質素な写真展示室

富士の裾野で、美しい日本の風景・お祭りや花などの写真を展示します。

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
金沢・能登の旅 その6 金沢城公園(3) 橋爪門
金沢城公園-1
鶴の丸土塀。土塀(二重塀)、唐破風石落し・鉄砲狭間付き、延長62.12m。
金沢城公園-2
橋爪門続櫓
金沢城公園-3
五十間長屋。木造二層二階建入母屋造り、唐破風石落し付。
金沢城公園-4
菱櫓(ひしやぐら)二の丸で一番高い三層の物見櫓。石落しを多く持ち、実戦的で華やかな櫓。
金沢城公園-5
内堀に架かる橋「橋爪橋」を渡ると橋爪門・一の門(高麗門・脇塀付、門幅;4.62m、高さ;7.03m)
金沢城公園-6
橋の袂に立つ掲示板「橋爪門」。
金沢城公園-7
金沢城公園-8
橋爪門・一の門を入ると「桝形」。
金沢城公園-9
橋爪門・二の門(櫓門入母屋造り、門幅;14.36m、高さ;12.78m)
金沢城公園-10
番所
金沢城公園-11
二の門の木組
金沢城公園-12
二の門床に敷かれた「敷石」。
金沢城公園-13
橋爪門続櫓。木造三層三階建入母屋造り、唐破風石落し付。

JUGEMテーマ:写真

 金沢城・橋爪門は、高麗門形式の「一の門」、石垣と二重塀で囲まれた「桝形」、櫓門形式の「二の門」からなる桝形門で、桝形は城内最大の規模を誇る。二の丸の正門として、最も格式の高い門です。
 桝形;城の一の門と二の門との間に広く平らな正方形または長方形の地、ここで敵の進む勢を鈍らせる。
| 金沢・能登の旅 | 19:00 | comments(0) | - |
金沢・能登の旅 その5 金沢城公園(2) 石川門(2)
金沢城公園-1
金沢城石川門
金沢城公園-2
石川門の木組
金沢城公園-3
城内から見る石川門
金沢城公園-4
案内板「石川門」
金沢城公園-5
 石川門付近で、2010年11月6日に除幕式が実施された石碑「金沢大学誕生の地」
(碑文)金沢大学は昭和二十四(1949)年五月三十一日、旧制の金沢医科大学、同附属薬学専門部、金沢高等師範学校、第四高等学校、金沢工業専門学校、石川師範学校及び石川青年師範学校を前身に、ここ金沢城跡をメインキャンバスとして設置された。爾来四十六年、平成七(1995)年二月十六日、最後の部局が角間キャンパスに移転するまでの間、この城内には法文学部(のちの文学部、法学部及び経済学部)、教育学部、理学部、薬学部生薬学教室、教養部、附属図書館及び大学本部(事務局、学生部)が置かれ、幾多の有為な人材を輩出した。この地に金沢大学が誕生し、我が国有数の国立総合大学として発展したことを記し、碑を建立する。
 平成二十二(2010)年十一月六日 国立大学法人金沢大学
金沢)城公園-6
金沢城公園-7
金沢城公園案内板
金沢城公園-8
石川門から見る城内、手前の建物が「河北門;かほくもん」、奥が「菱櫓;ひしやぐら」。
金沢城公園-9
三の丸広場の向こうに見える「五十間長屋」。
金沢城公園-10
内堀に架かる橋「橋爪橋;はしずめばし」

JUGEMテーマ:写真

 前田利家と金沢城 前田利家は加賀百万石前田家の祖です。尾張荒子(現名古屋市中川区荒子町)の土豪前田利昌の四男として生まれ、織田信長に従い、大名としての基を築きました。幼名犬千代、前名又左衛門。武勇の誉れ高く「槍の又佐」の異名があります。豊臣秀吉とは犬千代時代からの交わりです。信長時代には、近江長浜、越前府中、能登七尾の城主となりましたが、秀吉と柴田勝家の戦いの後、秀吉が提携し、天正11年(1583)金沢城に入城しました。
| 金沢・能登の旅 | 19:15 | comments(0) | - |
金沢・能登の旅 その4 金沢城公園(1) 石川門(1)
金沢城公園-1
 金沢城公園 金沢城は、加賀一向一揆の本拠地、金沢御堂としての時代や佐久間盛政の居城した時代を経て、天正11年(1583)の前田利家入城後は、加賀藩主前田家の居城として本格的に建造が行われた。天守閣は慶長7年(1602)の落雷による焼失後は再建されなかったが、櫓の数は多い時では二十棟を数えたといわれ、鉛瓦や海鼠(なまこ)塀が貼られた石川門や三十間長屋など、金沢城独自の偉容を誇ったと伝えられている。明治期には兵部省、昭和期には金沢大学が置かれ、現在は金沢城公園として整備されている。
金沢城公園-2
金沢城公園-3
石川橋
金沢城公園-4
百間堀
金沢城公園-5
金沢城・兼六園
金沢城公園-6
金沢城の石垣めぐり
金沢城公園-7
金沢城石川門
金沢城公園-8
金沢城公園-9
金沢城公園-10
石川門石垣
金沢城公園-11
金沢城公園-12
石垣に刻まれた家紋

JUGEMテーマ:写真

 金沢駅の撮影を終え、次の撮影地は金沢城公園、加賀百万石前田家の居城であった城が一般に広く開放された歴史的空間です。外庭であった兼六園と共に石川県民の宝です。石川橋を渡ると目に入るのは石川門、屋根の鉛瓦と白の漆喰壁に海鼠壁がマッチし、白が際立つ国の重要文化財です。
| 金沢・能登の旅 | 19:00 | comments(0) | - |
金沢・能登の旅 その3 金沢駅(3) モニュメント、彫刻など
モニュメント-1
モニュメント-2
金沢駅 金沢港口(西口)にそびえる「金沢市制百周年記念事業モニュメント」。
モニュメント-3
モニュメント-4
西口広場に立つモニュメント「印象」光と翳
彫刻-1
金沢駅 兼六園口(東口)にある彫刻「微宇音・微宙音・微界音」米林雄一作
彫刻-2
彫刻-3
彫刻-4
東口広場にある彫刻「やかん体、転倒する。」
彫刻-5
彫刻-6
東口地下にある彫刻「伝統・文化・未来」下川昭宣作
模型
東口地下にある「金沢駅もてなしドーム模型」。
中庭
東口地下に造られた中庭。

JUGEMテーマ:写真

 今回の「金沢・能登の旅」の中で少し早目にホテルを出発して、人が余りいない金沢駅のモニュメントや彫刻などを撮影してきました。圧巻は西口にそびえる「金沢市制百周年記念事業モニュメント」です。このモニュメントは市制百周年を記念して建設したもので、活力、魅力、潤いのある「新しい金沢」をイメージし、未来に向かって悠然と伸びゆくことを願っています。名称は「悠颺;ゆうよう」幅;40m、高さ19.89m、ステンレス・スチール製。それ以外でもユニークな彫刻や模型を見ることができます。
| 金沢・能登の旅 | 19:00 | comments(0) | - |
金沢・能登の旅 その2 金沢駅(2) 金沢港口(西口)
金沢駅-1
金沢駅中央通路、金沢港口(西口)へ向かいます。
金沢駅-2
北陸新幹線のりば
金沢駅-3
金沢港口入口に立つ郵便ポスト「郵太郎」。
金沢駅-4
金沢駅 金沢港口(西口)
金沢駅-5
幾何学模様が美しい支柱。
金沢駅-6
駅前広場の満開の花壇
金沢駅-7
駅前広場の一画にある「竹林」。
金沢駅-8
金沢港口の緑が美しい風景
金沢駅-9
駅舎の壁に描かれた陶板レリーフ「百花繚乱」。
金沢駅-10
九谷焼の陶板レリーフ 九谷焼とは、石川県の加賀市、小松市を中心に産する焼物。
金沢駅-11
陶板レリーフの案内板。
金沢駅-12
金沢駅金沢港口(西口)の全景。

JUGEMテーマ:写真

 金沢駅は、石川県金沢市木ノ新保町にある、JR西日本・JRいしかわ鉄道の駅です。一日の乗車人員は約2万3千人。金沢駅構内新幹線改札口正面にある観光案内所では、石川県全域の案内に加え、傘・長靴・車椅子などの貸し出し、当日宿泊予約の受付、宿泊先への手荷物配送サービス(手ぶら観光)、食事のクーポンや金沢市内周遊バスの1日フリー乗車券の販売などのサービスを提供しています。外国語案内カウンターでは英語のよる案内も行っています。
| 金沢・能登の旅 | 19:03 | comments(0) | - |
このページの先頭へ