質素な写真展示室

富士の裾野で、美しい日本の風景・お祭りや花などの写真を展示します。

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
沼津港深海水族館 その14 沼津港 大型展望水門 「びゅうお」
深海水族館-162
深海水族館-163
沼津港遊覧船のりば
深海水族館-164
深海水族館-165
遊覧船
深海水族館-166
沼津魚市場
深海水族館-167
ひものセンター
深海水族館-168
深海水族館-169
深海水族館-170
美味しいひものが並んでいます。
深海水族館-171
新しく見る道路標識、自転車走行ゾーン
深海水族館-172
大型展望水門「びゅうお」

JUGEMテーマ:写真

 沼津港でひと際目立つ大型展望水門「びゅうお」は、日本最大級の水門施設です。地上30mから360度の景色が楽しめます。「びゅうお」は、沼津港の内港と外港を結ぶ航路から侵入する津波から港の背後地の50ha、9、000人を守るために作られた水門です。
 津波をシャットアウトする扉体(ひたい)は、幅40m、高さ9.3m、重量は406tと日本最大級です。これだけの大きな扉体なので、それを支える躯体も大きく沼津市ではその高さを生かして展望施設を併設しました。この展望施設には、両岸に設置した13人乗りのエレベーターにより昇ることができます。(HPより) ≪完≫
| 沼津港深海水族館 | 21:32 | comments(0) | - |
沼津港深海水族館 その13 沼津みなと新鮮館
深海水族館-150
港八十三番地横丁
深海水族館-151
公園
深海水族館-152
深海水族館-153
深海王国
深海水族館-154
深海水族館-155
駿河湾を味わう町
深海水族館-156
沼津みなと新鮮館
深海水族館-157
深海水族館-158
深海水族館-159
深海水族館-160
深海水族館-161
みなとオワシス沼津

JUGEMテーマ:写真

 沼津港深海水族館の撮影を終え、港八十三番地を散策。沼津港で水揚げされたばかりの新鮮な魚介類が楽しめる飲食街が軒を連ねます。沼津名産の干物などお土産も豊富で多くの観光客で賑わいます。珍しい深海の生き物、美味しい新鮮な魚介類が楽しめる沼津港は、静岡東部観光の見どころの一つです。
| 沼津港深海水族館 | 19:10 | comments(0) | - |
沼津港深海水族館 その12 可愛い土産品が並ぶ 売店
深海水族館-139
沼津港深海水族館 展示されている剥製の「シーラカンス」
深海水族館-149
館内説明
深海水族館-140
土産店
深海水族館-141
深海水族館-142
深海水族館-143
深海水族館-144
ダイオウグソクムシ
深海水族館-145
Sサイズのシーラカンス
深海水族館-146
LLサイズのシーラカンス
深海水族館-147
深海水族館-148
可愛いお土産が並ぶ売店です。

JUGEMテーマ:写真

 沼津港深海水族館 シーラカンス・ミュージアムでは、2体の冷凍と3体の剥製標本、臓器やウロコ、遊泳映像など、合計5体のシーラカンスを中心に、その魅力が展示されています。「生きた化石」と呼ばれたシーラカンス、背骨を持たず、脊柱を持つ不思議な体の構造は他の生物には全く見られない独特のもので、生体そのものも多くの謎に包まれています。(館リーフレットより)
| 沼津港深海水族館 | 19:00 | comments(0) | - |
沼津港深海水族館 その11 シーラカンスの魚拓
深海水族館-129
深海水族館-130
深海水族館-131
オキナエビ
深海水族館-132
深海水族館-133
ヨロイザメ
深海水族館-134
深海水族館-135
生き物の名前
深海水族館-136
深海水族館-137
シーラカンスの魚拓

JUGEMテーマ:写真

 『深海』と『シーラカンス』 深海には、古代から姿を変えずに生き続けている【生きた化石】と呼ばれる生物が数多く生息しています。 なかでも日本一深い湾の駿河湾には世界最大のタカアシガニや、ラブカ、ミツクリザメなど、多くの深海性の【生きた化石】が息づいています。 また3億5千万年前から姿を変えず生き続けているシーラカンスも水深700m付近の深さにまで生息している深海性の魚類なのです。 地上で環境が大きく変化している間も、深海はほとんど環境が変わることがありませんでした。 その結果、深海で暮らす古代生物が現代にまで多く生き延びることができたのではないかと考えられています。(水族館リーフレットより)
| 沼津港深海水族館 | 19:00 | comments(0) | - |
沼津港深海水族館 その10 深海生物 メンダコ 
深海水族館-125
深海水族館-126
メンダコ
深海水族館-127
メンダコ・オス
深海水族館-128
メンダコ・メス
深海水族館-115
深海水族館-116
深海水族館-117
ダリアの花に似ている「ダーリアイソギンチャク」
深海水族館-118
深海水族館-119
ミズクラゲ
深海水族館-120
深海水族館-121
深海水族館-122
深海水族館-123
深海水族館-124
水槽で優雅に漂う「海月姫;クラゲ」

JUGEMテーマ:写真

 深海生物・メンダコは深海にすむタコの一種で、体がパラシュートのように広がり、脚と脚の間に大きな幕があります。墨を吐く必要がないため墨袋がなく、脚の吸盤が一列になっています。 また、深海水族館では、水深1-20mに生息するミズクラゲも展示されています。優雅に漂うクラゲの姿に心が和みます。
| 沼津港深海水族館 | 19:00 | comments(0) | - |
このページの先頭へ