質素な写真展示室

富士の裾野で、美しい日本の風景・お祭りや花などの写真を展示します。

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 和歌山の旅 その51 和歌浦散策 番所庭園
    miya (11/14)
  • 和歌山の旅 その51 和歌浦散策 番所庭園
    k-matsui (11/11)
  • 滋賀・長浜と彦根の旅 その55 清涼寺(彦根市)
    miya (10/29)
  • 滋賀・長浜と彦根の旅 その55 清涼寺(彦根市)
    五島 (10/26)
  • 小京都 人吉の旅 その19 犬童球渓
    miya (10/10)
  • 小京都 人吉の旅 その19 犬童球渓
    花田 淳 (10/09)
  • 坂本・比叡山延暦寺の旅 その9 庭園が美しい 「旧竹林院」
    上畑ナオミ (08/16)
  • 坂本・比叡山延暦寺の旅 その9 庭園が美しい 「旧竹林院」
    miya (08/09)
  • 坂本・比叡山延暦寺の旅 その9 庭園が美しい 「旧竹林院」
    上畑ナオミ (08/08)
  • 小京都 佐野の旅 その16 佐野市観光物産会館
    miya (02/15)
LINKS
PROFILE
高尾山・鳩山会館とお台場の旅 その12(完) 東京の夜景
東京の夜景-1
ドライバーの計らいで夜の銀座を車窓見学です。 読売ジャイアンツ日本一おめでとうの垂幕。 翌日優勝パレードが行われました。
東京の夜景-2
東京の夜景-3
東京の夜景-4
夜の銀座、人通りが多いです。
東京の夜景-5
車も混雑しています。
東京の夜景-6
夜空にぽっかり浮かぶ国会議事堂です。
東京の夜景-7
東京の夜景-8
観光バスは再び首都高、東名高速を走り静岡に帰ります。
JUGEMテーマ:写真

 お台場イルミネーションクルーズを終えたツアー一行は全ての観光を終え、観光バスに乗って夜の東京を走り静岡県の各出発点に帰ります。

 「高尾山・鳩山会館とお台場の旅」 は今回をもって終了です。 紅葉の高尾山と鳩山会館・音羽御殿、お台場イルミネーションクルーズはクラブツーリズムの日帰りバスツアーです。 バス代、入場料、クルーズ代と昼食付き全て込みで、大人一人8、980円でした。 格安料金で一日観光ができ幸せな気分です。 時間のロスがないツアー観光はお勧めの手軽な旅です。(完)
| 高尾山・鳩山会館とお台場の旅 | 22:07 | comments(0) | - |
高尾山・鳩山会館とお台場の旅 その11 お台場イルミネーションクルーズ(2)
東京湾クルーズ-1
クルーズ船 「海舟」 のデッキよりフジテレビ社屋を撮影。
東京湾クルーズ-2
クルーズ船は定刻17:15にお台場京浜公園を出港、日の出桟橋に向かう。
東京湾クルーズ-3
フジテレビ社屋、ライトアップの色が変化してきれいです。
東京湾クルーズ-4
東京湾クルーズ-5
色鮮やかなクルーズ船が往来します。
東京湾クルーズ-6
ライトアップされたレインボーブリッジ間近に見えます。
東京湾クルーズ-7
クルーズ船はレインボーブリッジの下をくぐります。
東京湾クルーズ-8
晴海ふ頭が見えます。
東京湾クルーズ-9
雲一つない空に月が浮かんでいます。 素晴らしい東京湾の夜景。
東京湾クルーズ-10
東京湾クルーズ-11
黄金色に光輝く東京タワーがきれいでした。
東京湾クルーズ-12
東京の夜空に飛行船が浮かぶ優雅な風景です。
東京湾クルーズ-13
クルーズ船の船室。
東京湾クルーズ-14
約20分の東京湾クルーズを終え、日の出桟橋に到着。
JUGEMテーマ:写真

 ツアー客一行の乗ったクルーズ船 「海舟」 は定刻にお台場京浜公園を出港、美しくライトアップされたフジテレビ社屋を眺望しながら日の出桟橋に向かいます。 東京湾を往来すろ船やライトアップされたレインボーブリッジがきれいでした。 また、初めて見る黄金色の東京タワーには感動。 約20分間の東京湾イルミネーションクルーズは思い出に残る旅となりました。

 今朝の気温が−1.5℃でこの冬一番の冷え込みです。 また最近伊豆半島沖で群発地震が発生し我が家もかなりの揺れを感じます。 一刻も早く終息するのを祈るばかりです。
| 高尾山・鳩山会館とお台場の旅 | 19:01 | comments(0) | - |
高尾山・鳩山会館とお台場の旅 その10 お台場イルミネーションクルーズ(2)
お台場の風景-1
お台場海浜公園
お台場の風景-2
お台場の風景-3
お台場海浜公園から見える高層ビルが立つ風景。
お台場の風景-4
TOKYO CRUISE お台場海浜公園発着所、後ろに見えるのがフジテレビ社屋。
お台場の風景-5
お台場の風景-6
お台場の風景-7
桟橋から色々なコースの船が発着します。海上バスとして利用されています。
お台場の風景-8
ツアー一行が乗船する定員540人乗りの 「海舟;かいしゅう」 が桟橋に接岸します。
お台場の風景-9
時刻は17:00、周りが一段と暗くなり昼間では味わえない美しさを見せてくれます。
JUGEMテーマ:写真

 本ツアー最後の目玉 「海から眺める東京イルミネーションクルーズ」。 東京臨海副都心 「お台場」、平成5年にお台場と港区の芝浦を結ぶレインボーブリッジが開通し、美しい夜景をみられるということで言わずと知れた人気の観光スポットです。 夕日が沈みかける頃になると数百個のイルミネーションライトが橋全体をライトアップします。 レインボーブリッジと高層建築が立ち並ぶ、光の海のように美しく輝くお台場の夜景を船から眺める東京湾イルミネーションクルーズ。 船の上だからこそ見ることができる海面に写し出されるライトの渦。昼間では味わうことのできない美しい東京の姿は旅を締めくくる最高の思い出になります。 (ツアー案内より) 
 これから、定刻17:15発のクルーズ船 「海舟」 に乗り、日の出桟橋までの約20分間のイルミネーションクルーズを楽しみます。
| 高尾山・鳩山会館とお台場の旅 | 19:01 | comments(0) | - |
高尾山・鳩山会館とお台場の旅 その9 お台場イルミネーションクルーズ(1)
車窓からの風景-1
車窓から撮影した東京タワーです。
車窓からの風景-2
首都高速を走りお台場へ、レインボーブリッジの標識が見えます。
車窓からの風景-3
レインボーブリッジが見えてきました。
車窓からの風景-4
レインボーブリッジを渡りお台場に向かいます。
車窓からの風景-5
きれいな橋です。
車窓からの風景-6
レインボーブリッジ上から見えるフジテレビ社屋。
車窓からの風景-7
観光バスはフジテレビ社屋前を通り過ぎます。
車窓からの風景-8
ほどなく行くと 「ゆりかもめ・台場駅」 があります。
お台場の風景
お台場の一風景です。
夕暮れの風景-1
お台場海浜公園から見る東京湾夕暮れの風景です。
夕暮れの風景-2
時刻は16:25、西の空が夕日に染まりきれいです。
夕暮れの風景-3
黄昏時の 「レインボーブリッジ」 は神秘的な美しさを見せてくれます。
JUGEMテーマ:写真

 鳩山会館の見学を終え、再び観光バスに乗り込み最後の観光 「お台場イルミネーションクルーズ」 に向かいます。 首都高速にのりほとんど渋滞もなく快適なドライブを楽しみました。 間もなく日本一の座を東京スカイツリー(634m) 譲る 「東京タワー(333m)」 、長さ798mの 「レインボーブリッジ」、そしてテレビや写真で幾度も目にする 「フジテレビ社屋」 を車窓観光し、お台場海浜公園クルーズ船発着所に16:30に到着。17:15の出発待ち時間を利用して黄昏時のレインボーブリッジを撮影。 ライトアップされたレインボーブリッジがとてもきれいでした。 東京名所の一つです。

 【ミニ知識】 レインボーブリッジ (フリー百科事典より)
 レインボーブリッジは、東京都港区の芝浦とお台場を結ぶ吊り橋。 1987年(昭和62年)着工、1993年(平成5年)竣工、同年8月26日開通。 橋長798m。 俗にRBとも呼ばれる。 「レインボーブリッジ」 の名前は一般公募により決められたもので正式名称は 「首都高速11号台場線・東京湾連絡橋(臨港道路)」 である。
| 高尾山・鳩山会館とお台場の旅 | 19:01 | comments(0) | - |
高尾山・鳩山会館とお台場の旅 その8 鳩山会館(3)
鳩山会館-1
鳩山会館の玄関を入ると大理石の階段があります。
鳩山会館-2
玄関の上に、ハトをデザインした美しいステンドグラスです。
鳩山会館-3
一階にある第一応接室、ここでは貴重なビデオを見ることができます。
鳩山会館-4
重厚な造りの二階に上がる階段です。
鳩山会館-5
階段踊り場に、ハトをモチーフにしたステンドグラスが素晴らしいです。
鳩山会館-6
二階の大広間、修復前は寝室などに使われていました。
鳩山会館-7
大広間に一郎氏の書による額、「和を以って貴しと為す」 と解釈しました。
鳩山会館-8
二階のバルコニーです。
鳩山会館-9
ここにも白いハトが装飾されています。
鳩山会館-10
庭では大勢の観光客が、美しい建物や花の撮影を楽しんでいます。
鳩山会館-11
庭にはバラと一緒に 「皇帝ダリア」 が満開でした。
鳩山会館-12
最後に、バラの花越しに鳩山会館を撮影、日が傾きバラが陰になり残念です。
JUGEMテーマ:写真

 入館時頂いたパンフレットに次のように書かれています。

 鳩山家四代、新しい時代を拓く。
音羽通りのビル群から少し離れただけなのに、都心とは思えない心地よい空気が流れています。
この建物の施主、鳩山一郎は人間性の尊重を基本とし、お互いの立場を理解し、人類愛を根ざす助け合いの精神を 「友愛」 と呼び、代々政治理念として唱えました。
その精神は鳩山家四代に引き継がれ、新しい時代を切り拓く原動力になっています。 そして、この建物にもまtた、友愛の精神が脈々と受け継がれるよう願いを込めているからこそ、洗練された雰囲気を醸し出しているのです。
歴史的価値だけでなく、その根底ににある友愛の精神を感じたとき、そこには澄んだ空気が流れることでしょう。

 撮影禁止でお見せできませんが、鳩山一郎氏、薫氏、威一郎記念室には貴重な資料が展示されています。 日本政治の歴史の一ページを見る思いです。 友愛精神を育まれた鳩山会館、鳩山由紀夫氏が総理大臣在任中に一度訪問されることをお勧めします。 素晴らしいです。
| 高尾山・鳩山会館とお台場の旅 | 20:19 | comments(0) | - |
高尾山・鳩山会館とお台場の旅 その7 鳩山会館(2)
鳩山会館-1
玄関側からみた鳩山会館の全景。
鳩山会館-2
前庭から見た鳩山会館の全景。
鳩山会館-3
二階の大広間からみた庭の全景。
鳩山会館-4
庭に建立されている鳩山和夫・春子夫妻の像です。
鳩山会館-5
鳩山会館-6
像の傍らには、鳩山家にちなんでハトが彫刻されています。
鳩山会館-7
庭に建立されている、第52代 内閣総理大臣 鳩山一郎氏の銅像です。
庭のバラ-1
庭には美しいバラが咲き誇っています。
庭のバラ-2
庭のバラ-3
庭のバラ-4
庭のバラ-5
庭のバラ-6
庭のバラ-7
鳩山会館はバラの花でも有名なところです。
JUGEMテーマ:写真

 鳩山家が音羽の地に居を構えたのが、明治24年(1891)。 現在のイギリス風の洋館が一郎氏によって建てられたのが大正13年(1924)。 傷みがひどくなった洋館を重要な政治の舞台となったことや、建築物としての価値もあることから、由紀夫氏の母 安子氏が保存することを決断。 平成7年(1995)に修復工事が行われ、平成8年(1996)6月1日より一般公開され現在に至っています。 
| 高尾山・鳩山会館とお台場の旅 | 19:01 | comments(0) | - |
高尾山・鳩山会館とお台場の旅 その6 鳩山会館(1)
車窓の風景-1
観光バスの車窓から見る東京の風景、前方に見えるビルが東京都庁です。
車窓の風景-2
車窓の風景-3
観光バスは首都高速を走り、文京区の鳩山会館へ向かいます。
鳩山会館-1
東京都文京区音羽にあります 「鳩山会館・音羽御殿」 の門前でバスから下車。
鳩山会館-2
右側の門柱には、鳩山家の表札が取り付けられています。
鳩山会館-3
門扉に取り付けられている鳩山家の家紋、「尻合わせ三つ結び雁金」 です。
鳩山会館-4
鳩山会館の表札、その横に 「鳩山家の建物」 の掲示板があります。
鳩山会館-5
     鳩山家の建物      東京大学教授(近代建築史) 藤森照信
 文京区の音羽の丘に鳩山家の美しい洋館が姿を現したのは、関東大震災の翌年大正13年である。
 鳩山家は衆議院議員の和夫(1856〜1911)、総理大臣となった一郎(1883〜1959)、外務大臣をつとめた威一郎(1918〜1993)、さらに衆議院議員の由紀夫(1947生れ)、邦夫(1948生れ)、と四代にわたり指導的な政治家を生み育てた。
 この洋館を建てたのは一郎で、ここを舞台に、戦後政治のの画期となった自民党(現・自由民主党)の創設が計られ、また首相として決断した日ソ国交回復の下準備も行なわれている。 設計を手掛けたのは一郎の友人の岡田信一郎(1883〜1932)で、大正・昭和初期を代表する建築家として知られている。
 一郎の没後、傷みがひどくなったけれど、このたび大修復を加え、往年の輝きを回復した。 修復に当たり、一郎、その夫人で教育者の薫、威一郎を記念する部屋を設け、公開されることになった。 バラの庭を前に建つイギリス風の外観、ハトをモチーフとするステンドグラス、アダムスタイルの応接間、朝倉文夫作の和夫、春子夫妻像、などなど見るべきものが多い。 (掲示板原文のまま)
鳩山会館-6
なだらかな坂を上がって行くと 「鳩山会館・音羽御殿」 があります。
JUGEMテーマ:写真

 高尾山の紅葉を楽しんだツアー一行は、再び観光バスに乗り込み都内文京区にある 「鳩山会館・音羽御殿」 の見学に向かいます。
 この鳩山会館は、今年 2009年9月16日、衆参両院の首班指名選挙を経て、第93代内閣総理大臣に就任された鳩山由紀夫氏の生れ育った由緒ある建物です。
 由紀夫氏が総理大臣になられた以降、急激に観光客が増えた鳩山会館、当日も大勢の見物客が日本の戦後政治の原点と言われる建物や貴重な鳩山家の展示物を拝観していました。 現在、日本で一番ホットな観光施設ではないかと思います。
| 高尾山・鳩山会館とお台場の旅 | 19:01 | comments(0) | - |
高尾山・鳩山会館とお台場の旅 その5 高尾山の紅葉(4)
高尾山-1
高尾山・仏舎利塔での紅葉の撮影を終え高尾山駅からケーブルカーで下ります。
高尾山-2
高尾山-3
高尾山-4
ケーブルカーの車窓から撮影した紅葉です。 今回の経験より、乗る位置は進行方向に向かって上りは左側、下る場合は右側に座ると車窓から紅葉がよく見えます。
高尾山-5
ふもとの駅、「清滝駅」まで帰ってきました。折り返し運転で登山客が乗り込みます。
高尾山-6
これからケーブルカーに乗る登山客の長い列を、横目に見ながらバスに向かいます。
高尾山-7
駅舎の時計の針は12時32分、バスの出発時間が13:00 余裕を持って帰れました。
高尾山-8
延々と続く行列、出発40分待ちの看板から遥かに後方まで列は続きます。 バスの添乗員さん 「ケーブルカーに乗らなくてもこの近辺で紅葉は十分楽しめます」 と叫んでいました。 今回のツアーに参加して添乗員さんの仕事の大変さを痛感しました。 バスの出発時間に参加者が一人でも遅れると次の行程が狂います。 特に最後にクルーズ船や飛行機の行程が入っていると予約がされているので大変気を使うそうです。 神経のか弱い人はこの仕事は務まりません。
高尾山-9
バス出発まで余裕があったので、清滝駅の近辺を撮影。 これは 「不動院」 です。
高尾山-10
ケーブルカーに乗らなくても駅近くできれいな紅葉を見ることができます。
高尾山-11
ここは表参道です。 色々なお店が軒を連ねています。
高尾山-12
お土産屋さんもあります。
高尾山-13
案内川の川べりできれいな紅葉を撮影しました。
高尾山-14
京王高尾山口駅に帰ってきました。 午後になるとさすがに降りる人は少ないです。
高尾山-15
駅前に大きな案内板があります。 高尾山は標高599mです。
JUGEMテーマ:写真
 
 今回のツアーで高尾山見学時間は2時間20分でしたが、ケーブルカーの上り下りの乗車待ち時間で約1時間とられ賞味1時間20分の見学でした。 時間が足りません。 シーズンオフですと十分見ることができると思いますが、紅葉の最盛期では全てをみるのは無理でした。 高尾山は1927年(昭和2年) に日本百景に選定されています。 また、2007年(平成19年) から連続して、ミシュランガイドで、最高ランクの “三つ星” の観光地に選出されています。 都心から交通の便がよい上、大都市近郊に豊かな自然が溢れている点が選ばれた決め手のようです。 もう一度来てみたい観光地です。 当ツアー一行は定刻に高尾山駐車場を出発し次の観光地 「鳩山会館」 へ向かいます。
| 高尾山・鳩山会館とお台場の旅 | 19:01 | comments(0) | - |
高尾山・鳩山会館とお台場の旅 その4 高尾山の紅葉(3)
高尾山-1
仏舎利塔、正式名は 「高尾山佛舎利奉安塔」 。 この塔には、タイ国王室より授けられた大聖釈尊の真身骨が奉安されています。
高尾山-2
仏舎利塔の前には高尾山薬王院・飯縄大権現(いいづなだいごんげん) が祀られています。 旅の無事を祈って静かに合掌してきました。
高尾山-3
仏舎利塔の側にきれいな紅葉があります。
高尾山-4
高尾山-5
仏舎利塔の帰りに、参道のきれいな紅葉を撮影しました。
高尾山-6
高尾山-7
薬王院参道(男坂)に句碑があります。 俳句 「桑都(そうと)とは うれしき名かな 春の月」 古泉居 と書かれています。 桑都とは桑の都で八王子を指すと考えます。
高尾山-8
高尾山-9
ケーブルカー高尾山駅近くにある展望台の紅葉がきれいでした。
JUGEMテーマ:写真

 高尾山は東京都心から電車で約1時間で行くことができる交通アクセスの良さや、ケーブルカーなどを使って気楽に登山できることから、老若男女を問わず登山者が多いところです。年間の登山者数は約260万人を超え、富士山やエベレストを遥かに越えて、世界一の登山者数を誇ります。(フリー百科辞典より) 
 登山者数が世界一、この混雑ぶりを見てもわかります。 仏舎利塔から先の薬王院までの参道には参拝客が多く先に進むのに時間がかかります。 今回のツアーの目的が高尾山の紅葉なので十分目的は果たしたと思います。 来春の新緑の頃、再度登山したい見所いっぱいの高尾山です。
| 高尾山・鳩山会館とお台場の旅 | 19:01 | comments(0) | - |
高尾山・鳩山会館とお台場の旅 その3 高尾山の紅葉(2)
高尾山-1
高尾山登山路・1号路にある「サル園・野草園」です。 残念ながら時間の関係で入園できません。 サル園には現在48頭のサルが仲良く暮らしています。 野草園は2800屬涼罎北300種類の山野草が四季折々に咲き一年中楽しめるそうです。
高尾山-2
高尾山の名物、奇妙な根を持つ 「たこ杉」 です。 樹高37m、幹囲6mの大木で、高尾山で2番目の大きさだそうです。 伝説によりますと、大昔この杉の木の根が山道を通るのにとても邪魔なので切り取ってしまおうとしたところ、タコが足を動かすように、あわてて後ろに隠してしまったという話。
高尾山-3
この一帯を 「高尾山自然休養林」 と言うそうです。
高尾山-4
高尾山-5
高尾山-6
登山道を散策していると 「小さな像」 を見かけます。
高尾山-7
たこ杉からほどなく行くと、薬王院有喜寺の 「浄心門」 です。
高尾山-8
浄心門の傍らにある小さなお堂は 「神変堂」、安置されているのは「神変大菩薩」。 ご利益は健脚祈願、腰痛平癒です。
高尾山-9
108段の石段を上る男坂を進みます。
高尾山-10
左側が男坂、真っ直ぐ上に行くと薬王院へ、手前へ方は 仏舎利塔へ行く道です。 今回、人が多く時間も少ないので、薬王院はあきらめ、仏舎利塔へ向かいます。
高尾山-11
高尾山-12
高尾山-13
「仏舎利塔」 に行く道で、きれいな紅葉を撮影することができました。
JUGEMテーマ:写真

 今回ツアーなので、出発時間厳守で一行は行動します。 当日は土曜日で絶好の行楽日和とあって沢山の行楽客が高尾山の紅葉を楽しみます。 当初 「薬王院」 まで行く予定でしたが、人が多く帰りのケーブルカーの待ち時間を考慮して 「仏舎利塔」 とその周辺の紅葉を撮影して引き返します。
| 高尾山・鳩山会館とお台場の旅 | 19:01 | comments(0) | - |
このページの先頭へ