質素な写真展示室

富士の裾野で、美しい日本の風景・お祭りや花などの写真を展示します。

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 小京都 人吉の旅 その19 犬童球渓
    miya (11/03)
  • 小京都 人吉の旅 その19 犬童球渓
    村井 勝好 (10/31)
  • 東京のんびり家族旅 その4 高尾山 薬王院山門(四天王門)
    野田耕一郎 (09/30)
  • 東京のんびり家族旅 その4 高尾山 薬王院山門(四天王門)
    野田耕一郎 (09/30)
  • 第63回 熱海梅園梅まつり(9) 中山晋平記念館
    miya (09/06)
  • 第63回 熱海梅園梅まつり(9) 中山晋平記念館
    純ちゃん (09/02)
  • 和歌山の旅 その51 和歌浦散策 番所庭園
    miya (11/14)
  • 和歌山の旅 その51 和歌浦散策 番所庭園
    k-matsui (11/11)
  • 滋賀・長浜と彦根の旅 その55 清涼寺(彦根市)
    miya (10/29)
  • 滋賀・長浜と彦根の旅 その55 清涼寺(彦根市)
    五島 (10/26)
LINKS
PROFILE
浜松の旅 その5 龍潭寺(2) 山門
龍潭寺-1
石碑 名勝龍潭寺庭園
龍潭寺-2
 井の国歴史探訪 井の国と井伊氏
 井伊谷地域は古代「井の国」とよばれ、清らかな水が豊かに湧き出る土地でした。この地はまた縄文時代より古墳時代に至る遺跡の宝庫でもあり、さらに千年の歴史を持つ井伊氏発祥の地でもあります。井伊氏はこの地に六百年、遠江を代表する「国人領主」として君臨し、戦国時代二十四代井伊直政が彦根に出世しています。
龍潭寺-3
新・浜松の自然100選 龍潭寺庭園
龍潭寺-4
龍潭寺-5
参道に可憐に咲く椿の花。
龍潭寺-6
浜松市 音 かおり 光 環境資源百選
龍潭寺-7
龍潭寺 山門
龍潭寺-8
山門 瓦の紋「橘;たちばな」
龍潭寺-9
瓦の紋「井」
龍潭寺-10
県指定文化財「龍潭寺 山門」明暦二年(1656)建立
龍潭寺-11
案内板 萬松山 龍潭寺
龍潭寺-12
山門をくぐると、静寂漂う境内の風景。

JUGEMテーマ:写真

 龍潭寺 山門は明暦2年(1656)に創建されたもので県指定文化財です。白土壁に囲われた総門で、屋根には井伊家の橘紋と井桁の紋があしらわれています。四脚門造が採用されていて、瓦の一部には、室町時代の古瓦が使用されているそうです。
| 浜松の旅 | 19:00 | comments(0) | - |
浜松の旅 その4 龍潭寺(1) 井伊氏出生の井戸
龍潭寺案内板龍潭寺境内図、現在地の下に「井伊氏出生の井戸」はあります。
龍潭寺石碑
石碑 名勝龍潭寺庭園、左へ行くと「井伊氏出生の井戸」、右へ行くと「龍潭寺」へ行けます。
電柱表示板
電柱表示 直虎の里(引佐町井伊谷)
出生井-1
龍潭寺境内図から徒歩約3分。視界が開け見えてくる田んぼに囲まれた白壁の囲い。
出生井-2
きれいに整備された歩道。
出生井-3
 浜松市指定史跡 伝井伊共保出生井(共保公出生の井戸)昭和52年4月19日指定
 寛弘7年(1010)、井伊氏初代の井伊共保(ともやす)が生まれたと伝わる井戸です。共保は、遠江国司として志津城を居城とした藤原共資(ともすけ)の養子となり、井伊谷に移り姓を「井伊」としました。江戸時代に建てられた笠塔婆(かさとうば)形の石碑には、井戸の傍らに橘(たちばな)の木が生えていたことから、井伊氏は「橘」を家紋とし、「井」を旗幕の紋としたことが記されています。石碑の造立をはじめ、井戸の整備は彦根藩主が繰り返し行っており、井伊氏にまつわる聖地として、歴代当主が篤く崇拝していたことが分かります。
出生井-4
石碑(祖霊之地)
出生井-5
石碑 彦根藩主井伊家墓塔群と関連が高いことが確認されました。
出生井-6
井戸
出生井-7
出生井-8
近年造立された石碑、井伊家の家紋「橘」と「井」。

JUGEMテーマ:写真

 おんな城主直虎大河ドラマ館の拝観を終え、「龍潭寺」行のバスで約15分。龍潭寺は井伊家の菩提寺であり、直虎が出家し、晩年を過ごした寺として知られています。先ず見学したのは、すぐ近くにある「井伊氏出生の井戸」。寛弘7年(1010)、井伊氏初代の井伊共保が生まれたと伝わる井戸。龍潭寺と併せて見学されることをお勧めします。
| 浜松の旅 | 19:00 | comments(0) | - |
浜松の旅 その3 おんな城主直虎 大河ドラマ館
大河ドラマ館-1
大河ドラマ館チケット売り場
大河ドラマ館-2
みをつくし文化センターで開催中の「おんな城主直虎 大河ドラマ館」。
大河ドラマ館-3
館内展示場入口
大河ドラマ館-4
会場内で唯一撮影可能な井伊谷井戸端セット 井伊家の一人娘 井伊直虎(柴咲コウ)
大河ドラマ館-5
直親の遺児 井伊直政(菅田将暉)
大河ドラマ館-6
龍雲党のかしら 龍雲丸(柳楽優弥)
大河ドラマ館-7
井伊谷井戸端セット
大河ドラマ館-8
大河ドラマ館-9
館内に掲示されているポスター。
大河ドラマ館-10
館内エントランスで記念写真が撮れます。
大河ドラマ館-11
館内横から「龍潭寺(りょうたんじ)」行のバスが運行されています。

JUGEMテーマ:写真

 遅くなりましたが、12月4日に浜松市北区細江町気賀「みをつくし文化センター」で開催中の「おんな城主直虎大河ドラマ館」を拝観してきました。戦国を生き抜いた女の生涯を描いた物語大河ドラマの撮影衣装やセットが展示されています。開催は2018年1月14日(日)まで。大河ドラマ館と併せて井伊直虎・直政ゆかりの寺「龍潭寺」を参詣されることをお勧めします。井伊家代々を祀る古刹、東海隋一と称される日本庭園は見応えがあります。
| 浜松の旅 | 19:00 | comments(0) | - |
浜松の旅 その2 天竜浜名湖鉄道 気賀駅
気賀駅-1
天竜浜名湖鉄道 気賀駅
気賀駅-2
駅入口
気賀駅-3
気賀駅-4
構内待合室
気賀駅-5
気賀駅-6
気賀駅全景
気賀駅-7
気賀駅プラットフォーム
気賀駅-8
 国の登録有形文化財・気賀駅本屋 気賀駅上屋及びプラットフォーム
 所在地:静岡県浜松市北区細江町気賀427-1
 建設年月:昭和13年3月
 特徴:本屋は、木造平屋建、寄棟造、赤色の洋瓦葺が北面する。外壁はモルタル塗り、腰タイル張り。外部には布基礎状にタイルが張られ、正面入口及び改札口にもタイルを張って意匠的な枠となっている。待合室内部に、木製ベンチ、木製改札口が当初のまま残っている。駅務室の中には営業開始当初の「昭和拾参年四月壱日 気賀驛営業開始」という札が張られている。上屋は、木造平屋建、切妻造、波形スレート葺の建物。柱2本の上の部分にトラスが組まれた小屋組と、棟木・母屋・桁からなる。柱に窓の敷鴨居仕口の痕跡が見られるので、東端の2間は、もとは乗車場待合室であったことが判る。(掲示板より)
気賀駅-9
気賀駅構内に掲示されている大看板「豪華絢爛姫様道中 毎年4月第1土曜日・日曜日開催 都田川さくら堤」。
気賀駅-10
一両編成の天竜浜名湖鉄道の電車。
気賀駅-11
プラットフォームに上り「掛川」行きが到着。
気賀駅-12
天竜浜名湖鉄道 気賀駅は、大河ドラマ館の最寄り駅です。

JUGEMテーマ:写真

 天竜浜名湖鉄道は、静岡県掛川市の掛川駅(JR東海道線・新幹線乗り換え駅)から浜松市天竜区の天竜二俣駅を経て、湖西市の新所原駅に至る全長67.9kの鉄道です。大河ドラマ館開催の最寄り駅・気賀駅まで約1時間30分を要します。本数が少ないので連絡時間を確認してお出かけ下さい。尚、大河ドラマ館には浜松駅からバスで行く方法もあります。浜松駅北口のりば、40気賀・三ケ日行きで約60分です。
| 浜松の旅 | 19:00 | comments(0) | - |
浜松の旅 その1 浜松駅、市役所
浜松駅-1
JR 浜松駅
浜松駅-2
アクトシティ浜松、外観は、高さ212m、音楽の町・浜松を意識して、ハーモニカをモチーフにしています。
浜松駅-3
駅入口
浜松駅-4
JR浜松駅コンコースに展示されているグランドピアノ
浜松駅-5
YOSHIKIモデルのクリスタルピアノ
浜松駅-6
駅北口前広場
浜松市役所-1
浜松市役所
浜松市役所-2
歓迎の看板

JUGEMテーマ:写真

 今回より、写真展示「金沢・能登の旅」を予定していましたが、12月4日(月)に地元、静岡県浜松市で開催されている「おんな城主 直虎・大河ドラマ館」と井伊直虎ゆかりの地・浜松を撮影してきましたので、先に「浜松の旅」を写真展示します。見て下さい。
 浜松市は、静岡南西部にある政令指定都市。もと徳川家康の居城で、水野・井上氏6万石の城下町。綿織物業、楽器、オートバイ製造業などが盛ん。県庁所在地は静岡市ですが、面積・人口とも同県最大で、人口79万6千人。
| 浜松の旅 | 19:00 | comments(0) | - |
このページの先頭へ