質素な写真展示室

富士の裾野で、美しい日本の風景・お祭りや花などの写真を展示します。

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 小京都 人吉の旅 その19 犬童球渓
    miya (11/03)
  • 小京都 人吉の旅 その19 犬童球渓
    村井 勝好 (10/31)
  • 東京のんびり家族旅 その4 高尾山 薬王院山門(四天王門)
    野田耕一郎 (09/30)
  • 東京のんびり家族旅 その4 高尾山 薬王院山門(四天王門)
    野田耕一郎 (09/30)
  • 第63回 熱海梅園梅まつり(9) 中山晋平記念館
    miya (09/06)
  • 第63回 熱海梅園梅まつり(9) 中山晋平記念館
    純ちゃん (09/02)
  • 和歌山の旅 その51 和歌浦散策 番所庭園
    miya (11/14)
  • 和歌山の旅 その51 和歌浦散策 番所庭園
    k-matsui (11/11)
  • 滋賀・長浜と彦根の旅 その55 清涼寺(彦根市)
    miya (10/29)
  • 滋賀・長浜と彦根の旅 その55 清涼寺(彦根市)
    五島 (10/26)
LINKS
PROFILE
三島・楽寿園 菊まつり 中尊寺金色堂
菊まつり-1
三島市立公園 「楽寿園」 で菊まつりが開催中!
菊まつり-2
菊まつり-3
菊まつり-4
園内は菊の花が満開です。
菊まつり-5
平成23年度のの大型盆景は、岩手県平泉町の国宝、中尊寺金色堂です。
菊まつり-6
実物サイズの金色堂が、燦然と光輝いています。
菊まつり-7
菊まつり-8
菊まつり-9
屋根や周囲に約6千鉢の菊が飾り付けられています。
菊まつり-10
金色堂の周りには池が造られ、色とりどりの菊が飾り付けられています。
JUGEMテーマ:写真

 秋空が広がる今日(12日)、三島市立公園 「楽寿園」 で開催中の菊まつりを撮影してきました。 昨日の雨も上がり、満開の菊の花がピークを迎えています。 中でも大型盆景は、世界遺産登録を祝して、岩手県平泉町の国宝、中尊寺金色堂の実物サイズが燦然と光輝いています。 全ての花が満開でその美しさに魅了されます。 素晴らしいです。 菊まつりは11月30日まで開催。 尚、夜菊が楽しめるライトアップは13日(日)午後9時まで行われています。
| 静岡・東部の旅 | 20:21 | comments(0) | - |
三島市立公園 楽寿園 小浜池が7年ぶりに満水!
楽寿園-1
三島市立公園 楽寿園 小浜池が7年ぶりに満水となりました。
楽寿園-2
小浜池から楽寿館を望む。
楽寿園-3
水がきれいです。
楽寿園-4
清らかな湧水が流れる小浜池周辺の瀬。
楽寿園-5
楽寿園-6
楽寿園-7
満水の小浜池を、色々なアングルでカメラに収めます。
JUGEMテーマ:写真

 静岡県三島市にあります市立公園 「楽寿園」 の小浜池が7年ぶりの満水とTV報道され、11/1 撮影してきました。
 小浜池は天然記念物名勝区域に指定されている富士山からの湧水によって出来る池です。 毎年一度は訪れる 「楽寿園」、ここ数年水のない小浜池を見るたびに寂しい思いをしていましたが、今年は大雨の影響でしようか5月末頃から水位が上がり始め、現在は満々と水を湛える往年の景観を見せてくれます。
 「楽寿園」 は、JR三島駅のすぐ南に位置し、うっそうとした森林に囲まれた広さ約73k屬亮然豊かな公園です。 ここは、明治維新で活躍された小松宮彰仁親王が明治23年に別邸として造営されたもので、昭和27年から市立公園として三島市が管理運営しています。
 なお、公園内では今月30日まで第59回菊まつりが開催中です。 大型盆景 「中尊寺金色堂」 は、岩手県平泉町の国宝で世界遺産に登録された中尊寺金色堂の実物サイズで、屋根や周囲に約6千鉢の菊が飾り付けられています。 1日現在、花は蕾で見頃は10日前後と思われます。 
| 静岡・東部の旅 | 20:00 | comments(0) | - |
2010年(平成22年) 三島大社 初詣
めぐみの子
公園の一画にある 「めぐみの子」、正月の装いで美味しい水を汲み上げます。
水辺の文学碑-1
三島大社に行く路に三島水辺の文学碑があります。
水辺の文学碑-2
文学碑の中に、今話題のNHKスペシャルドラマ 「坂の上の雲」 に出てくる明治時代の俳人・歌人正岡子規の歌碑もあります。  三島の町に入れば 小川に菜を洗ふ女のさまも やや なまめきて見ゆ 面白や どの橋からも 秋の不二  「旅の旅の旅」(明治25年作)より と刻まれています。
三島大社初詣-1
女性の和服姿も見られる正月二日の三島大社境内。
三島大社初詣-2
商売繁盛 えびすさん 平成二十二年 景気回復を願っています。
三島大社初詣-3
空は雲一つない快晴、三島大社本殿の前は参拝者でいっぱいです。 
三島大社初詣-4
参拝の後は 「おみくじ」 で今年の運勢を占います。 筆者今年は 「末吉」 でした。
三島大社初詣-5
今年の干支、可愛い虎の土鈴が露店に並びます。
三島大社初詣-6
三島神社境内にはたくさんの露店が並びにぎわいます。
三島大社初詣-7
平成22年、厄年生年表が掲示されています。 気になる方は厄払いをお勧めします。
JUGEMテーマ:写真

 2010年(平成22年)1月2日、三島大社に妻と初詣に行ってきました。 ここ三島大社、3が日の参拝者は昨年の統計で、全国では28番目、静岡では一番の参拝者が多い神社です。 毎年約60万人が参拝します。 今年の3が日も穏やかな絶好の天候に恵まれ大勢の参拝者が詰めかけました。 筆者も家族の健康と一日も早い景気回復を祈願してきました。
| 静岡・東部の旅 | 19:01 | comments(0) | - |
このページの先頭へ