質素な写真展示室

富士の裾野で、美しい日本の風景・お祭りや花などの写真を展示します。

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 和歌山の旅 その51 和歌浦散策 番所庭園
    miya (11/14)
  • 和歌山の旅 その51 和歌浦散策 番所庭園
    k-matsui (11/11)
  • 滋賀・長浜と彦根の旅 その55 清涼寺(彦根市)
    miya (10/29)
  • 滋賀・長浜と彦根の旅 その55 清涼寺(彦根市)
    五島 (10/26)
  • 小京都 人吉の旅 その19 犬童球渓
    miya (10/10)
  • 小京都 人吉の旅 その19 犬童球渓
    花田 淳 (10/09)
  • 坂本・比叡山延暦寺の旅 その9 庭園が美しい 「旧竹林院」
    上畑ナオミ (08/16)
  • 坂本・比叡山延暦寺の旅 その9 庭園が美しい 「旧竹林院」
    miya (08/09)
  • 坂本・比叡山延暦寺の旅 その9 庭園が美しい 「旧竹林院」
    上畑ナオミ (08/08)
  • 小京都 佐野の旅 その16 佐野市観光物産会館
    miya (02/15)
LINKS
PROFILE
2010年 浜松まつり その14(完) 吹奏楽パレード(2)
吹奏楽パレード-1
浜松市の中心街、連尺通りを堂々と行進する 「浜松市消防音楽隊」 の皆さんです。
吹奏楽パレード-2
吹奏楽パレード-3
パレードに美しい華を添える、フラグ演技の皆さんです。
吹奏楽パレード-4
きびきびとした堂々の行進がつづきます
吹奏楽パレード-5
華麗なコスチュームで登場する 「浜松シティプラス」 の皆さんです。
吹奏楽パレード-6
素晴らしいコスチュームと演奏が観客の目を引きます。
吹奏楽パレード-7
これより高校生の楽団が登場します。 先頭は 「浜北西高校」 の皆さんです。
吹奏楽パレード-8
吹奏楽パレード-9
高校生とは思えない堂々の行進と演奏に拍手です。
吹奏楽パレード-10
二番手は、笑顔がはち切れる 「市立高校吹奏楽部」 の皆さんです。
吹奏楽パレード-11
沿道の観客に、明るく元気な笑顔を見せてくれます。
吹奏楽パレード-12
素敵な笑顔のカメラ目線、ありがとうございます。
吹奏楽パレード-13
三番手の行進は 「浜松工業高校吹奏楽団」 の皆さんです。
吹奏楽パレード-14
吹奏楽パレード-15
大勢の観客が見守る中でのパレード、高校時代の良い思い出になることでしょう。
吹奏楽パレード-16
きれいな校名です。 「浜松海の星高校」 の皆さんです。
吹奏楽パレード-17
吹奏楽パレード-18
吹奏楽パレード-19
服装も演奏もきれいにまとまって、素晴らしいです。
吹奏楽パレード-20
若さがほとばしる、「浜松商業高校吹奏楽団」 の皆さんです。
吹奏楽パレード-21
若さと元気で、パレードを盛り上げます。
吹奏楽パレード-22
殿(しんがり)を務める堂々の行進です。
JUGEMテーマ:写真

 市内の高校の吹奏楽部など13団体、総勢760人の吹奏楽パレードは、町やまつりを活気づけてくれました。 特に将来を担う多くの高校生の参加には感動しました。

 5月3日~5日にわたって開催された 「2010浜松まつり」、3日間の人出は、昨年より約23万人多い、延べ170万が訪れたと報道されています。 それは3日間とも好天に恵まれたこと、まつりを演出してくれた浜松市民の熱意によるものと思います。
 勇壮な凧揚げ合戦に始まり、美しいミス浜松コンテスト、威勢のいい練り、華麗な御殿屋台引き回し、そして堂々の吹奏楽パレードなどなど、観覧と撮影を堪能させてもらいました。 浜松市民の皆さん感動ありがとうございました。(完)

 尚、まつりの合間に、「浜名湖ガーデンパーク」 を撮影してきました。 引き続き写真展示しますので見て下さい。 ここは2004年に開催された 「浜名湖花博」 の後に整備され、2005年6月より一般に公開された無料の県営大規模公園です。
| 2010 浜松まつり | 19:01 | comments(0) | - |
2010年 浜松まつり その13 吹奏楽パレード(1)
吹奏楽パレード-1
浜松まつり二日目、5月4日17:00 「吹奏楽パレード」 が連尺通りから始まりました。
吹奏楽パレード-2
ミスター浜松の鈴木康友市長です。 自らがあらゆる機会をとらえ、“浜松のセールスマン” となって 「政令指定都市・浜松市」 を積極的に売り込む52歳の若きエネルギッシュな市長さんです。 浜松市は人口82万人の政令指定都市です。
吹奏楽パレード-3
2010ミス浜松グランプリの水野愛里さんです。
吹奏楽パレード-4
左がミス浜松の大橋幸奈さん、右がミス浜松まつりの河村友美さんです。
吹奏楽パレード-5
手前の方がミス浜松まつりの今章乃さんです。
吹奏楽パレード-6
吹奏楽の先頭を切って登場したのは 「浜松基地カラーガード隊」 の皆さんです。
吹奏楽パレード-7
吹奏楽パレード-8
一糸乱れぬフラグの演技が見事です。
吹奏楽パレード-9
凛とした所作が素晴らしいです。
吹奏楽パレード-10
統制のとれた見事な演奏でした。
吹奏楽パレード-11
軽やかに華麗な動きで登場したのは 「ヤマハ吹奏楽団」 です。
吹奏楽パレード-12
吹奏楽パレード-13
吹奏楽パレード-14
楽器メーカーのヤマハ、さすがに洗練された演奏で、素晴らしいです。
吹奏楽パレード-15
次に登場したのは、パレードの華、「創価学会 静岡富士鼓笛隊」 の皆さんです。
吹奏楽パレード-16
元気と若さがあふれています。
吹奏楽パレード-17
吹奏楽パレード-18
思わず 「可愛い」 の声が出ます、コスチュームも振付けも可愛いです。
吹奏楽パレード-19
笑顔がきれいな少女たちです。
吹奏楽パレード-20
若さあふれる鼓笛隊に元気をもらいました。
JUGEMテーマ:写真

 2010浜松まつり二日目、5月4日、午後5時から 「吹奏楽パレード」 が華やかに開催されました。 市内の高校、市消防音楽隊のメンバーら総勢760名 13団体が参加。 連尺通りを出発点とする約1kmのコースを、華麗にして迫力ある演奏を披露してくれました。 夕方の中心街は、大勢の町民や観光客がパレードを楽しみました。
| 2010 浜松まつり | 19:01 | comments(0) | - |
2010年 浜松まつり その12 御殿屋台引き回し(2)
御殿屋台引き回し-1
中島町本町(なかじまちょうほんまち)、唐破風軒搦二重屋根入母屋造り、一寸法師、十ニ支が彫刻されています。 左の住吉(すみよし)の御殿屋台、唐破風軒搦入母屋造りで五社車(風神、雷神、力神、恵比須、大黒)が彫刻されています。
御殿屋台引き回し-2
外側に中島町の 「中」 を、内側を本町の 「ほ」 をデザインした凧印が中島町本町を表します。 きれいに薄化粧した少女たちのお囃子が聞こえてきます。
御殿屋台引き回し-3
御殿屋台の後ろから、少女たちの奏でる笛の音色が聞こえてきます。
御殿屋台引き回し-4
わ組の提灯が見える御殿屋台は、和田町(わだちょう)です。 重層入母屋軒唐破風造りで五仙人、黄石公、張良が彫刻されています。
御殿屋台引き回し-5
黄色と黄緑の衣装が、さわやかな和田町子供たちのお囃子です。
御殿屋台引き回し-6
御殿屋台引き回し-7
中島町諏訪(なかじまちょうすわ)の御殿屋台、重層唐破風造りで、霜柱、神話を題材にした彫刻が施されています。 リズミカルなお囃子が聞こえてきます。
御殿屋台引き回し-8
天神町(てんじんまち)の華麗な御殿屋台が、観覧席の前に近づいてきます。
御殿屋台引き回し-9
重層唐破風造りの御殿屋台、雷神、風神、玉を抱える竜、十二支、加藤清正虎退治が彫刻されています。 素晴らしい彫刻です。
御殿屋台引き回し-10
通称 「ヨコテン」 は、明治からの長い歴史を持つ。 元気がいい少年たちのお囃子!
御殿屋台引き回し-11
一際、鮮やかな衣装の西伊場町(にしいばちょう)のお囃子の皆さん、きれいでした。
御殿屋台引き回し-12
黄緑の清楚な衣装の相生町お囃子の皆さんです。
御殿屋台引き回し-13
相生町(あいおいちょう)の御殿屋台が通り過ぎていきます。 重層唐破風造りで、昇り竜、下り竜の一刀彫が施されています。 また、相生の地名は、夫婦が深い契りと愛情によって共に長生きすることを意味しています。
御殿屋台引き回し-14
御殿屋台引き回し-15
絢爛豪華な木戸町(きどちょう)の御殿屋台です。 唐破風軒搦二重屋根入母屋造りで、竜、鳳凰、十二支の彫刻が施されています。 浜松城下、外木戸、内木戸があった時に 「木戸町」 の町名が付けられました。 清楚な衣装のお囃子が印象的です。
御殿屋台引き回し-16
御殿屋台引き回し-17
金色に輝く尾張町(おわりちょう)の御殿屋台がきれいです。 重層唐破風入母屋造りで、金太郎、一寸法師、羽衣、浦島太郎の彫刻がされ、お囃子もきれいでした。
御殿屋台引き回し-18
重層式入母屋造りの鴨江町(かもえちょう)の御殿屋台が、厳かに進みます。
御殿屋台引き回し-19
「可」の字を変体仮名で書くと「一」の下に「の」が入る字になります。 これが鴨江町の凧印の原形になっていると思われます 。 整然としたお囃子が見事です。
御殿屋台引き回し-20
重層入母屋造りの佐鳴台一丁目(さなるだいいっちょうめ)の御殿屋台に続いて、重層唐破風入母屋造りの佐藤西南(さとうせいなん)の御殿屋台が粛々と進みます。
JUGEMテーマ:写真

 観覧席から見る御殿屋台引き回し、次から次へと絢爛豪華な屋台が進むさまは、見物人を魅了する幻想的な美しさです。 時間の経過とともに提灯の明かりで照らし出さる御殿屋台は、素晴らしいの一言です。 今回に二度にわたり御殿屋台を写真展示しましたが、83か町のごく一部です。 今年は終わりましたが、浜松のこの会場で感動を味わって下さい。 お勧めの光景です。

 御殿屋台(83か町)
華麗でまばゆいばかりの「御殿屋台」。 大八車から始まった屋台も、今では重層、唐破風、入母屋造りといった豪華な屋台が主流となっています。 唐破風以外にも、千鳥破風、桃破風など、御殿屋台には堂々とした 「破風」 が数多く見られます。 また、彫刻の題材は子供の健やかな成長を願うものや縁起物が多く、「桃太郎」 や 「金太郎」 などの童話をはじめ、七福神や風神、雷神、十二支など実に多種多様。 それぞれの屋台に込められた各町の思いが伝わってくるようです。

 お囃子
屋台を引いてる時に演奏するお囃子には歌舞伎囃子が用いられます。 各町では概ね4、5曲を持ちネタにしており、2ヶ月前から練習して晴れ舞台にそなえています。 お囃子に使われる鳴り物は、締め太鼓・三味線・鼓・笛・大太鼓・オオカワなどとなっています。 屋台に乗ってお囃子を披露するのは12、3人の子供たち。 薄化粧であでやかに飾った子供たちの晴れ姿を見ることができるのも、浜松まつりなれではの風情です。(写真及び本文の説明文は 「2010浜松まつり公式ガイドブック」 より引用)
| 2010 浜松まつり | 20:33 | comments(5) | - |
2010年 浜松まつり その11 御殿屋台引き回し(1)
鍛冶屋町通り
ここが浜松市内中心部イベント会場となる鍛冶屋町通りです。 現在時刻は夕方の17:00です。 交通が遮断され、これから夜の部、各町合同練り(前回写真展示)と御殿屋台引き回しが行われます。 左側の囲いが有料観覧席で座席指定になっています。今回浜松まつりの見学と撮影をするにあたり事前(3/10)にインターネットで購入しました。 良い撮影ポジションを確保するには座席確保が必要です。 出入りが自由なので撮影に専念できます。 何事も事前に準備すると安心です。
御殿屋台引き回し-1
時刻は18:00、各町合同による練りが終わり、各町自慢の 「御殿屋台」 の引き回しが始まりました。 これは大工町(だいくまち)の御殿屋台です。 二層唐破風(からはふ)総白木造りでお伽囃(おとぎばなし) を題材にした彫刻が施されています。
御殿屋台引き回し-2
伝馬町(てんまちょう) の御殿屋台です。 重層総ケヤキ造りで、日本昔ばなし、呉道子の竜、唐獅子牡丹が彫刻されています。
御殿屋台引き回し-3
これが撮影したかった一枚写真です。 浜松のシンボルであるアクトタワーを中央に入れ、左右に御殿屋台を配した構図、きれいに撮れました。 右側が田町(たまち)の御殿屋台、重層唐破風銅板葺屋根で、鶴亀仙人、竜、寅、昇り竜、下り竜(十二支の動物)が彫刻されています。 左側は千歳町(ちとせちょう)の御殿屋台で桃山式三手崎出組造り、彫刻は天狗にまつわる話より、源義経(牛若丸)との鞍馬山での修行時代から青年期を迎え、源平合戦に出陣をする時の様子を絵巻風に再現しています。
御殿屋台引き回し-4
偶然に撮影した写真です。 観覧席から左前方のビルの壁にはめ込まれたTV画面に、直ぐ下のTVカメラで撮影された映像が生中継されています。
御殿屋台引き回し-5
御殿屋台引き回し-6
時刻は18:40、日も落ちて空も暗くなってきました。 ゆっくりと引かれてくる御殿屋台は、野口町(のぐちちょう)です。 桃山式重層造りで七福神、唐子童子の獅子群偶像が彫刻されています。 きれいに化粧した少女がお囃子を務めます。
御殿屋台引き回し-7
観覧席の前を上西町(かみにしちょう)の御殿屋台が通り過ぎます。  一層の総ケヤキ造りで七福神、桃太郎物語が彫刻されています。 後方の垂れ幕がきれいでした。
御殿屋台引き回し-8
御殿屋台引き回し-9
子安町(こやすちょう)の御殿屋台です。 一層大唐破風桧造り。 子安の地名は、町内の子安神社にちなみ名付けられたものと思われます。 御神体は子宝に恵まれるといわれる木之花之佐久夜姫です。 少女の奏でるお囃子が聞こえてきます。
御殿屋台引き回し-10
時刻は18:54、暗闇の中に明りを灯した御殿屋台がすれ違う、 きれいな光景。 左側が高丘(たかおか)の御殿屋台、重層入母屋軒唐破風造りで、松、鷹、龍、風神、雷神が彫刻されています。 右側が植松町(うえまつちょう)の御殿屋台です。 一層大唐破風総桧造り本舞台、絵は源氏物語と屋台守護の竜、虎、唐獅子が描かれています。
御殿屋台引き回し-11
時刻は18:55、アクトタワーはほとんど闇の中、植松町の御殿屋台が通り過ぎます。
御殿屋台引き回し-12
植松町と右側の葵東(あおいひがし)がすれ違います。 葵東の御殿屋台は桃山式二層唐破風出組み造りで日本昔話の彫刻が施されています。
御殿屋台引き回し-13
葵東の御殿屋台から、少女たちの優雅なお囃子が聞こえてきます。
御殿屋台引き回し-14
すれ違う向宿町(むこうじゅくちょう)と成子町(なるこちょう)の御殿屋台です。
向宿町の御殿屋台は桃山式大唐破風で飛竜、竜、恵比須腰彫荒波に千鳥24羽が彫られています。 成子町の御殿屋台は桃山風二層式千鳥唐破風造りで、昇り竜、下り竜、唐獅子に牡丹、櫻に御所車、松に鷹、風神、雷神、義経、弁慶、麒麟、四神獣が彫刻されています。
御殿屋台引き回し-15
きれいに化粧した少女がお囃子を努める光景は、見所の一つです。(向宿町)
御殿屋台引き回し-16
観覧席から美しい御殿屋台を目を輝かして見つめる幼児、将来が楽しみです。
JUGEMテーマ:写真

 各町合同による勇壮な練りに続き、絢爛豪華な御殿屋台が続々と登場します。 中でも、屋台の上で披露する子供達のお囃子(はやし)と、町ごとに多彩な趣向を凝らした屋台彫刻は見ものです。 提灯の明かりに照らされ、宵闇に浮び上がる御殿屋台の競演は、沿道の見物客を魅了するほど幻想的な美しさです。(静岡新聞より) 
| 2010 浜松まつり | 19:09 | comments(0) | - |
2010年 浜松まつり その10 勇壮な合同練り
合同練り-1
浜松まつりの初日、5月3日各町合同による勇壮な 「練り」 が始まりました。
合同練り-2
提灯を掲げた威勢のいい若衆が隊列をつくり、「ヨイッショ、ヨイッショ」 の掛け声も高らかにすり足でリズミカルに行進するさまは、練りの見どころの一つです。
合同練り-3
各町の旗を掲げての堂々の行進です。
合同練り-4
合同練り-5
まつりには無くてはならない 「太鼓とラッパ」 の隊列がつづきます。
合同練り-6
浜松のシンボル 「アクトタワー」 に向かって練りはつづきます。
合同練り-7
合同練り-8
合同練り-9
合同練り-10
合同練り-11
子供から大人まで、町内総出の練りは素晴らしいです。
合同練り-12
偶然、筆者らが座る観覧席の対面に、1時間前に 「2010ミス浜松コンテスト」 で選ばれたミス浜松の4人と鈴木康友浜松市長が練りを観覧されています。 2010ミス浜松にとってはこれが初仕事になります。 この偶然の遭遇に感謝です。
合同練り-13
鈴木市長と4人のミス浜松の前で、激練りです、地元TV局も取材しています。
合同練り-14
合同練り-15
ついに鈴木市長が激練りに参加、まつりは一気に盛り上がります。
合同練り-16
各町合同の勇壮な練り、素晴らしい迫力と集団の美に魅了されます。
合同練り-17
5月5日の静岡新聞に掲載された素晴らしい 「合同練り」 の写真です。 愛読者の皆様に少しでも合同練りの迫力を味わってもらいたく記載させて頂きました。
JUGEMテーマ:写真

 浜松まつりの初日5月3日、昼間の中田島凧揚げ会場で凧揚げ合戦を終え、夕方からは、市の中心部にまつりの舞台を移し、3日間で延べ83ヵ町が参加しての 「御殿屋台引き回し」 が行われます。 メイン会場の鍛冶町通りでは 「御殿屋台引き回し」 に先立ち、各町合同による勇壮な 「練り」 が行われました。

 「練り」 とは、町の旗を持った人を先頭に、提灯を掲げた威勢のいい若衆が隊列を作り 「オイッショ、オイッショ」 の掛け声も高らかにすり足でリズミカルに行進することを 「練り」 といいます。
 また 「初練り」 は初凧を揚げた家の施主と初子を中心に、自宅前でお祝いとして行うことをいい、各町の組長を先頭に隊列を組んで気勢を上げつつ初子の健やかな生長を願って練り祝います。 勇壮で激しい夜の練りをいつのころからか 「激練り」 と呼ぶようになり、現在では、浜松まつりを代表する代名詞となっています。(2010浜松まつり公式ガイドブックより引用) 
| 2010 浜松まつり | 19:01 | comments(0) | - |
2010年 浜松まつり その9 ミス浜松コンテスト
ミス浜松コンテスト-1
2010年 ミス浜松コンテスト出場者募集のポスターです。 応募資格は浜松市に在住または通勤・通学している18歳以上の未婚の女性。 ミス浜松グランプリ;1名、ミス浜松;1名、ミス浜松まつり;2名選出。 最終選考会5/3 アクトシティ浜松・大ホール 14:00開演など が記載されています。
ミス浜松コンテスト-2
5月3日、14:00、アクトシティ浜松・大ホールに満員の観客を集めて 「2010ミス浜松コンテスト」 の最終審査が開演しました。 スクリーンに映像が映し出されます。
ミス浜松コンテスト-3
司会進行役を務めるのは 「SBS 静岡放送」 のアナウンサー二人です。
ミス浜松コンテスト-4
最終選考会には書類と面接選考を通過した20人が出場。 一人ずつ紹介されます。
ミス浜松コンテスト-5
最終選考にエントリーされた20人全員が壇上に勢揃いしました。
ミス浜松コンテスト-6
スクリーンには、ミスに選ばれた方々に授与される賞品が紹介されています。
ちなみに、ミス浜松グランプリには、プジョーNEW207一年間ご利用券、LOOK JTBグアム4日間の旅(ペア)、舘山寺サゴーロイヤルホテル宿泊ご利用券(3万円)、刃物のタケモト特選高級料理包丁セットが贈られます。
ミス浜松コンテスト-7
最初の審査は、私服による審査です。
ミス浜松コンテスト-8
審査員の質問に答えます。 あなたのモットーは、浜松の良い点、悪い点などなど
ミス浜松コンテスト-9
私服の後は、「浜松まつり」 の衣装に着替えての審査です。
ミス浜松コンテスト-10
浜松ならではの衣装で、審査員の質問に答えます。 これで審査は終わりです。
ミス浜松コンテスト-11
ミス浜松コンテスト-12
最終審査結果が出るまで会場では、浜松市出身のアーティスト ERIKOさんの歌が流れます。 4/9にはミニアルバム 「終わりなき愛の歌」 がリリースされています。
ミス浜松コンテスト-13
壇上には最終審査のプレゼンターを務める 「2009ミス浜松コンテスト」 の皆さんです。 一人置いて左からミス浜松まつりの伊藤栄里子さん、グランプリの田中道子さん、ミス浜松の鈴木麻見子さん、ミス浜松まつりの小野嘉巳さんです。
ミス浜松コンテスト-14
エントリーされた20人が浜松まつりの「練り」をしながら、せりあがりで再登場です。
ミス浜松コンテスト-15
最初にコールされたのは、「2010ミス浜松まつり」、エントリー2の今章乃さん、エントリー15の河村友美さんです。 おめでとうございます。
ミス浜松コンテスト-16
次にコールされたのが、「2010ミス浜松」、エントリー7 大橋幸奈さんです。
ミス浜松コンテスト-17
2010/5/3 16:03 最後にコールされたのは、「2010ミス浜松グランプリ」、エントリー13 水野愛里さんです。 おめでとうございます。
ミス浜松コンテスト-18
水野愛里さんに、浜松まつり本部会長 鈴木康友浜松市長より表彰状の授与。
ミス浜松コンテスト-19
プレゼンター2009ミス浜松の田中道子さんより、花束の贈呈です。
ミス浜松コンテスト-20
「2010ミス浜松」 のタスキがかけられます。
ミス浜松コンテスト-21
頭上には、グランプリの象徴である 「ティアラ」 がセットされます。
ミス浜松コンテスト-22
満面の笑みで、観客にあいさつされる水野愛里さん
ミス浜松コンテスト-23
左から2010ミス浜松まつりの今章乃さん、グランプリの水野愛里さん、ミス浜松の大橋幸奈さん、ミス浜松まつりの河村友美さんです。 改めましておめでとうございます。 一年間の活躍が楽しみです。
JUGEMテーマ:写真

 5月3日午後2時より 「2010ミス浜松コンテスト」 がアクトシティ浜松の大ホールで、大勢の観客を集め盛大に開催されました。 筆者この種の撮影は初めての経験で、どのような展開になるのか興味津々で撮影しました。 ホール後方のTVカメラの前に席をとりズーム望遠で撮影、少々明りが不足気味でしたが、何とかきれいに撮れました。
| 2010 浜松まつり | 19:23 | comments(0) | - |
2010年 浜松まつり その8 各会場めぐり
浜松まつり-1
ザザシティ中央広場では大道芸を楽しんできました。
浜松まつり-2
浜松まつり-3
風紋広場では 「浜松出世太鼓」 やカラオケファン大集合で盛り上がっていました。
浜松まつり-4
サンクンプラザでは 「世界まつり」 が開催されました。
浜松まつり-5
華やかにオープニングを飾るサンバパレード! 迫力満点です。
浜松まつり-6
浜松まつり-7
浜松まつり-8
軽快なサンバのリズムが会場に響きます。
浜松まつり-9
緑色の衣装で妖艶に踊る 「ベリーダンス」 、きれいでした。 ちなみに初めてみるベリーダンスとは、bellyとは腹部の意味で、腹部をひねったり腰を振ったりする女性の踊りです。 西アジアやアフリカ北岸で行われています。(広辞苑より)
浜松まつり-10
世界まつり会場では、世界各国の料理屋台が軒を並べます。 中国、インドはもとより、ロシア、メキシコ、中南米インカなど世界の味が楽しめます。 また浜松餃子や富士宮やきそばなど 「B級ご当地グルメ」 も堪能できます。
JUGEMテーマ:写真

 浜松まつりは毎年5月3日~5日まで開催されます。 メインの中田島砂丘の凧揚げ合戦、市内中心部会場の御殿屋台引き回しの他に、サテライト会場としてアクトシティ会場、中田島風紋会場、サザシティ中央広場などで市民から観光客まで、誰でも楽しめるたくさんのイベントが開催されています。 是非来年、イベントのスケジュールをチェックしながら 「浜松まつり」 を楽しんで下さい。
 2010年浜松まつりの写真展示、まだまだ続きます。 見て下さい。
| 2010 浜松まつり | 19:01 | comments(0) | - |
2010年 浜松まつり その7 浜松駅
浜松駅-1
JR浜松駅南口、そびえ立つビルは 「アクトタワー」です。
浜松駅-2
音楽の町浜松、駅前にあるオブジェ。 定刻にベルがメロディーを奏でます。
浜松駅-3
駅前の花壇につつじが満開でした。(5月4日撮影)
浜松駅-4
浜松駅-5
浜松駅-6
浜松駅-7
浜松駅-8
浜松駅-9
きれいな花が、乗降客の目を楽しませてくれます。
浜松駅-10
JR浜松駅、南口と北口の連絡通路です。
浜松駅-11
JR浜松駅北口に展示されている 「モザイカルチャー」 です。
浜松駅-12
浜松市のマスコットキャラクター 「ウナギイヌ」、はままつ福市長 です。
浜松市では2009年に、日本で初めて 「浜松モザイカルチャー世界博2009」 が開催されました。 世界博に出展された全作品91点を写真展示しています、見て下さい。
浜松駅-13
地上45階、高さ185mのアクトタワー。 展望回廊からの眺望は東海地方では屈指、市街をダイナミックに一望し、南に遠州灘、北に南アルプス、天候に恵まれれば富士山まで望めます。
浜松駅-14
一日の平均乗車人員は約37、000人、県内では静岡駅についで二番目に多い駅。
浜松駅-15
地下には、こんな素晴らしい癒しの空間があります。
浜松駅-16
駅前にはまつりの期間、絢爛豪華な御殿屋台が置かれています
浜松駅-17
屋台からは、きれいにお化粧した子供たちのお囃子が聞こえてきます。
JUGEMテーマ:写真
 
 浜松まつりで賑わう駅周辺を撮影してきました。 外観は音楽の町浜松を意識して、ハーミニカをモチーフにしたアクトタワーを擁するアクトシティ、写真撮影の被写体が豊富です。 特にこの時期は駅南口の花壇には色とりどりの花が満開です。 浜松にお越しの際は、まつり見物と合わせて高さ185mのアクトタワー展望回廊からの眺望をお勧めします。 筆者も一度以前に眺望しました。 素晴らしい眺めです。 
| 2010 浜松まつり | 19:01 | comments(0) | - |
2010年 浜松まつり その6 浜松まつり会館
浜松まつり会館-1
浜松市南区中田島町にあります 「浜松まつり会館」 です。
浜松まつり会館-2
この会館の裏側が 「シャトルバス乗降場」 になっています。
浜松まつり会館-3
ここの左側が開館入口、観覧料は大人:400円、中学生以下は無料です。
浜松まつり会館-4
入口を入ると、まず目に入るのが 「凧揚げ合戦用十帖凧」、約4m四方あります。
浜松まつり会館-5
新潟県の 「白根凧」 や 「三条の六角凧」 も展示されています。
浜松まつり会館-6
ここは、凧糸製作実演コーナーです。 浜松まつりの凧揚げ合戦に使う麻糸(規格品直径5mm) はここで一年中製作されています。 原料の麻は、栃木県鹿沼地方で栽培されているものを使用。 凧揚げ合戦の勝敗の鍵を握る凧糸には、丈夫さが求められます。 原料は摩擦に強い麻を使用。 各町の凧糸の強さを平等に保つため、凧糸は会館でのみ販売しています。(掲示版、パンフレットより)
浜松まつり会館-7
ハイビジョンルームでは、浜松まつり8分間のダイジェスト映像が見れます。
浜松まつり会館-8
大凧展示室
浜松まつり会館-9
浜松まつり会館-10
凧揚げ合戦の模様を音と映像でリアルに再現。 ラッパの音色と激練りの声に包まれて、しばし凧揚げ会場にタイムスリップできます。
浜松まつり会館-11
各町の凧印が展示されています。
浜松まつり会館-12
まつりには欠かせない提灯も展示されています。
浜松まつり会館-13
浜松まつり会館-14
浜松まつりのもう一つの見所に、御殿屋台の引き回しがあります。 会館には 「御殿屋台展示室」 があり、 華やかな御殿屋台の行列と夜のまつりを音と映像でリアルに再現しています。 職人の伝統技が冴えわたる重厚な彫刻を施した、浜松市制80周年記念の御殿屋台を展示されています。
浜松まつり会館-15
浜松まつり会館の壁面に、見事な凧揚げ合戦の壁画が描かれています。
JUGEMテーマ:写真
 
 凧揚げ合戦の撮影を終え、帰りに 「浜松まつり会館」 を見学してきました。 臨場感あふれる音と光と映像で浜松まつりを模擬体験できます。 約4m四方の実物の10帖凧や絢爛豪華な御殿屋台が展示されています。 凧糸製造の実演も見学することができます。 一度ご覧ください。 浜松まつりがより一層楽しめます。
| 2010 浜松まつり | 19:01 | comments(0) | - |
2010年 浜松まつり その5 凧揚げ合戦(5)
浜松まつり-1
大凧が青空に舞います。 期間中の5月3日~5日は好天に恵まれ最高でした。
浜松まつり-2
揚がっている大凧は 住吉(すみよし)の凧印。 住吉町のはじめの文字である平仮名の 「す」 を採用しようとしたが、中島諏訪が使用していたので、片仮名の 「ス」 とした。
凧揚げの基本は、風の強いときは小さめの凧、風が弱い時は大きい凧を揚げる。 風が少し出たところで一気に引き、後ろに走る。 風が十分に有れば、凧は自然に上昇する。(説明文2010浜松まつり公式ガイドブックより引用)
浜松まつり-3
江之島町(えのしまちょう)の初凧。
 凧印の白地はまつりに初めて参加した時の初心を忘れることのないように、赤の 「江」 は町民のまつりに対する熱い想いと強い結束、更なる発展を表す。
浜松まつり-4
神田町(かみだまち)の初凧。 以前は浜名郡可美村明神野と呼ばれた。 「神様が創造し守護している有難い土地」 という伝承から、「神」 を大きく凧いっぱいに描いた。
浜松まつり-5
佐藤中町(さとうなかまち)の初凧。 当町の凧印は変体仮名の 「さ」 の斜め上下に藤の花が入っていた。 町名が広く知られてからは、町の頭文字を変体仮名にしている。
浜松まつり-6
ベテランから若手へ操作技術の伝承が行われているこの道具は 「糸枠」 です。 1000m以上ある凧糸が巻きつけられている糸車。 組によっては1300mや1800mのところもある。 糸枠には、物凄い勢いで出ていく糸を止めるためのブレーキが付けられている。 車輪はかつて鉄製だったが、重くて移動が大変なことから、早く移動できるよう、スクーターのタイヤをつけるなどの工夫が施されている。
浜松まつり-7
大凧の下に入ってみました、さすがに大きいです。
浜松まつり-8
浜松凧は正方形で真ん中から尻尾骨が出ているのが特徴。 糸切り合戦を行うため、骨組みは細かく頑丈に作られている。 大きさは2帖から10帖まであり、合戦には4帖から6帖が最適とされている。 1帖は美濃大判紙12枚で1.25m四方だから、4帖は48枚で2.4m四方、10帖では120枚貼り3.64m四方もの大凧になる。
浜松まつり-9
北田町(きたたまち)の大凧。 葺きおろし 「しころ」 に大鍬形、鉄面を配し図案化した。 端午の節句、尚武(しょうぶ) にちなんで、勇壮な凧印として冑を凧印としている。
浜松まつり-10
成子町(なるこちょう)の大凧。 菱形に 「成」 の字。 菱形のいわれについて、いろいろと言い伝えられているが、残念ながら現在これを立証する者はいない。
浜松まつり-11
芳川町神出(ほうがわちょうじんで)の初凧。 神出組は高町組の指導を受け育った。 そこで 「おかめ組」 にあやかり、ひょっとこ(火男) に決められた。
浜松まつり-12
名塚町(なづかちょう)の初凧。 名切、塚越の二つの字を合併し名塚町となった。 二つの字の神社を合祀して奈津賀神社とした。 神社の頭文字 「奈」 を凧印としている。
浜松まつり-13
凧揚げ合戦の撮影を終え、バス乗車場へむかいます。 夜は絢爛豪華な屋台83台が集結する 「御殿屋台引き回し」 があり、撮影してきました。
浜松まつり-14
バス乗車場近くの公園では、ハッピ姿で記念撮影ができます。
浜松まつり-15
浜松駅方面に向かうバス乗車の行列です。
JUGEMテーマ:写真
 
 好天に恵まれた浜松まつり、凧揚げ合戦は大盛況でした。 帰りのバスの行列にはびっくりしましたが、運行が実にスムーズでそれほど待たずに乗れて助かりました。
| 2010 浜松まつり | 19:00 | comments(0) | - |
このページの先頭へ