ひまわりも咲いています。
くじゅう花公園-8
絵になる花の咲く小路!
くじゅう花公園-9
清らかな水と花の光景!
くじゅう花公園-10
公園の外柵にはパンジーの花が咲いています。
くじゅう花公園-11
見学を終え、観光バスは四季折々の花が咲く 「くじゅう花公園」 を後にします。
久住高原-1
久住高原-2
紅葉がきれいな久住高原を車窓から撮影しながら、一路出発地別府駅へ帰ります。
JUGEMテーマ:写真
 
 定期観光バスで行く 「日本一の大吊橋とくじゅう高原」 の旅は今回で終わりです。 日本一の大吊橋から見る紅葉、花山酔での美味しい昼食、広大な草原が見れる「長者原」、そして20万屬良瀉呂500種、300万本の四季折々の花が撮影出来る 「くじゅう花公園」 と見所満載の7時間40分のバスの旅でした。 次回より観光バスで行く 「国東(くにさき)半島めぐり」 を写真展示しますので見て下さい。
| 九州・大分の旅(九重) | 19:00 | comments(0) | - |
九州・大分の旅 その82 観光バスで行く くじゅう花公園(4)
くじゅう花公園-1
ここは標高850mの 「くじゅう花公園」。
くじゅう花公園-2
くじゅう花公園-3
秋の花が満開です。
くじゅう花公園-4
20万屬良瀉呂法500種300万本あまりの季節の花が咲き誇っています。
くじゅう花公園-5
圧巻の一面真っ赤な 「サルビア」。
くじゅう花公園-6
サルビアはシソ科に属し、花言葉は 「燃える思い」。
くじゅう花公園-7
くじゅう花公園-8
くじゅう花公園-9
くじゅう花公園-10
くじゅう花公園-11
くじゅう花公園-12
色とりどりの花が一面に咲き誇る花畑。
JUGEMテーマ:写真

 標高850mに位置する 「くじゅう花公園」、さわやかな高原の風が吹き抜けるリゾートです。 今回は定期観光バスのコースで1時間の見学時間でしたが、2時間あればゆっくり散策することができます。 園内には、花や香りをテーマしたショップもあり、見て感じて買って食べて、楽しめるスポットです。
| 九州・大分の旅(九重) | 19:00 | comments(0) | - |
九州・大分の旅 その81 観光バスで行く くじゅう花公園(3)
くじゅう花公園-1
くじゅう花公園、園内にあるお店 「花てまり」(久住特産品のお店)
新鮮野菜や美味しい漬物など、自然の恵豊かな特産品と和雑貨のお店。
くじゅう花公園-2
レストランへ向かう橋を渡ります。
くじゅう花公園-3
橋の両サイドにはパンジーの花が咲き誇っています。くじゅう花公園-4くじゅう花公園-5
マリーゴールドの花が満開!
くじゅう花公園-6
カートに乗って園内を周遊することができます。くじゅう花公園-7
園の奥にある松林。
くじゅう花公園-8
松林から見る花のある風景。 赤いサルビアがきれいです。
くじゅう花公園-9
色鮮やかな花の絨毯(じゅうたん)!
くじゅう花公園-10
自然食のバイキングも楽しめるレストラン! 花園にマッチした洋風建築です。
くじゅう花公園-11
くじゅう花公園-12
レストラン前広場から見る眺望、九重連山も望めます。
JUGEMテーマ:写真

 くじゅうが香る花の村
 九州の中心部に位置する雄大な久住高原。
 その久住高原に広がるくじゅう花公園は
 20万屬良瀉呂暴佞ら秋にかけ500種、300万本の花々が咲き誇ります。
 園内には花や香りをテーマにしたショップもあり
 お客様に癒しと潤いを体験していただいています。(くじゅう花公園リーフレットより) 
| 九州・大分の旅(九重) | 19:00 | comments(0) | - |
九州・大分の旅 その80 観光バスで行く くじゅう花公園(2)
くじゅう花公園-1
一面の紫の花がきれいです。
くじゅう花公園-2
くじゅう花公園-3
紫の花をクローズアップで撮影しました。
くじょう花公園-4
花畑に掲示されています。
くじゅう花公園-5
満開のひまわりも咲いています。
くじゅう花公園-6
まぶしいほどの黄色のバラ。 黄色いバラを愛したアメリカの俳優にちなんで 「ヘンリーフォンダ」 と名付けられました。
くじゅう花公園-7
園内に掲示されている案内板。
くじゅう花公園-8
くじゅう花公園-9
くじゅう花公園-10
パンジーがきれいに咲いています。
くじゅう花公園-11
園内のお店 「Rose de Mai」 (ドライフラワーと雑貨のお店)。 オリジナルリース作り体験が出来るドライフラワーのお店です。
くじゅう花公園-12
お店の前のベンチでくつろいでいる 「クマのプーさん」!
JUGEMテーマ:写真

   ようこそ、風香る花の村へ くじゅう花公園
   九州の中心にぽっかり浮かぶ花の村。
   四季折々の花の中、
   大自然の香りに包まれ
   ゆっくりとした
   癒しの時間が流れます。
   (くじゅう花公園・リーフレットより)
| 九州・大分の旅(九重) | 19:01 | comments(0) | - |
九州・大分の旅 その79 観光バスで行く くじゅう花公園(1)
車窓からの風景-1
観光バスの旅、「花山酔」 で昼食を頂き最後の観光地 「くじゅう花公園」 へ。
車窓からの風景-2
車窓からの風景-3
車窓からの風景-4
車窓からの風景-5
車窓からの風景-6
車窓から見る、久住高原の素晴らしい景観!
車窓からの風景-7
車窓からの風景-8
久住高原の秋の風景を満喫しながら、バスは 「くじゅう花公園」 へ向かいます。
くじゅう花公園-1
13:30 「くじゅう花公園」 に到着。
くじゅう花公園-2
くじゅう花公園-3
これより 「くじゅう花公園」 へ入ります。
くじゅう花公園-4
平成24年10月30日に撮影したものです。
くじゅう花公園-5
満開の 「アゲラタム(かっこうあざみ)」 の前で、バスガイドさんをモデルに撮影。
JUGEMテーマ:写真

 定期観光バス  メルヘンコース 「日本一の大吊橋とくじゅう高原」 の最後に訪れる観光地は 「くじゅう花公園」 です。 「くじゅう花公園」 は、大分県竹田市久住町の久住高原にある植物公園です。
 敷地約20万屐標高850mにある花の公園。 広い園内にはチューリップやラベンダー、コスモスなど季節に応じて様々な花が植えられ、日本百名山に数えられる久住山を借景とする美しい自然が満喫できます。(フリー百科事典・ウィキペディアより)
| 九州・大分の旅(九重) | 19:00 | comments(0) | - |
九州・大分の旅 その78 観光バスで行く 長者原 
長者原ヘルスセンター
ホテル・花山酔から徒歩数分のところにある 「九重登山口長者原ヘルスセンター」。
長者原-1
阿蘇くじゅう国立公園 長者原(ちょうじゃばる) 指定・昭和9年(1934)。
長者原-2
長者原-3
長者原-4
広大な草原がひろがる 「長者原」。
九重登山口-1
長者原は九重連山の登山口としても広く知られています。
九重登山口-2
阿蘇くじゅう国立公園 九重登山口。
登山道概略図
登山道入口に立つ 「くじゅう山群登山道概略図」。
九重地蔵-1九重地蔵-2
登山口にある 「九重地蔵」。
探勝林-1探勝林-2
探勝林-3
九重風致探勝林(国有林)。
九重登山道
探勝林の中を進む九重登山道。
JUGEMテーマ:写真

 ホテル・花山酔から徒歩数分のところにある、長者原・九重登山口。 長者原の地名は、別府温泉の開発で知られる油屋熊八が大正14年(1925) 松の台にテントホテルを開設した時、朝日長者伝説にちなんで命名しました。 当時は 「長者ヶ原(ちょうじゃがばる)」 でしたが、後に 「長者原(ちょうじゃばる)」 となりました。
 牧ノ戸峠と並ぶ九重連山の主要登山口のひとつであり、阿蘇くじゅう国立公園の自然を展示し解説する環境省長者原ビジターセンターが設けられ、九重連山のジオラマなどの展示や、ビデオによる阿蘇くじゅう国立公園くじゅう地区の紹介が行われています。 また、ラムサール条約登録湿原であるタデ原湿原があり、環境省長者原ビジターセンターを起点に約1.3kmの長者原自然研究路(遊歩道)が整備されています。(フリー百科事典・ウィキペディアより) 
| 九州・大分の旅(九重) | 19:00 | comments(0) | - |
九州・大分の旅 その77 観光バスで行く 花山酔
道路標識
「九重 “夢” 大吊橋」 から観光バスで約15分、九重町大字田野に到着。
花山酔-1
時刻は11時54分、昼食会場の 「花山酔」、きれいな名前 「はなさんすい」 です。
花山酔-2
花山酔-3
日帰り温泉も楽しめるホテル 花山酔。
花山酔-4
ホテル・花山酔の玄関。
花山酔-5
レストランで美味しい昼食を頂きました。
花山酔-6
食事をしながら、窓越しに見れる絶景。 なんとも贅沢な至福のひとときです。
花山酔-7
花山酔のおすすめスポット(気になる部分を抜粋)
鍋ヶ滝(なべがたき)
 女優・松嶋菜々子さんの“生茶”のCMで有名になった場所です♪  ★南小田町★
 花山酔より車で60分
ダ水橋の紅葉
 見頃は11月初旬から中旬です。 橋の上から見る三保山と紅葉のコラボは絶景です。 ♪お散歩がてら徒歩でも行ける♪ 花山酔より車で3分
花山酔-8
花山酔の美しい紅葉と三保山の眺望。
花山酔-9
食後の休憩時間を利用して、花山酔の近辺を撮影。
近くの公園-1
近くの公園-2
色付いた森林が美しい近くの公園です。
JUGEMテーマ:写真

 日本一の 「九重 “夢” 大吊橋」 を堪能した後、観光バスで約15分の九重西鉄ホテル 花山酔 で昼食。 まるで自然の中にいるようなレストラン。 この時期、窓越しに見える紅葉と三保山の眺望は格別です。 機会があれば、当ホテルを起点にして、おすすめスポットを撮影したいものです。
| 九州・大分の旅(九重) | 19:00 | comments(0) | - |
九州・大分の旅 その76 観光バスで行く 日本一の吊り橋(4)
大吊橋-1
 北方エリアに掲示されている 【九重 “夢” 大吊橋 完成までの工程】
 【橋の名称】 全国から応募し、応募総数5890点の中から、九重町をイメージできるもの・町民の夢を拓き、訪れる人々に夢を与えることを願うもの・誰にも覚えていただけるもの、といった理由から橋の名称 九重 “夢” 大吊橋 としました。
 【橋の所在地】 大分県玖珠郡九重町大字田野1208番地
<平成16年6月>   九重 “夢” 大吊橋 着工 橋の両端の基礎工事
                  ↓
<平成18年10月>九重 “夢” 大吊橋 完成
大吊橋-2
北方エリアから復路中村エリアへ戻ります。 大勢の観光客で渋滞!
大吊橋-3
掲示されている 「祝入場者700万人達成」 の文字。 2012年10月30日撮影。
大吊橋-4
大吊橋-5
中村エリア側から見た、大吊橋の景観。
大吊橋-6
大吊橋守護神 震動滝龍王社
大吊橋-7
大吊橋-8
大吊橋-9
大吊橋-10
 日本の滝百選 震動の滝 『震動の滝竜神伝説』
 昔々、この震動の滝には年老いた龍神が住んでいました。 年々神通力が衰えてきた竜神は、不老長寿の薬として、若い女を食らうことにしました。 釣り事よせて、北方部落のある里人を招き寄せ、「お前の娘を差し出せ。 さもないとお前を食べるまでだ」 と迫ったのです。 里人は恐ろしさのあまり、娘を捧げる約束をして逃げ帰りました。 約束を果さずのおりますと竜神はおこって神通力で部落の底を抜いて水を干上がらせてしまったのです。 田畑の作物は枯れ、井戸水も無くなり、部落は大旱ばつに見舞われました。 さらに竜神は最期の力をふりしぼって断崖をよじのぼり、部落に火を吹き始めました。 この時、娘の恋人は一計を案じ、部落総出で懸命に詫びて、不老長寿の薬として 「餅」 を捧げ竜神の怒りをしずめることができました。
 この時から、天災や大火の度に部落では餅を滝壺に捧げて竜神の機嫌をうかがう習わしとなりました。 しかし、老いた竜神には部落の水を元に戻す力はもうありませんでした。
 その後、部落の難儀を見かねた日田代官塩谷大四朗によって、天保三年、千町無田より水路が設けられ、昔のように稲を作ることができるようになりました。 その水路記念碑は北方部落の白鳥神社境内にあります。
 竜神が岩や木をかきむしってはい登った跡が、白鳥神社のそばに残り、「竜神崩え」又は「白崩え」と呼ばれて今も里人に恐れられています。
大吊橋-11
大吊橋-12
最後にもう一度美しい 「九重 “夢” 大吊橋」 を撮影。
JUGEMテーマ:写真

 1956年7月地元商店会の会員ながら若造だった時松又夫が 「谷に橋をかけりゃ滝も紅葉もきれいに見えるぞ」 と発言し、長老たちから寝ぼけている、誰が金を出すのかと一蹴されたが、1993年に至り町の観光振興計画に盛り込まれた。 この様な長年の 「夢」 のような話から “夢” を冠して名付けられました。

 2008年11月17日、開通から約2年で入場者数が400万人を突破し、記念セレモニーが行われました。 当初の年間来場者数見込みは30万人。 同日までの入場者数の一日平均は5,300人、最高は18,022人。 2010年11月8日、入場者数が600万人を突破。 2013年10月21日、入場者数が800万人を突破しました。
 入場料収入も順調で、総事業費約20億円のうち、7億3000万の地域再生事業債は、予定より8年早く完済。(フリー百科事典・ウィキペディアより)
| 九州・大分の旅(九重) | 19:07 | comments(0) | - |
九州・大分の旅 その75 観光バスで行く 日本一の大吊り橋(3)
大吊橋-1
 九重 “夢” 大吊橋概要図
    概 要
 橋 名/九重 “夢” 大吊橋
 形 式/長経間2ヒンジ補剛吊り橋
 長 さ/390m
 巾  /1.5m
 高 さ/173m
 メインケーブル/直径53mm (7本)
 鉄塔の高さ/43m
 設計荷重/200kg/
大吊橋-2
 大吊橋の中央に表示されている高さの比較とデータ
大阪城/約36m 凱旋門/約49m ヤフードーム/約84m 自由の女神/約93m
ゴジラ/100m ピラミッド/約146m 九重 “夢” 大吊橋/173m

 九重 “夢” 大吊橋データ
起工式;平成16年(2004)6月3日
完  成;平成18年(2006)10月30日
総工費;19億2,200万円
標  高;777m
長  さ;390m(日本一)
高  さ;173m(日本一)
幅    ;1.5m
大吊橋-3
幅1.5mの大吊橋、床面はすのこ状のグレーチングになっており、下が見れます。
大吊橋-4
メインケーブル、直径53mm 7本で造られています。
大吊橋-5
大吊橋-6
両側で、メインケーブルを繋ぎとめるアンカー。
大吊橋-7
大吊橋長さ390mを渡り終え、反対側(北方)より見た大吊橋。
大吊橋-8
北方より見る、日本滝100選にも選ばれた 「震動の滝・雄滝」。 まさに絶景です。
大吊橋-9
北方より見る絶景。 紅葉がきれいです。
大吊橋-10
北方ゲート、チケット販売所。
大吊橋-11
北方ゲート。
大吊橋-12
北方ゲート前にある売店。
大吊橋-13
こんな動物たちも展示されています。
大吊橋-14
北方ゲートから見る大吊橋の全景。 まさに天空の散歩道。
JUGEMテーマ:写真

           天空の散歩道
    九酔渓の天空に大きく架かる 「九重 “夢” 大吊橋」。
    ふわりと浮かんでみることができる絶景は
    いままで人々の夢でしか見れなかった光景。
    四季折々の自然のまん中にひろがる天空の散歩道。
                     (大吊橋リーフレットより)
| 九州・大分の旅(九重) | 20:00 | comments(0) | - |
九州・大分の旅 その74 観光バスで行く 日本一の大吊り橋(2)
大吊橋-1
「九重 “夢” 大吊橋」 日本一 長さ390m 高さ173m 撮影日2012年10月30日
大吊橋-2
両側に大きな木の表札が立つ日本一の大吊橋。 人が途切れるのを待っての撮影。
大吊橋-3
これより大吊橋を渡ります。
大吊橋-4
4ヵ国語(日本語・英語・韓国語・中国語)で書かれている場内での禁止事項。
大吊橋-5
大勢の観光客で賑わう大吊橋。
大吊橋-6
大吊橋-7
大吊橋から見る眼下の風景。
大吊橋-8
九重 “夢” 大吊橋 中央地点の表示。
大吊橋-9
大吊橋-10
大吊橋から見る絶景。 震動の滝・雌滝
大吊橋-11
日本の滝百選 震動の滝・雄滝 落差83m
大吊橋-12
大吊橋中央地点から見る下流の絶景。 素晴らしい眺めです。
JUGEMテーマ:写真

 九重 “夢” 大吊橋(ここのえ “ゆめ” おおつりはし)
 九重 “夢” 大吊橋は九酔渓の標高777mに架かる長さ390m高さ173mという人が渡る吊り橋としては日本一の吊り橋です。
 大吊橋からは 「日本の滝百選」 にも選ばれ九州でも有数の大きさを誇る 「雄滝」 と 「雌滝」 からなる震動の滝を望むことができます。(大吊橋リーフレットより)
| 九州・大分の旅(九重) | 19:00 | comments(0) | - |
このページの先頭へ