質素な写真展示室

富士の裾野で、美しい日本の風景・お祭りや花などの写真を展示します。

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 小京都 人吉の旅 その19 犬童球渓
    miya (11/03)
  • 小京都 人吉の旅 その19 犬童球渓
    村井 勝好 (10/31)
  • 東京のんびり家族旅 その4 高尾山 薬王院山門(四天王門)
    野田耕一郎 (09/30)
  • 東京のんびり家族旅 その4 高尾山 薬王院山門(四天王門)
    野田耕一郎 (09/30)
  • 第63回 熱海梅園梅まつり(9) 中山晋平記念館
    miya (09/06)
  • 第63回 熱海梅園梅まつり(9) 中山晋平記念館
    純ちゃん (09/02)
  • 和歌山の旅 その51 和歌浦散策 番所庭園
    miya (11/14)
  • 和歌山の旅 その51 和歌浦散策 番所庭園
    k-matsui (11/11)
  • 滋賀・長浜と彦根の旅 その55 清涼寺(彦根市)
    miya (10/29)
  • 滋賀・長浜と彦根の旅 その55 清涼寺(彦根市)
    五島 (10/26)
LINKS
PROFILE
古都奈良の旅 平城遷都1300年祭 棚田嘉十郎
棚田嘉十郎-1
平城宮跡朱雀門前、朱雀大路緑地に建立されている 「棚田嘉十郎翁像」
棚田嘉十郎-2
               棚田嘉十郎(たなだ かじゅうろう)
 万延元年(1860)、現在の奈良市須川町に生まれる。 明治の中頃、奈良公園で植樹の職にたずさわっているとき、観光客から平城宮跡の位置を問われ、荒れ放題の宮跡に保存の意を強める。 明治35年(1902)、地元での平城宮跡保存の運動が高まると嘉十郎も参加、平城神宮の造営をめざしたが、資金面で行き詰る。
 以来、嘉十郎は、貧窮の生活のなか、自費で平城宮跡の保存を訴え、上京を繰り返し、多くの著名人から賛同の署名を集める。 そのようななかで、地元の有志・溝辺文四郎らは、嘉十郎の運動に協力し、多くの援助をおこなった。
 明治43年(1910)平城奠都1200年祭が企画されると、嘉十郎は当時の知事に協力を得て、御下賜金300円をたまわるなどして成功に導く。 その後、大正2年(1913)徳川頼倫を会長に念願の 「奈良大極殿址保存会」 が組織され、大極殿に標石28基を配置するとともに記念碑を建てて往時の遺構を永久に保存することを決め、嘉十郎の労がはじめて日の目を見ることとなった。 しかし、用地買収が軌道にのりだして間もなく、嘉十郎が推挙した篤志家が約束を破ったことの責任を痛感し、大正10年(1921)8月16日自刃。 嘉十郎は、61歳の生涯を閉じた。
 苦難に満ちた嘉十郎の悲願は、支持者の努力により達成され、嘉十郎自刃の翌年、大正11年(1922)に国の史跡として保護されることとなった。

 顕彰会は、棚田嘉十郎翁と溝辺文四郎翁の平城宮跡保存につくした功績をたたえるため、昭和63年7月発足いたしました。 市民はじめ多くの方々からの御寄付により顕彰像の建立にいたりました。像は、棚田翁が左手に平城宮跡から出土した瓦を持ち、右手で大極殿跡を指差す姿です。
                                 平成2年(1990)8月16日
                          棚田嘉十郎翁・溝辺文四郎翁顕彰会会長
                                 奈良市長 西田栄三
                                     像制作者 江里敏明
棚田嘉十郎-3
奈良市の 「感謝と誓い」 も掲示されています。
モニュメント-1
モニュメント-2
同じ緑地内に建立されているモニュメントです。
JUGEMテーマ:写真

 今回展示しました写真は、朱雀大路の撮影時に右手の緑地内に建立されている像を偶然発見し、撮影したものです。 「棚田嘉十郎翁像」 の刻印を読みながら撮影しましたが、筆者の過去の記憶の中にその名はありませんでした。 本日平城遷都1300年祭 最後の写真展示を編集するに当たり初めて 「棚田嘉十郎翁」 の功績を知り多いに感銘しました。 平城宮跡を見学の際は、朱雀門の前にある 「棚田嘉十郎翁像」 を御覧下さい。

 これで2010年の写真展示は終了です。 今年一年ご愛読頂きありがとうございました。 愛読者の皆さん、良いお年をお迎え下さい。 また来年も見て下さい。
| 古都奈良 平城遷都1300年祭 | 18:36 | comments(0) | - |
古都奈良の旅 その16 平城遷都1300年祭 スナップ集
スナップ-1
美しい顔が隠れて残念!
スナップ-2
困ったときには案内所へ
スナップ-3
色々な催し物が開催される 「まほろばステージ」
スナップ-4
ステキな女性、せんとくんと記念撮影
スナップ-5
道辺に置かれた野菜(?)、ご自由にどうぞ!
スナップ-6
散策中に見付けたきれいな花
スナップ-7
大極殿の庭先に置かれたスイレン
スナップ-8
天平衣装貸出所で見付けた記念写真コーナー
スナップ-9
天平衣装貸出所に 「平城京歴史新聞」 が掲示。 
見出しの 「二度の入唐経験を持つ吉備真備(きびのまきび)・・・・」 に興味あり
トピックス欄に記載 超人、吉備真備! 吉備真備は地方(岡山県)豪族から右大臣に大栄達した人物。 しかし、その人生は波乱万丈であった。 一度目の遣唐使からの帰国後は順調に出世したが、藤原仲麻呂(恵美押勝)により九州は筑前の国主として左遷、58歳に二度目の遣唐使で遣唐副使の任を果たしても官位は上がらず、大宰府に9年間左遷されていた。70歳を越えて都に戻った真備は 「恵美押勝の乱」 の平定で活躍。 従三位に上り大納言、72歳で正二位に上り右大臣となった。唐で学んだ知識と左遷されても復権するその超人ぶりに、吉備真備は伝説の人物として後世の物語に登場することになるのである。 
スナップ-10
場内を走るハートフルカート
スナップ-11
平城遷都1300年祭 ナンバープレートも 「13-00」 とは、粋な計らいです。
スナップ-12
平城宮跡、朱雀門前を近鉄の電車が通過します。
スナップ-13
会場入口に設けられたレストラン、大勢の観光客で賑わいます。
JUGEMテーマ:写真

 2010年の11月7日で閉幕しました 「平城遷都1300年祭」 その後、施設はどのような形で公開されるのかわかりませんが、奈良時代の歴史を学ぶ上で貴重な施設です。 温故知新(おんこ ちしん)、昔の物事を研究し吟味して、そこから新しい知識や見解を得ること。 古きをたずねて新しきを知る。 好きな言葉です。
| 古都奈良 平城遷都1300年祭 | 19:52 | comments(0) | - |
古都奈良の旅 その15 平城遷都1300年祭 東院庭園(3)
東院庭園-22
心が癒される 「築山石組」 です。
東院庭園-23
築山石組と反橋
東院庭園-24
庭園内に小川(曲水路)が流れています。
東院庭園-25
板塀
東院庭園-26
 東院庭園の発掘調査 1967年、平城宮東張出し部南東隅に大きな庭園の遺跡が発見されました。 この場所は 『続日本紀』 にみえる 「東院」 にあたることから、発見された庭園は 「東院庭園」 と名づけられました。 それまでの奈良時代の庭園については古い文献からそのようすをうかがうのみでしたが、この発見を契機に発掘調査を継続した結果、庭園部分とその周辺一帯の様相がほぼあきらかになりました。 東院庭園は東80m×南北100mの敷地の中央に複雑な形の汀線(ていせん;海面と陸地との交わる線)をもつ洲浜敷の池を設け、その周囲にはいくつもの建物を配していたことが確認されたのです。

 平城宮東院庭園 発掘調査一覧表
第44次 庭園南部   1967年11月29日〜1968年 6月13日 調査面積4100
第99次 庭園中心部 1976年  7月26日〜1977年 1月19日 調査面積2800
  :
第284次 庭園南西部 1997年  7月  1日〜1977年10月22日 調査面積650
東院庭園-27
隅楼の八角柱 上部が復原されたもの、下部は地下に残っていた部分。
東院庭園-28
鳳凰文鬼瓦 東院庭園隅楼屋根上の鳳凰像のモデル 平城宮内裏外郭出土
東院庭園-29
中央 東院庭園の橋の擬宝珠(ぎぼし)のモデル 平城京出土
東院庭園-30
平城宮後期東院庭園 築山石組遺構模型 (縮尺1/10)
東院庭園-31
東院庭園広場には復原された 「建部門」 があります。
東院庭園-32
外側から見た 「建部門」 です。
JUGEMテーマ:写真

 平日で入場者が少なく、心置きなく撮影することができました。 奈良時代にタイムスリップした優雅な雰囲気に包まれた庭園は、写真愛好家にとっては最高の被写体です。 是非一度ご覧になることをお勧めします。
| 古都奈良 平城遷都1300年祭 | 20:35 | comments(0) | - |
古都奈良の旅 その14 平城遷都1300年祭 東院庭園(2)
東院庭園-1
東院庭園の南東の一番角にある隅楼(すみろう)です。
東院庭園-2
色鮮やかな朱色に塗られた二階建ての隅楼です。
東院庭園-3
建物の一番上には 「鳳凰;ほうおう」 がのっています。 発掘調査で平等院鳳凰堂の構造と似ていたことから推測しここまで復原したものです。
東院庭園-4
一階天井部分の構造です。
東院庭園-5
二階に上がる梯子が取り付けられています。
東院庭園-6
東院庭園-7
池越しに見た美しい 「隅楼」、 絵になる構図です。
東院庭園-8
東院庭園-9
庭園内に、もう一つの被写体として、美しい曲線を描く 「反橋;そりばし」 があります。
東院庭園-10
反橋を渡ると直ぐ目の前に 「北東建物」 があります。
JUGEMテーマ:写真

 東院庭園は1967年に遺跡が発見され、その後本格的な発掘調査がされその全貌が明らかになりました。東西80m×南北100mのこの大きな庭は 「続日本紀」 の 「東院」 という言葉にちなんで 「東院庭園」 と名づけられました。 この庭が復原され1998年から一般公開されています。(HP春日野奈良観光より)
| 古都奈良 平城遷都1300年祭 | 19:38 | comments(0) | - |
古都奈良の旅 その13 平城遷都1300年祭 東院庭園(1)
東院庭園-1
「東院庭園」 の出入口です。
東院庭園-2
「東院」 とは、平城宮は他の日本古代都城の宮殿地区には例のない東の張り出し部を持ちます。 この張り出し部の南半は、奈良時代をつうじて 「東宮」 と呼ばれたようですが、孝謙(こうけん)・称徳(しょうとく)天皇の時代にはとくに 「東院」 と呼ばれていました。 称徳天皇はこの地に 「東院玉殿」 を建て、宴会や儀式を催しました。 光仁(こうにん)天皇の 「楊梅宮;ようばいきゅう」 はもとより、聖武(しょうむ)天皇の 「南苑;なんえん(南樹苑)」 もこの場所を中心に営まれていたと考えられています。
東院庭園-3
南面大垣にある 「穴門」 を右手に見て、庭園へと進みます。
東院庭園-4
これから入る 「東院庭園」 の配置図です。
東院庭園-5
入口を入ると先ず目に入るのは、朱色が鮮やかな中央建物と苑池です。
東院庭園-6
建物の朱色とほんのりと紅葉した植木がきれいです。
東院庭園-7
角度を変えて中島を入れて撮影。東院庭園-8
中央建物を一周することができます。 平橋から撮影したものです。
東院庭園-9
中央建物、築山石組を入れた構図で撮影。 筆者の好きな構図です。
東院庭園-10
反橋を入れた構図で撮影。
東院庭園-11
一周回って、出口付近から撮影したものです。
JUGEMテーマ:写真

 平城宮の東張り出し部(東院)の南東隅にある庭園跡。 発掘調査に基づき、庭園内の建物、苑池や橋、植物に至るまで、奈良時代の庭園を復原展示しています。(公式ガイドブックより) 

 平城遷都1300年祭の開催期間中は、「東院庭園音絵巻」 と題して、奈良時代の 「宴;うたげ」 で歌謡音曲が演じられたことに因んで、生楽器による演奏会などが開催されました。 撮影当日は残念ながら開催されていませんでした。
| 古都奈良 平城遷都1300年祭 | 19:41 | comments(0) | - |
古都奈良の旅 その12 平城遷都1300年祭 実際の発掘現場
発掘現場-1
平城宮跡で、現在行われている実際の発掘現場です。(2010.9.15撮影)
発掘現場-2
発掘現場では、クレーン上から写真撮影が行われています。
発掘現場-3
撮影のため、全てのシートや覆いが取り除かれ、調査員も現場から離れています。
発掘現場-4
撮影が終了したところです。
発掘現場-5
現場に調査員が入り作業開始です。
発掘現場-6
実際の柱の遺構が見える貴重な写真です。
JUGEMテーマ:写真

 平城宮跡では、現在も発掘調査が行われています。 現場で調査員の方に話を伺う事ができました。 発掘調査が終わると現場を撮影し記録に残します。 その後は遺構の保護のために埋め戻され更地になります。 偶然とは言え、実際の遺構が見れたのは非常にラッキーなことでした。
| 古都奈良 平城遷都1300年祭 | 19:50 | comments(0) | - |
古都奈良の旅 その11 平城遷都1300年祭 平城京なりきり体験館
なりきり体験館-1
会場内にある 「平城京なりきり体験館」 です。
なりきり体験館-2
体験工房
なりきり体験館-3
なりきり体験館-4
なりきり体験館-5
ここでは、瓦の製作体験ができます。
なりきり体験館-6
天平衣装体験コーナーです。
なりきり体験館-7
男性朝服、朝服とは皇族以下文武の官が朝廷に出仕する時に着用する正服。
なりきり体験館-8
女性朝服。 何とも優雅な正服です。
なりきり体験館-9
なりきり体験館-10
平城京1300年祭の見学記念に、天平衣装で記念撮影です。
なりきり体験館-11
「平城宮仕事体験」、スタッフの解説とともに実際に墨と筆を使って木簡を作成し、当時の役人の仕事の様子と 「木簡」 について楽しく学べます。
JUGEMテーマ:写真

 遺構展示館の見学と撮影を終え、次に立ち寄ったのは、「平城京なりきり体験館」 です。 このコーナーは発掘調査を行う研究者や当時の役人などになりきって往時の人々の暮らしを楽しく学習することができます。 コースとして 「平城宮仕事体験」「天平衣装体験」「疑似発掘体験」「体験工房」があります。

 記載しています写真は、2010年9月15日に撮影したもので、「平城遷都1300年祭」 は11月7日で終了しています。
| 古都奈良 平城遷都1300年祭 | 19:01 | comments(0) | - |
古都奈良の旅 その10 平城遷都1300年祭 遺構展示館(2)
遺構展示館-1
大極殿は、天皇の即位式や元日朝賀などの国家儀式を行う重要な施設でした。 和銅3年(710) 平城遷都後の最初の大極殿は、平城宮の中央部に建てられました。 それが復原された第一次大極殿です。 都が恭仁(くに)・難波(なにわ)・紫香楽(しがらき)を経て天平17年(745) 平城京に戻ると、大極殿は場所を移して内裏の南側に建てられました。これが第二次大極殿で、この遺構展示館の西方に位置し、現在は基壇が復原されています。 
遺構展示館-2
平城宮第二次大極殿基壇南北断面(南)
遺構展示館-3
遺構展示館-4
第二次大極殿基壇土層の剥ぎ取りの様子が描かれています。
遺構展示館-5
第二次大極殿 屋根の部分復原
遺構展示館-6
ここに展示されている屋根は、第二次大極殿の屋根の一部を復原したものです。研究の一環として、出土した奈良時代の瓦を用いて実際の大きさで復原しました。
遺構展示館-7
建物の基壇(きだん;建物の下の石または土の壇)に使われた塼(せん)
遺構からは、塼と呼ばれる奈良時代のレンガが多数出土しました。 ここに展示した塼は、建物の基壇や通路などに利用されたものです。
遺構展示館-8
出土した瓦
遺構展示館-9
役所で使われていた土器
遺構展示館-10
平城宮跡から出土した木簡
奈良時代は紙が貴重だったので、木札に文字を書いた木簡(もっかん) が多く使用されました。 ここでは、周辺から出土した木簡を展示しています。 平城宮では多くの役人が働いており、全国から運ばれた食材や、役所での行事、役人の日常がこれらの木簡からわかります。
遺構展示館-11
遺構露出展示
遺構展示館-12
遺構がそのまま展示されています。
JUGEMテーマ:写真

 遺構展示館は、発掘調査で見つかった遺構面をそのまま見学できる展示館です。 歴史をさかのぼること1300年前、当時の様子が出土品から読み取ることができます。 一枚の木簡の文字を読むと 「伊豆国賀茂郡三嶋郷・・・・」 とはっきり現在の静岡県東部のことが書かれています。 これには感激しました。
| 古都奈良 平城遷都1300年祭 | 19:57 | comments(0) | - |
古都奈良の旅 その9 平城遷都1300年祭 遺構展示館(1)
遺構展示館-1
遺構展示館-2
これから特別史跡 平城宮跡 遺構展示館に入ります。
遺構展示館-3
遺構展示館入口です。
遺構展示館-4
入口付近の景観です。
遺構展示館-5
 内裏正殿(だいり せいでん) の復原模型が展示されています。
 内裏正殿は、大極殿や朝堂が瓦葺き礎石(そせき) 立ちの中国風の建物であったのに対して、桧皮葺きの掘立柱建物という日本古来の様式で建てられています。
遺構展示館-6
内裏遺構の模型です。 奥が内裏正殿、手前が築地回廊です。
遺構展示館-7
昭和39年(1964) に発掘調査された掘立柱(はったてばしら) の柱穴の跡
遺構展示館-8
左図の柱穴の重なりから黄→オレンジの順番に掘られたものと考えられます。
遺構展示館-9
遺構の変遷 ここに露出展示しているのは、昭和39年(1964)に発掘調査された掘立柱の柱穴の跡です。 柱穴が重なりあっており、建物が何回も建て替えられたことがわかります。柱穴の重なり方から、柱穴の掘られた順番が分かります。また、柱穴から出土した土器や瓦から建物の年代を推測することができます。 これらの成果を総合して役所建物の配置や変遷を明らかにします。
730年(天平の初め)頃から770年(宝亀の初め)頃にかけて4〜5時期の変遷があることがわかります。
遺構展示館-10
内裏の井戸
遺構展示館-11
ここに展示されているのは、内裏の井戸の井戸枠で、直径1.7mの杉の巨木をくり抜いて作られています。 井戸があった場所には井戸跡の実物大遺構模型を展示しています。
JUGEMテーマ:写真

 平城宮跡会場の 「遺構展示館」 は、発掘調査で見つかった遺構面をそのまま見学できます。 第二次大極殿の土層断面や内裏の復原模型、周辺から出土した遺物や部材などを展示しています。 入館料金は無料です。(公式案内MAPより)
| 古都奈良 平城遷都1300年祭 | 19:38 | comments(0) | - |
古都奈良の旅 その8 平城遷都1300年祭 平城宮・宮内省

大極殿
塀の外から眺める 「大極殿」
大極殿の概要
 「大極殿の概要」 に次のように書かれています。
 第一次大極殿は、奈良時代前半に、平城京の中軸線上に建てられた平城宮の中心的建物で、天皇が様々な国家儀式を行う施設でした。「大極」(太極;たいきょく) とは宇宙の根源のことで、古代中国の天文思想では北斗星を意味します。大極殿は和銅8年(715)には完成していたと考えられます。
塀
「大極殿」 囲む塀も復原されています。 塀の向こうに見えるのは 「朱雀門」 です。
内裏と井戸-1
内裏と井戸-2
内裏(だいり) と井戸 内裏は、天皇が日常的に生活をおくり、政治や儀式をおこなうところ。 ときには貴族を招き入れて宴会を開くこともあった。 また、内裏の中には、女官たちの役所もあった。 ここ内裏東端部で見つかった井戸は、直径1.7mのスギの木をくり抜いた井筒をすえ、まわりに切石や玉石をしきつめた立派なもので、天皇のために用いられた。 この実物大模型は、本物の井戸を土でおおった上に、新しい材料を使って再現したものである。
宮内省-1
宮内省-2
宮内省の復原建物 内裏東側のこの一画で見つかった建物群は、天皇家のための仕事をする宮内省関係の役所とみられている。 築地塀(ついじべい)で囲まれた東西約50m、南北約90mの区画の中には、瓦葺の正殿(せいでん)を中心に檜皮葺(ひわだぶき)の脇殿や倉庫など6棟の建物があった。 ここでは、発掘調査の成果をもとに、現在残っている奈良時代の建物の姿かたちを参考に、門、築地塀、建物を復原している。 復原にあたっては、できるだけ当時の工法を用いた。
宮内省-3
復原された宮内省の建物。
宮内省-4
建物の内部
宮内省-5
役所での仕事 内裏東方のこの一画で発掘された建物群は、天皇家の財政と生活を支えた仕事を担当した宮内省の遺構と推定されています。 宮内省に限らず平城宮の役所では、土間に机と椅子を置いて仕事をしていたようです。 復原建物の中に置かれている机は、正倉院宝物の 「多足几;たそくき」 を参考に製作しました。
宮内省-6
役人の道具 紙が貴重であったために奈良時代には、日常の業務には木簡(もっかん;文字を画く薄い板) を大量に使用しました。 木簡は表面を削り直せば何度でも使えます。 そこで、木簡を削るための小刀が、筆とあわせて役人の必需品となりました。このために役人は 「刀筆の吏;とうひつのり」 とも呼ばれています。
宮内省-7
檜皮葺の建物が復原されています。
宮内省-8
復原された宮内省の建物を囲む築地塀です。
JUGEMテーマ:写真

 荘厳な建造物「大極殿」の見学と撮影を終え、塀の外に出て、次に訪れたのは内裏跡と宮内省跡です。 内裏とは天皇の住居としての御殿です。 また宮内省は律令制で規定された八省のひとつです。 八省とは、中務省・式部省・冶部省・民部省・兵部省・刑部省・大蔵省・宮内省 のことです。

 律令とは律と令、律は刑法、令は行政法などに相当する中央集権国家統治のための基本法典。 律も令も古代中国で発展、隋・唐時代に相並んで完成し、日本をはじめ東アジア諸国に広まった。(広辞苑より)
| 古都奈良 平城遷都1300年祭 | 19:48 | comments(0) | - |
このページの先頭へ