質素な写真展示室

富士の裾野で、美しい日本の風景・お祭りや花などの写真を展示します。

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
金沢・能登の旅 その19 兼六園(7) 手水鉢、金城霊澤
兼六園-1
兼六園-2
兼六園 瓢池(ひさごいけ)の近くにある「伯牙断琴の手水鉢」。
兼六園-3
逞しく生きる木の根
兼六園-4
園内の美しい風景を見ながら、出口「随身坂口」へ向かいます。
兼六園-5
出口「随身坂口」から見る風景
兼六園-6
案内板に従って「金城霊澤」へ
金城霊澤-1
あづまやの様な四つ柱の建物「金城霊澤」。
金城霊澤-2
扁額に「金城霊澤」の文字
金城霊澤-3
天井に描かれた龍の絵。
金城霊澤-4
金城霊澤の湧き水。石組の井戸のようなところから水が湧いています。
鳳凰山-1
間口;約2.7m、高さ・奥行;2.15mの洞窟の中に「金城霊澤碑」が納められています。
鳳凰山-2
鳳凰山(ほうおうざん) 岩を積み上げて鳳凰の形にしたので、この丘を鳳凰山と呼ぶ。
大屋よしあつ翁之碑
 大屋よしあつ翁之碑。碑の頭上に二匹の猪が地球のような球を支えています。大屋氏は、加賀藩士出身で幕末で長崎などに留学していた地理学者で、石川県における皇国地誌編纂の中心人物だそうです。

JUGEMテーマ:写真

 金沢名発祥の地・金城霊澤(きんじょうれいたく) 金沢神社の境内に隣接する湧水。文政2年(1819)十二代藩主斉広(なりなが)が名付けて建てられたものです。ここには室町時代の頃、山崎村といっていたこの付近で藤五郎という若者が芋といっしょに掘り出したのが砂金で、ザルに入れた砂金をこの所に湧いて出る清水でふるい洗ったことから、ここを「金を洗った沢」金洗沢(かなあらいのさわ)といい、この金洗沢の金と沢を取り、金沢と云う地名になったのだというお話が伝わって居ります。(兼六園鎮守 金沢神社より)
| 金沢・能登の旅 | 19:00 | comments(0) | - |
金沢・能登の旅 その18 兼六園(6) 黄門橋、噴水と瓢池
兼六園-1
龍石(りゅうせき) 形が龍に似た石で、兼六園三名石の一つ。他に虎石・獅子巌があります。
兼六園-2
兼六園-3
 黄門橋(こうもんばし)青戸室石でできた一枚石で、大きさは園内一、長さ6m、幅1mあります。「黄門」とは中国名で中納言のことであり、中納言であった3代藩主利常(としつね)公を称えて名付けられました。
兼六園-4
日本最古の噴水。
兼六園-5
文久元年(1861)に13代藩主斉泰(なりやす)が、金沢城内の二の丸に水を引くために試作させたと言われる。
兼六園-6
兼六園-7
瓢池(ひさごいけ)
兼六園-8
池で泳ぐ鯉。
兼六園-9
池に藤棚のある風景。
兼六園-10
瓢池に水が流れる落ちる、高さ6.6mの翠滝(みどりたき)。
兼六園-11
瓢池の美しい風景。桜の時期には桜が映り、とても幻想的な美しさを見せています。

JUGEMテーマ:写真

 13代藩主・斉泰が造らせた日本最古と伝わる噴水。上部に位置する霞ヶ池から管が引かれ、池の水圧を利用して噴き上がる仕組み、自然の力を活用したエコな噴水です。また、鬱蒼(うつそう)とした緑、深山幽谷の風情漂う瓢池と翠滝。園内中央の広々とした霞ヶ池とは対照的に、樹木が水面に濃い影を落とし、静けさだ漂う瓢池。池の奥に勢い良く流れ落ちる翠滝が見どころの一つです。秋は紅葉の名所です。
| 金沢・能登の旅 | 19:00 | comments(0) | - |
金沢・能登の旅 その17 兼六園(5) 曲水と辰巳用水
兼六園-1
兼六園-2
兼六園に立つ「日本武尊の像」。日本で最初の銅像とも言われています。
兼六園-3
園内にある休憩所
兼六園-4
兼六園-5
兼六園菊桜
兼六園-6
兼六園-7
緑豊かな曲水の美。
兼六園-8
兼六園-9
辰巳用水
兼六園-10
穏やかな流れの辰巳用水。

JUGEMテーマ:写真

 曲水(きょくすい) 海抜53mの高台にある兼六園に豊富な水があるのは、10kmも離れた犀川(さいがわ)の上流から引いた辰巳用水によるものです。また、園内を潤す曲水の流れは微妙な高低差によって生まれており、当時の高い土木技術と作庭の巧みさがうかがえます。
| 金沢・能登の旅 | 19:00 | comments(0) | - |
金沢・能登の旅 その16 兼六園(4) 霞ヶ池と根上松
兼六園-1
兼六園 霞ヶ池 蓬莱島
兼六園-2
霞ヶ池
兼六園-3
兼六園-4
兼六園-5
兼六園-6
霞ヶ池 周囲の美しい風景。
兼六園-7
兼六園-8
園内の緑豊かな風景。
兼六園-9
兼六園-10
根上松(ねあがりのまつ)
兼六園-11
根上松の全景 幹回り;4m、樹高;16m、樹齢;推定200年 種類;クロマツ

JUGEMテーマ:写真

 根上松は、本来なら地中にあるべき松の根っこ四十数本が地上2mほど根が露出する姿はまさに奇観。盛り土に植えられ成長したところでまわりの土を取り払う方法で作られたものです。うねるような松の根に、生命の逞しさを感じます。兼六園の園内には松の木が約800本もありますが、その中で1、2を争うクロマツの名木です。加賀藩13代藩主前田斉泰(なりやす)のお手植えと伝えられています。
| 金沢・能登の旅 | 19:00 | comments(0) | - |
金沢・能登の旅 その15 兼六園(3) 眺望台と雁行橋
兼六園-1
眺望台
兼六園-2
兼六園-3
 眼前になだらかな卯辰山、右に目を向けると医王山や戸室山の稜線、左奥には日本海の青い海が望める。金沢を見下ろすのにこれ以上はないという贅沢な眺めが楽しめる眺望台。
兼六園-4
旭桜 樹齢500年と言われ、白山のヤマザクラの一種で気品が高く、おしべの長いのが特徴です。
兼六園-5
満開のツツジ
兼六園-6
枝ぶりが見事なクロマツ
兼六園-7
兼六園の美しい曲水の風景。
兼六園-8
兼六園-9
雁行橋(がんこうばし) 曲水に架かる石と水が奏でる名園の美!
兼六園-10
どこを見ても絵になる兼六園の風景。

JUGEMテーマ:写真

 名園の美 雁行橋は、絶妙に配置された石の造形美。金沢郊外の戸室山から採掘された11枚の赤戸室石で形作られた橋。石の並び方が、列をなして雁が飛んでいくように見えることからその名が付いた。石橋の一つ一つが亀甲の形になっていることから別名「亀甲橋」とも。眺めるだけで長寿の御利益がありそうです。残念ながら、摩滅防止のため通行はできません。
| 金沢・能登の旅 | 19:00 | comments(0) | - |
このページの先頭へ